2015年7月14日 更新

気分はエスニック♪3つの食材で作るバインミー風サンドイッチ

【動画】ボリューミーでこれ1つでおなかいっぱい!お肉中心にメインの食材3つで作る、ペロリと食べれちゃうエスニックなサンドイッチ。

バケットからはみでちゃうくらいたくさん挟もう!!

“3つの食材”でつくる、とっておきのレシピ “Three Good Things”

フランスパンに肉や野菜をはさむベトナムのサンドイッチ“バインミー”はご存知ですか? 今日は、ビーフ、パクチー、パッションフルーツの3つの食材を組み合わせて、エスニック気分で味わう、バインミー風のサンドイッチをご紹介します。

ビーフ×パクチー×パッチョンフルーツのサンドイッチの材料(1人分)

 (9307)

・ビーフ 80g
・パクチー(刻んだもの)一掴み
・パッションフルーツ 1スプーン

・バゲット
・赤たまねぎスライス 一掴み
・ナンプラー 1/2スプーン
・ライム 1/8カット

つくり方

1.ビーフに塩とブラックペッパーをふって下味をつけておきます。

2.パクチーを食べやすい大きさに茎から切っていきます。

3.赤たまねぎを薄くスライスし、2と混ぜます。

4.3にナンプラーを回しいれ、ライムをしぼり、よく混ぜます。

5.下味をつけたビーフを両面フライパンでしっかりと焼いていきます。

6.バゲットに切り込みを入れます。真横から真っ直ぐよりも、少しななめにナイフを入れると、具材がきれいに見えるようになります。

7.焼いたビーフ、パクチーのサラダの順にバゲットにはさんでいきます。

8.最後のワンポイントはパッションフルーツ。とろっとしている果肉をそのままソースのようにかけたら完成!


ジューシーなビーフに、パクチーのさわやかな香りと、酸味と甘みで全体をまとめてくれるパッションフルーツ。ボリューミーですが、あっという間に食べれてしまう一品です。

しっかりとしたバゲットにはさむサンドイッチは持ち運びにもぴったり。ちょっぴりエスニック気分を味わえるバインミー風サンドイッチ、ぜひお試しください♪




<Three Good Thingsとは>
料理の組み合わせの楽しさは“3つ”から始まります。
“気になってはいたけど使い方が分からない食材”も“慣れ親しんだ食材”も、3つの組み合わせにすることで、次の週末取り入れたい理想のレシピになるから不思議。そんな3つの楽しい食材をパンの間にはさんで作る、とっておきのレシピをご紹介します。
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人気レストランのインパクト大!!な前菜サラダを特別にご紹介。

【動画】デザート?それともサラダ?今回は特別にThree good thingsのレシピを監修してくれている「Salmon&Trout」の森枝シェフの自慢の前菜、味も見た目も最高な組み合わせ、キウイとパクツーのサラダレシピをご紹介します。お店にいかないと食べることのできない味を是非自宅で再現してみて下さいね。

フルーツサンドとは違う、甘酸っぱいいちごのサンドイッチの楽しみかた。

【動画】いちごのサンドイッチ、と聞くとあま~いいちごがたっぷりのクリームにサンドされているフルーツサンドを思い浮かべる方も多いと思いますが、今回はちょっと違ういちごサンドの楽しみかたのご紹介♪i甘酸っぱいいちごに、ルッコラ、そして・・・“レバーペースト“!!!まさかの組み合わせにびっくりですが、食べたらおいしくてもっとビックリしちゃうかもしれませんよ!?

ちょっと不思議な食材 “まこもだけ” で作る豪華な卵サンドイッチ♪

【動画】サンドイッチの定番!たまごサンド。卵にマヨネーズで・・・とノーマルな作り方でも、とってもおいしいですがもっともっとおいしく食べたい。ちょっと贅沢で大人なたまごサンドになりますが牡蠣をどーんと入れて、そこにほのかな甘みと筍のような食感の“まこもだけ”を入ればとろっとろの絶品サンドの出来上がりです!!

お豆腐にビーツ?さらにごぼうも!?見た目も食感もちょっと不思議なベジサンド

【動画】新しすぎるサンドイッチ。材料を見ても、できあがったサンドッチを見ても、見てるだけではどんな味なのか想像がつかないそんな不思議なサンドイッチ。水抜きをしてチーズのようにもっちりとさせたお豆腐と千切りされた真っ赤なビーツ。一緒に食べたらどんな新しい“おいしい”が待っているんだろう・・・?

新しい味の出会い♪鮭の大人なコロッケに、いくらとナンプラー!?ソースをかけてめしあがれ!

【動画】10月からパワーアップした『Three Good Things』3週目は待ってましたなメイン!!!家庭の定番料理なコロッケをいつもの組み合わせとちょっとかえて、お酒に合う大人なコロッケを作っていきます。このコロッケにかけるソースはまさかそこで使うの!?な “いくら" でソースを・・・一体どんな味になるかお楽しみです!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部