2015年8月9日 更新

魔法をかけるカクテル「モヒート」のつくり方 | Barの美学 [barism]

【動画】今回ご紹介するのは人気のカクテルモヒート!洗練されたスムーズなフレーバーが特徴。バーテンダーの無駄のない所作が際立ちます。

キューバが発祥地!

語源はアフリカの言葉で「軽い魔法をかける」という意味の“モホ”に由来してしていると言われている。ベースはゴールド・ラム。バカルディ社の歴史は1862年のキューバから始まる。洗練されたスムーズなフレーバーが特徴のゴールド・ラム。モヒートは新しいカクテルではなく、20世紀初頭にはすでにハバナで人気だったと言われている。近年のラテン・ブームに乗り、半世紀の眠りから復活を遂げた「魔法をかけるカクテル」、それがモヒートである。

モヒートの材料

・ラム(ホワイト)…45ml
・ライム・ジュース…1/2個分
・砂糖…1・1/2tsp.
・ミントの葉…適量

つくり方

①グラスの上からライムを絞り、皮もグラスに入れる。

②ミントの葉と砂糖を入れて、砂糖を溶かしながらミントの葉をつぶす。

③クラッシュド・アイスを詰め、ラムを注いで、グラスの表面に霜がつくまで十分にステアする。

④ミントの葉を飾り、ストローを添える。

お酒にまつわる名言

「他人をより面白い人間にするために、私は酒を飲む」
アーネスト・ヘミングウェイ

Barの美学 [barism; バーイズム]

バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。“Barの美学”は、バーテンダーの流れる様な無駄のない所作、グラスの輝き、カクテルの美しさ、澄んだ氷の音、バーにある美を紹介します。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

“ミント・ジュレップ(Mint Julep)” | Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのは、ウィスキーのほのかな甘みとミントの爽快さがクラッシュド・アイスによりキンキンに冷えたミント・ジュレップ

バーテンダーに話しかけてもいい?Barメソッドstep3 &(フローズン・ダイキリ)のつくり方

【動画】基本的なバーのマナー・楽しみ方をマスターしていく様子を紹介するBarメソッド。今回は「バーテンダーに話しかけてもいい?」「訪問する人数は?」についてお答えします!

暑い時期に飲みたくなる!簡単&美味しいアレンジモヒートのつくり方

蒸し蒸しと暑い時期になるのが、さっぱり口当たりのよいカクテル「モヒート」!作家ヘミングウェイが愛したカクテルの簡単アレンジをご紹介します。

ハーブの香りと煎り米の香ばしさが食欲をそそる!豚肉と煎り米のエスニックサラダ「ラープ・ムー」

【動画】今回は、タイ東北部の名物料理「ラープ・ムー」をご紹介します!ラオス語で「ラープ」は幸せ、「ムー」は豚肉という意味。豚肉をハーブ・唐辛子・ナンプラー・ライム・煎り米粉で和えたエスニックなサラダで、バンコクのお惣菜屋さんやレストランでも定番のサラダです☆辛さと酸味が合わさったタイ料理独特の美味しさで、煎ったお米の香ばしさと、たっぷり入れた爽やかなハーブの香りが口の中に広がります。ピリッと辛いタイ料理でスタミナをつけましょう♪

夏こそタイ料理!フルーティーな甘酸っぱさがクセになるパイナップルチャーハン

【動画】夏になると、無性にタイ料理が食べたくなりませんか?今回は甘酸っぱいパイナップルとチャーハンの塩気が絶妙なバランスの「パイナップルチャーハン」をご紹介します。パイナップルをくり抜いた器がインパクト大なので、パーティー料理にオススメ♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部