2015年12月23日 更新

オイルでじっくりと煮込んだほろほろお肉の香り高い鶏肉のコンフィ

【動画】自分で作るなんて絶対に無理!どうしたらあんなに柔らかなお肉になるんだろう?と食べば食べるほど思ってしまうコンフィ。でも絶対に作れないかもと思っていた料理が作れたら素敵かも♪手間をかけずに、ジューシでうまみたっぷりのコンフィを作ってみませんか?プロの味がお家で再現できちゃうかもしれませんよ?

ひたひたのオイルにじっくりと!

3つの楽しい食材の組み合わせから生まれる、感動の“新しい味”を提案する「Three Good Things」。

今日は一度食べたら病み付きになるメイン料理、しっとりジューシーなコンフィの作り方をご紹介します。

選ぶ3つの食材は、骨つき鶏肉、レモン、ローズマリー。

「コンフィ」といえば、ビストロやワインバーなどでよく見かけるなんだかやたらとお洒落な料理…。食べたことのあるひとは、肉がほろほろとくずれ、ジューシーでうまみがたっぷり詰まったあのコンフィを、自分で簡単に作ろうとは思えないはず…。でも実はとっても簡単につくれてしまうポイントがあるのです。

そもそもコンフィとは、焼くのではなく、オイルでじっくりと煮るフランス発祥の調理法なのですが、今回はジップロックを使用します。

レモンとローズマリーとの相性はばつぐん。肉の臭みを消すだけでなく、香り高く味に奥行きをだしてくれます。手間をかけずにプロの味を楽しんでみてくださいね。

骨つき鶏肉×レモン×ローズマリー材料(2人分)

 (14343)

・骨つき鶏もも肉:2枚
・オリーブオイル:60〜80g
・サラダオイル:60〜80g
・レモン:1個(皮のみ)
・ローズマリー:3~4本
・にんにく:1片
・塩:適量
・小麦粉:適量

つくり方

1.塩をふった鶏肉を網の上に置き、ラップをしないまま30分程度冷やして水分をとります。
 (14345)

2.軽く塩をふきとり、ジップロックの中に鶏肉を入れ、ひたひたになるくらいの油を入れます。(オリーブオイルだけだと少ししつこいので、サラダ油と1:1程度の割合で漬けるのがおすすめです。)
 (14346)

3.レモンの皮、ローズマリー、スライスしたにんにくを2に追加します。レモンの皮とローズマリーはトッピング用に少し残しておいてくださいね。
 (14347)

4.ジップロックの空気をしっかりと抜きます。
 (14349)

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ひとくち食べれば自然と笑顔になっちゃう幸せフルーツサンド♪

【動画】 “ フツールサンド " たっぷりのクリームに彩り豊かなフルーツがはさまった、見ているだけ顔がほころんでしまうあまいサンドイッチ。ただ生クリームをそのままはさむのではなくちょっと工夫をしてみると、食べる前に思っていた味とは違う嬉しい誤算が・・・♡パンからはみでちゃうくらいぽってりとクリームをはさんで、パクッと食べればさらに幸せな気持ちになれちゃうかもしれません♪

今日のおやつにレモンとサワークリームのスイートなデザートピザはいかが?

【動画】とろ~とチーズがたまらないピザ。チーズがあるからこそおいしいんだ!!!って方もいるかもしれませんが、たまにはいつもとは違う新しいピザのおいしさを味わってみませんか?生地の上にのっているのはチーズではなく、サワークリームにレモン、そしてざらめ♪レモンの酸味とざらめの甘さがビックリなおいしさですよ!

もっと食べたい!!暖かい昼下がりのご褒美、いちじくのソルベ

【動画】10月からパワーアップした『Three Good Things』4週目はデザート♪おいしい、おいしい、いちじくの季節もそろそろ終わってしまうけど、もう少しだけおいしいいちじくを味わいたい!あたたかい日の昼下がり、白ワインといちじくで作ったご褒美のようなデザートを食べてみるのはどうでしょう?ゆったりとした優雅な時間が過ごせるかもしれませんよ?

フレッシュな野菜を大好きなパンにのせるだけで作れちゃう!マッシュルームのビューティーサンド

【動画】ビックリするほど簡単なオープンサンド。マッシュルームにルッコラ、レモンとサンドの材料全ての味をおいしく味わうことのできる大人なサンドイッチ。おいしさのポイントは新鮮な野菜を選ぶこと!!野菜の色や水分を確認しておいしそうな野菜を選んで作ってみてくださいね。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部