2016年2月10日 更新

味付けはお塩をひとつまみだけ。ミルクベースのリッチなカニのとろとろポタージュ

【動画】ちょっと太い・・・ネギ。でも普通のネギと少し違うような?みなさん西洋のネギ『ポロネギ』ってご存知ですか?日本のネギよりも甘みが強く、ネギ特有の苦みや香りが強くないネギが苦手な人でもおいしく食べれちゃう野菜です♪今回はこの甘いポロネギとカニを使って、ミルクベースのリッチなポタージュを作ります♪メイン料理と言ってもいいくらいおいしいポタージュなのでみなさん是非チャレンジしてみて下さいね!

火と通せばもっともっとあまく・・・

3つの楽しい食材の組み合わせから生まれる、感動の“新しい味”を提案する「Three Good Things」。

今日は寒い冬に一度は作って欲しい、甘くてとろとろの絶品ポタージュをご紹介します。

選ぶ3つの食材は、ポロネギ、カニ、牛乳。

ポロネギとは、イタリアやフランスで古くから愛されてきた西洋ネギですが、日本でもよく見かけるようになった食材。

ぽってりと太く、ほのかにナッツの香りがするこのネギは、火を通すと驚くほど甘くなる野菜です。
それはもう、メイン料理としてむかえたくなるほどの美味しさと存在感…!

ポタージュにするとき、コンソメなどはあえて入れない方が自然の甘みが楽しめます。すこしの塩だけで十分なんです。

ミルクをベースとしたポタージュにし、バターでふんわりと炒めたカニの旨味をプラスすることで、よりリッチでコクのあるポタージュに仕上げます。

ぜひ試してみてくださいね。

ポロネギ×カニ×牛乳の材料(2人分)

 (16535)

・ポロネギ:1本
・バター(ポロネギ用):15g
・牛乳:250〜300cc(とろみ加減はお好みで調整してください)
・塩:ひとつまみ
・カニのほぐし身(カニ缶):60〜70g
・バター(カニ用):5g
・オリーブオイル:1スプーン
・ブラックペッパー:ひとつまみ

つくり方

1.まずはポロネギをカットします。
 (16641)

2.バターを溶かした鍋でポロネギをとろ火でじっくりと炒めていきます。
 (16642)

 (16643)

3.全体がしんなりしてきたら、塩をまわしいれ、牛乳を加えて弱火で温めます。
 (16644)

4. 鍋をあたためている間に、フライパンでカニのほぐし身をバターで軽く炒めておきます。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お正月に食べすぎてしまったからだをリセット!!やさしく濃厚な豆のポタージュ

【動画】今年こそは気を付けよう!!そう思っていても年末年始はついつい食べ過ぎてしまうもの。おいしいものを沢山食べて、心はとっても幸せだけどお腹はクタクタ。年末年始頑張ってくれたお腹をやさしく、さわやかで濃厚な豆のポタージュで元気にしてみてはどうでしょう?これでまたいっぱいおいしいごはんが食べれちゃうかもしれませんね!?

栄養満点なスーパーフード!ケールとモッツアレラのポタージュ♪

【動画】ケールと聞くとどうしても青汁のにがーいマイナスなイメージになりがちですが、そんなイメージをガラッ!とかえてしまう、まろやかでおいしいポタージューの作り方をご紹介します。前菜で出てくるさっぱりとしたポタージュとは違い、“メイン”とも言えるような濃厚で食べ応えのあるポタージュ。しっかり、だけどヘルシーな食事がしたい時に作ってみてはいかがでしょう?

ぎゅっ!!と甘さと旨みをつめこんだ濃厚でクリーミーなえびのホワイトポタージュ

【動画】肌寒い日も多くなってきてあったかいものが恋しくなる季節。風が冷たい日にはからだがポッカポカになる濃厚なクリームポタージュがピッタリ♪冬にグンッ!とおいしいさがアップする野菜、カリフラワーとエシャロットをチョイス!そこにぷりっぷりのえびを合わせればおなかもココロもぽっかぽかになる冬のポタージュの完成です!

香ばしい香りの秋のポタージュ、栗の殻もおいしさに♪とろとろ栗とビックリ隠し味のポタージュ

【動画】サンドイッチの新しい味を提案していた『Three Good Things』が10月からリニューアル♪ 1週ごとにスープ(ポタージュ)、サンドイッチ、メイン、デザートと題材が変わり、1か月後にはフルコースが完成します!! 1週目はびっくりしてしまう組み合わせだけど食欲がそそられてしまう栗のポタージュをご紹介します!!

サマーパーティーはここで!肉厚プリプリふっくらのカニを「手づかみ」で堪能しよう!

「ダンシングクラブ東京」は、若者がシーフード料理とダンスミュージックを楽しむ憩いの場。その最大の特徴は何と言っても「手づかみ」スタイルでの食事です。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部