2016年3月23日 更新

バーボンの香りがふわっと広がるお酒のおつまみ干し柿とくるみのフィグログ!

【動画】お酒のおつまみもいろいろで、揚げ物やスナック、ちょっとおしゃれなものだと生ハムにアヒージョ、ピンチョス。どれもとってもおいしいけれど、なんとなくいつも同じおつまみに選んでしまっていませんか?たまには気分を変えて、ワインとの相性が抜群で、香りも食感も楽しめる干し柿で作ったイタリアのお菓子「フィグログ」を作ってみてはどうでしょう?いつも違うおつまみにチャレンジしてみるとお酒ももっとおいしく飲めるかもしれませんよ。

作り置きしていつでも食べたい!!

3つの食材のたのしい組み合わせを提案する「Three Good Things」。

今日選ぶ3つの食材は、干し柿、くるみ、バーボン!

いつだって作り置いておきたい、ちょっと大人なおつまみをご紹介します。

イタリアの伝統的なお菓子「フィグログ」はご存知ですか?

フィグはイチジク、ログは丸太。その名の通り、フィグ(いちじく)などのドライフルーツをフードプロセッサーにかけて、丸太の形に成形したものです。イタリアのマルケ州という地域で生まれた保存食で、おつまみとしてもおやつとしても定番だそうです。

とはいえフードプロセッサーが必要だったり、寝かせる期間が必要なフィグログはすこし面倒…。ということで、今回はそれをいちじくではなく、干し柿をベースにアレンジしました。(もともと粘度の高い干し柿は細かく刻むだけで簡単に成形ができます。)

干し柿には実はお酒がよく合うんです。今回は香り高いバーボンウイスキーを使用します。

干し柿の凝縮された甘みともっちりとした歯ごたえに、ザクザクと刻まれた香ばしいくるみ、そしてふわっと広がるバーボンの華やかな香り。

その濃厚な味わいは、ワインと相性ばつぐん。

ついついお酒が進んでしまうこと間違いなしの大人のおつまみです。

干し柿×くるみ×バーボン(1ロール分)

 (18633)

・干し柿:4つ
・バーボン:15ml
・くるみ:5〜8個程度

つくり方

1.まずは干し柿のへたと種をとり、細かく刻んでいきます。
 (18667)

 (18666)

2.くるみを砕いて1に加えます。
 (18645)

 (18644)

3.汁がでてこない程度に全体にバーボンをなじませます。
 (18643)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピンクのクリームで華やかにデコレーション♪おしゃれでキュートなおつまみ「エクレア・サレ」

【動画】サクサクのエクレア生地に、サーモンとクリームチーズの爽やかなクリームを添えて。ワインなどのアルコールのお供にもぴったりです!彩りをプラスして華やかな仕上がりに。見ているだけで気分が上がるフィンガーフードです♪気軽につまめるのでイベントやパーティーで活躍すること間違いなし!

暑い時期こそ、辛いものが食べたーい!旨辛な手羽先キムチ餃子

【動画】暑い時期になるとなぜか無性に食べたくなる旨辛なメニューをご紹介します。手羽先の骨を取り除き、ピリ辛な餃子の餡を詰めた「手羽先キムチ餃子」!コツさえ掴めば、意外と簡単に骨が取り除けちゃうんです♪よく冷えたお酒と一緒にぜひ!

トマトの旨みが凝縮!ドライトマトチーズパン

【動画】カリッと焼いたチーズの香ばしさとドライトマトのやさしい甘みが詰まった「ドライトマトチーズパン」。 一晩置くだけの「こねないパン生地」で作る食事パンです。トマトのほのかな酸味はワインのお供にもピッタリですよ♪

小さなデコレーションフルーツがそえられた即席シュワシュワサングリア♪

【動画】フルーツにじっくりと漬け込んで、おいしくなるまでちょっと待って・・・。サングリアっておいしくなるまで時間がかかるな~なんて思いながらすぐにでも飲みたい気持ちをグッ!!とこらえていたけれど、このサングリアでそんな必要はなくなります!!!作ってすぐに飲めて、おいしくてさらに見た目も可愛い♪ついつい飲みすぎちゃいそうなサングリア。これからパーティーが多くなる季節に大活躍しちゃうかも?

レンジで20分!とっさに作れる「ひとくちチーズ大福」の時短レシピ

ひとくちサイズのもっちりチーズ大福がレンジで簡単にできちゃう♪ チーズと一緒にアーモンド、レーズン、はちみつ、塩胡椒も入って、大人テイスト。ワインとの相性も抜群なラクチンおつまみ。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部