2017年8月15日 更新

バターがじゅわ〜っと口の中に広がる風味豊かなもちもち塩パン♡

【動画】焼きたては感動の美味しさ!!ひとくちかじると、口の中いっぱいにバターがじゅわあ〜しみ出す塩パン。焼きあがると中に包んだバターは、全て生地に吸収されてしまうので、パンの中に何も中に入っていない状態になりますが、ジャムを塗ったり、具材を挟んで食べるよりも、そのまま食べるのが1番美味しいと思えるシンプルで最高に美味しいパンです♪

感動の美味しさ!!

パン屋さんで人気の“塩パン”

バターと塩がメインのシンプルなパンは、外はカリカリ、中はモチモチ食感の風味豊かなパンです。

パンを焼いている間もバターのいい香りが広がり、パンやバターがお好きな方は香りだけで幸せになれちゃいますよ♪

塩パンの材料(8個分)

・強力粉 250g
・塩 6g
・砂糖 6g
・ドライイースト 3g
・ぬるま湯 155g
・バター(食塩不使用) 26g

<フィリング>
・バター(食塩不使用) 48g
・岩塩 適量

下準備!

・天板にクッキングシートを敷いておく。
・生地の中に包むフィリング用のバターを1つ6gの長方形にカットして冷やしておく。

つくり方

1.強力粉・ドライイースト・砂糖・塩・ぬるま湯をボウルに入れて混ぜる。
2.生地がなじんできたら、バターを加え、艶が出るまで捏ねる。
3.ボウルに2を入れ、ラップをし、オーブンに入れ30℃~40℃で40分発酵させる。(一次発酵)
4.一次発酵が終わったらガスを抜き、8等分にして丸める。
5.4を雫のような形に手で成形してから、二等辺三角形になるように麺棒でのばす。
6.底辺部分にカットしておいたバターを置き、くるくるとバターを巻いていく。
7.天板に6をのせてオーブンに入れ、30℃で30分二次発酵させる。生地が2倍くらいになったらOk!!
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ふっくらしっとり優しい甘さ。土鍋で作る大きなコーンブレッド!

【動画】パン作りで必要な「ベンチタイム・成形」の作業をカットして、発酵も1回でOK! 土鍋ひとつで発酵も焼き上げもできる♪土鍋の使い道はお鍋やご飯だけじゃないんです。 こんなにお手軽なのに、しっとりフワフワに仕上がります!1口食べるとコーンの甘みが広がりますよ☆

中からチーズがとろ〜り♡新感覚のカマンベールおにぎり

【動画】土鍋で炊いたふっくらご飯とバジル&ベーコンの相性が抜群!中にカマンベールチーズを入れて、香ばしい焼きおにぎりに。バター醤油のいい香りがしたら出来上がりですよ♡おつまみにもピッタリの一品です。

トマトジュースで作る!もっちりトマトチーズフォカッチャ

【動画】トマトの酸味とハーブの香り、チーズの香ばしさ広がる「トマトチーズフォカッチャ」。無塩のトマトジュースを使った生地はトマトの旨味がギュっと詰まっていて、食べ応え抜群。トッピング次第で多彩なアレンジが楽しめますよ♪焼きたてのもちもちフォカッチャ、是非食べてみて下さいね!

オッス!トヨ型でサックサクなデニッシュパンを焼いてみた!

【動画】「簡単に作れる」と銘打っているレシピは本当に簡単で美味しく作れるのかを、大して料理の出来ない編集部員が身を持って検証するチャレンジ企画!今回は渦巻きパンを作った"トヨ型"を使って、耳がカリカリサックサクなデニッシュパンに挑戦しました!

トルティーヤでくるくる巻いたお手軽ランチ!レモンバターチキンのサラダラップ

【動画】今回はランチや朝食にピッタリな、サラダラップのレシピをご紹介します。レモンの爽やかな風味とバターのコクがチキンをさらに美味しくしてくれますよ♪隠し味にひよこ豆を使うことで、カフェに出てくるようなワンランク上のサラダラップに!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部