2015年10月13日 更新

香ばしい香りの秋のポタージュ、栗の殻もおいしさに♪とろとろ栗とビックリ隠し味のポタージュ

【動画】サンドイッチの新しい味を提案していた『Three Good Things』が10月からリニューアル♪ 1週ごとにスープ(ポタージュ)、サンドイッチ、メイン、デザートと題材が変わり、1か月後にはフルコースが完成します!! 1週目はびっくりしてしまう組み合わせだけど食欲がそそられてしまう栗のポタージュをご紹介します!!

隠し味は・・・

3つの食材の組み合わせから生まれる、感動の “新しい味” を提案する動画番組「Three Good Things」。

今まではそれをパンの間にはさみ、サンドイッチのレシピとしてご紹介してきましたが、10月からはちょっとパワーアップです。

1週目はスープ(ポタージュ)、2週目はサンドイッチ、3週目はメイン料理、4週目はデザート、と一ヶ月で見るとまるでフルコースのようになるメニューを、それぞれ3つの楽しい組み合わせでご紹介します。引き続き、毎週水曜日をお楽しみに♩

そんなわけで10月一週目の今日は、ほっくり香ばしいポタージュの作り方をご紹介します。

使う3つの材料は、栗、モッツァレラチーズ、そしてなんと、コーヒー豆!

ポタージュのベースとなるミルクに、コーヒーも栗の殻も入れて、しっかり香ばしい風味を使う小ワザがポイント。びっくりするほど美味しいので、ぜひ試してみてくださいね。

栗×コーヒー×モッツァレラのポタージュの材料(1人分)

 (12208)

・栗 5個程度
・モッツアレラチーズ お好み
・コーヒーの粉 1スプーン
・ミルク 1カップ
・玉ねぎ 1/4
・コンソメ 小さじ1
・バター

つくり方

1.栗に切れ目を入れ、網の上やトースターでこんがり焦げ目がつくまで15分程度焼きます。

※切れ目の入れ方
破裂防止と剥きやすくするため、縦に切れ目を入れるか、栗の頭とお尻をカットします。
 (12165)

 (12162)

 (12169)

2.火からおろし少し冷ましたら栗の皮をむきます。きれいにとりきれない部分は包丁でカットしてくださいね。皮は捨てないでとっておきます。
 (12171)

 (12218)

3.深めの鍋で、みじん切りした玉ねぎと栗をバターで炒めます。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お正月に食べすぎてしまったからだをリセット!!やさしく濃厚な豆のポタージュ

【動画】今年こそは気を付けよう!!そう思っていても年末年始はついつい食べ過ぎてしまうもの。おいしいものを沢山食べて、心はとっても幸せだけどお腹はクタクタ。年末年始頑張ってくれたお腹をやさしく、さわやかで濃厚な豆のポタージュで元気にしてみてはどうでしょう?これでまたいっぱいおいしいごはんが食べれちゃうかもしれませんね!?

栄養満点なスーパーフード!ケールとモッツアレラのポタージュ♪

【動画】ケールと聞くとどうしても青汁のにがーいマイナスなイメージになりがちですが、そんなイメージをガラッ!とかえてしまう、まろやかでおいしいポタージューの作り方をご紹介します。前菜で出てくるさっぱりとしたポタージュとは違い、“メイン”とも言えるような濃厚で食べ応えのあるポタージュ。しっかり、だけどヘルシーな食事がしたい時に作ってみてはいかがでしょう?

ぎゅっ!!と甘さと旨みをつめこんだ濃厚でクリーミーなえびのホワイトポタージュ

【動画】肌寒い日も多くなってきてあったかいものが恋しくなる季節。風が冷たい日にはからだがポッカポカになる濃厚なクリームポタージュがピッタリ♪冬にグンッ!とおいしいさがアップする野菜、カリフラワーとエシャロットをチョイス!そこにぷりっぷりのえびを合わせればおなかもココロもぽっかぽかになる冬のポタージュの完成です!

味付けはお塩をひとつまみだけ。ミルクベースのリッチなカニのとろとろポタージュ

【動画】ちょっと太い・・・ネギ。でも普通のネギと少し違うような?みなさん西洋のネギ『ポロネギ』ってご存知ですか?日本のネギよりも甘みが強く、ネギ特有の苦みや香りが強くないネギが苦手な人でもおいしく食べれちゃう野菜です♪今回はこの甘いポロネギとカニを使って、ミルクベースのリッチなポタージュを作ります♪メイン料理と言ってもいいくらいおいしいポタージュなのでみなさん是非チャレンジしてみて下さいね!

野菜のおいしさを感じる、優しい味の人参とトマトのポタージュ

【動画】今週のVEGGIE DISHESは、生クリームやブイヨンがなくても、とってもおいしいポタージュ。家でポタージュを作る時にはブイヨンやコンソメ、生クリームなどを使って作ることが多いですが、野菜と少しの調味料だけで身体も喜ぶ、優しい味のポタージュを作ることができます。もっと自然な野菜の味を感じたいという方はにんにく抜きで作ってみると味に違いを感じられますよ。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部