2017年7月22日 更新

手打ちならではのモチモチ食感!オレキエッテ バジルペスト和え

【動画】イタリア・プーリア州の代表的パスタ「オレキエッテ」。「小さな耳」という意味で、名前の通りコロンとしたフォルムが可愛らしいショートパスタです!モチっとした食感は自家製ならでは♪パスタのくぼみに香り豊かなバジルペストがよく絡みます。見た目も鮮やかで、写真映えする1品です!余ったソースはお肉料理や魚料理、サラダやピザなど、色々なお料理に活用してください♪

鮮やかなグリーンで食卓を彩る☆

オレキエッテとはイタリア語で「小さな耳」という意味のショートパスタ。
可愛らしい形でモチモチの食感が楽しめます!
香りの良いまろやかなバジルペストと一緒に召し上がれ♪

オレキエッテ バジルペスト和えの材料(1人分)

<パスタ>
a セモリナ粉...110g
a 水...50ml
a オリーブオイル...小さじ1
a 塩...ひとつまみ
<バジルペスト>※作りやすい分量
b バジル...30g
b カシューナッツ...20g
b にんにく...1片
b 塩...適量
b オリーブオイル...80ml
・じゃがいも...100g
・いんげん...8本
・パルメザンチーズ...大さじ1

つくり方

1. <パスタ>のaを混ぜ合わせ、滑らかになるまでこねて、ラップに包み常温で20分寝かせる。
2. 直径1cmの棒状に伸ばし、端から8mm幅にカットする。親指でくぼみをつけて、耳たぶの形のように成形する。
3. フードプロセッサーに<バジルソース>のbを入れて、ペースト状になるまで混ぜ合わせる。
4. いんげんを3cm幅に切り、じゃがいもを1cm角に切る。
5. 塩(分量外)を入れたお湯の中に2・4を入れて、パスタが浮いてくるまで約4~5分ほど茹でる。
6. 5を湯切りしてボウルに移し、3の半量とパルメザンチーズを加えて混ぜ合わせる。
7. お皿に盛り、バジルを飾れば完成です!
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ほうれん草を練り込んでグリーンに変身☆もちもち平打ちパスタ「フェットチーネ」

【動画】おうちでできるパスタシリーズ。今回は、もっちりとした食感が特徴の平打ち麺「フェットチーネ」。イタリア語で「小さなリボン」という意味の幅の広いロングパスタです。ほうれん草を練り込んで風味豊かに仕上げたパスタ、酸味のきいた爽やかなトマトソースをたっぷり絡めて味わってください♪

手作りパンチェッタでつくる濃厚&クリーミーな本格カルボナーラ☆

【動画】イタリア料理に欠かせないパンチェッタ!豚ばら肉を塩漬けにして、乾燥・熟成させて作ったものです。今回はご家庭でも簡単に作れるように、冷蔵庫で乾燥させながら熟成させていきます。傾けた網にのせると、豚肉の水分が下にぽたぽたと落ちていき、お肉の水分がだんだん抜けて旨みが凝縮します!手作りのパンチェッタで作るカルボナーラは最高に美味しい♪ハーブは全て揃えなくてもいいので、お好きなハーブで香りを付けてくださいね☆

夏野菜を美味しくアレンジ!ズッキーニの詰め物 ローマ風

【動画】ズッキーニが美味しい季節がやってきましたね!ズッキーニを器にして、牛ひき肉をたっぷり詰めて、オーブンでジューシーに焼き上げました。表面のチーズとパン粉が香ばしく、カリっとした食感がアクセント☆きりっと冷やした白ワインにピッタリで、ホームパーティーにもオススメの1品です!

ミートソースがよく絡む!コシのあるショートパスタ「ガルガネッリ」

【動画】ガルガネッリとはイタリア・ロマーニャ州の卵入り手打ちパスタのこと。特徴は、しっかり張りのある生地で噛み応えと歯切れの良さ!そして、「ペッティネ(pettine)」と呼ばれる専用の道具で成形した表面の細かい溝。この凸凹にソースがたっぷり絡みます♪コロンとした可愛らしい筒状のショートパスタ。取り分けやすいので、ホームパーティーでの1品にもオススメです☆

お酒のお供に食べたくなる、そら豆とバジルのイタリアン風ポテトサラダ!

【動画】今回はいつも食べているポテトサラダとはひと味違うイタリアン風のポテトサラダです。ゴロゴロとしたじゃがいもとホクホク食感のそら豆、バジルが入ったこのポテトサラダは、お酒のお供やお弁当のおかずにもオススメのレシピです。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部