2017年6月2日 更新

ワインとバケットが止まらなくなる♡トリッパのトマト煮込み

【動画】イタリアではポピュラーな煮込み料理「トリッパのトマト煮込み」のレシピをご紹介。トリッパは牛の第2胃袋のことで、日本では「ハチノス」と呼ばれている内臓のこと。ハチノスをトマトやハーブ類と一緒にじっくり煮込むことで、ワインにぴったりの一品になりますよ♪

おうちでイタリア気分♪

イタリアでは屋台などでも売られているほどポピュラーな料理「トリッパのトマト煮込み」をご紹介します。

トリッパとは牛の2番目の胃袋「ハチノス」のことで、下処理をしたハチノスをトマトや赤ワインと一緒にじっくりと柔らかくなるまで煮込みました。バケットと一緒に食べたり、パスタソースとしても活用できますよ。

茹でたハチノスが売っていなければ、多めのお湯で何度か茹でこぼして臭みを抜いてから煮込んでくださいね。

材料(2〜3人分)

・茹でハチノス…600g
・にんにく…4かけ
・玉ねぎ…1個
・にんじん…1/2本
・セロリ…1本
・オリーブオイル…大さじ2
・ホールトマト…1缶
・ミックスビーンズ…110g
・ブラックオリーブ…10粒
・ローリエ…1枚
・唐辛子…1本
・コンソメ…小さじ4
・セージ…小さじ1
・ローズマリー…適量
・タイム…適量
・水…200ml
・赤ワイン…200ml
・しょうゆ…小さじ1
・粉チーズ…大さじ3
・塩…少々
・ブラックペッパー…少々
・パセリ…適量

つくり方

1. 茹でハチノスを少し大き目の短冊状に切る。にんにく・玉ねぎは薄くスライス。セロリは葉を取り、みじん切り。にんじんもみじん切りにする。
2. 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で香りを出す。
3. 玉ねぎ・にんじん・セロリを入れ、しんなりするまで強火で炒める。
4. 茹でハチノス・ホールトマト・ミックスビーンズ・ブラックオリーブ・ローリエ・唐辛子・コンソメ・セージ・ローズマリー・タイム・水・赤ワインを入れる。
5. 一度沸騰させたら蓋をして、極弱火で1時間半煮込む。
※途中、焦げ付かないように何度か全体をかき混ぜる。
6. しょうゆ・粉チーズ・塩・ブラックペッパーを加えて、5分煮込む。
7. 器に盛り付け、パセリを散らせば完成。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大き目の野菜をたっぷり使ったラタトゥイユ (カポナータ) | Sapore di Junta

【動画】神宮前「Trattoria Buca Junta(トラットリア ブーカ・ジュンタ)」石川淳太シェフ 「イタリアの家庭料理『カポナータ』、フランスでは『ラタトゥイユ』と呼ばれる、野菜のトマト煮です。

ぷるんぷるん食感がクセになるイタリアの定番ドルチェ・パンナコッタのフルーツマリネ添え

【動画】イタリアの定番ドルチェ・パンナコッタ。パンナは「生クリーム」、コッタは「火を通す」という意味からこの名前になったそうです。生クリームや牛乳をバニラビーンズなどと一緒に煮詰めて、ゼラチンで固めた簡単スイーツ!プリンとは違った食感が楽しめますよ♪ぜひパンナコッタと相性抜群のフルーツマリネ「マチェドニア」を添えて召し上がってください!

秋のおもてなし料理♡ローズマリー香る"秋刀魚とトマトのオーブン焼き"

【動画】今が旬の秋刀魚を使った、おもてなしにぴったりのメニューです。青魚とトマトは相性抜群!ローズマリーの香りが魚の匂いをやわらげてくれるから、青魚が苦手という方にも食べてもらえるはず!秋刀魚に薄く塗った粒マスタードと、上に乗せたパン粉がいいアクセントに♪

おもてなしにぴったりの色鮮やかなハワイ料理♪さっぱり冷たい"ロミロミサーモン"

【動画】「ロミロミ」とは、ハワイの言葉で「揉む」という意味。サーモンとトマト、玉ねぎなどを細かく切ってロミロミ優しく混ぜたさっぱり冷たい前菜です。カラフルでとっても華やかなので、おもてなし料理にぴったりです!

夏なのにおでん!?夏野菜がたっぷり入った"冷え冷え"夏おでん

【動画】スープを吸った手作りがんもどきと今が旬の夏野菜が美味しい"冷え冷え"夏おでん!がんもどきはすりおろした山芋を入れることでふわふわな食感になりますよ♪夏おでんは和がらしよりも柚子胡椒を付けるのがオススメです!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部