2016年7月13日 更新

どんな大きさにする?あんこはたっぷり?自分好みのどら焼きを作ろう♪

【動画】丸く焼いた生地にあんこが挟まったお茶と相性ばっちりな『和』のお菓子、どら焼き。アレンジされたどら焼きがいろいろなお店でたくさん売っているけど、自分にとって1番の組み合わせのどら焼きってどんなのだろう?たくさん組み合わせて大好な味を見つけてみよう♪

お好みのどら焼きは?

“買って食べる”と決めつけていたものを“実は作れる!”に変える「#とことんHOMEMADE」。

今日はどら焼きを作ります。

ふんわりした皮と甘いあんこの組み合わせは、誰からも愛さるおなじみの美味しさ。

あんこはこぼれるほどたっぷり派!という方や、両手で持つくらい大きなどら焼きが好き!という方も、手作りにすれば自分好みのスタイルにできるのが嬉しいところです♩

生地に抹茶をまぜて抹茶生地にしてみたり、白玉をはさんでオリジナルのどら焼きを作ってみたり、お店にはない自分だけのどら焼きにアレンジできるのも楽しいポイント。

ぜひ手作りしてみてくださいね。

どら焼きの材料(4個分)

◎あんこ(つぶあん)
・国産小豆:200g
・上白糖:250g

◎プレーン生地の場合(4個分)
・全卵:2個
・上白糖:80g
・みりん:4g
・薄力粉:120g
・重曹:2g
・水30g

◎抹茶生地の場合(4個分)
・全卵:2個
・上白糖:80g
・みりん:4g
・薄力粉:100g
・抹茶パウダー:20g
・重曹:2g
・水:40g
(※プレーンとの違いは粉量と水です)

◎その他トッピング
・好きなフレーバーのあんこ
・白玉
などお好みで。

作りはじめる前に・・・!!

・プレーン生地:薄力粉と重曹を合わせて振るっておく。

・抹茶生地:薄力粉と抹茶パウダーと重曹を合わせ、2回ほどふるっておく(抹茶はダマになりやすいため)

つくり方

◎あんこの作り方
1.鍋に小豆と水(1.5ℓ程度)を入れ強火にかける。
 (24728)

2.30分ほど茹でたら1度ざるにあけて湯を捨てる。(しぶ抜き)
 (24731)

3.鍋に水を切った小豆と新しい水(1ℓ程度)を入れまた強火にかける。
4.小豆の一部が割れ始めたら弱火にし、水面が泡立たないくらいにコトコト煮る。
5.すべての小豆が割れ、芯がなくなるくらい柔らかくなったら、火からおろし水にさらす。(冷やすことで割れた小豆の皮が引き締まる)
50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

梅酒で作った、きらきら光る梅寒天の梅あんみつ♪

【動画】今回は梅あんみつです。あんみつの中に入っている寒天を梅酒で作り、きらきらと黄金色に光る梅酒の寒天をメインに梅あんみつを作りました。暑い日のデザートはアイスやカキ氷になりがちですが、和のスイーツ“あんみつ”も涼しさを感じられるオススメのスイーツですよ♪

紫キャベツでこんなに綺麗な色になるの!?梅雨の時期にぴったりな紫陽花の和菓子

【動画】着色料を一切使わずにつくる「紫陽花の和菓子」をご紹介します。見た目の美しさはもちろん、こしあんの上品な甘さと白玉のもちもちとした食感など、味も格別ですよ♪手土産にも喜ばれるはず!

スフレケーキのようにしっとり柔らかな和菓子、抹茶と白あんのふわふわ浮島♪

【動画】「浮島」あまり口にする機会少ない和菓子なので、一体どんなお菓子なんだろう?と思う方も多いかと思いますが、口あたりも滑らかで、ふわっと軽く、あんこをたくさん使うのであんこが好きな方にはたまらないお菓子です。初心者でも簡単に作れる和菓子なのでぜひおやつに作ってみて下さいね♪

秋を感じる♪栗と抹茶のオムレット

【動画】ふわふわの生地に秋の味覚・栗と抹茶のクリームをたっぷり挟んだ和と洋のコラボスイーツ!ほんのり苦い抹茶クリームと栗&あんこの甘みが絶妙です♡ふわっと軽やかな口当たりで、ひと口ごとに素材の味わいが際立ちますよ♪4ステップで簡単に作れちゃうので試してみて下さいね!

お家で作れちゃうカフェメニュー♪ふわっふわの分厚い抹茶パンケーキ!!

【動画】カフェで出てくるような分厚いパンケーキをお家で作ってみませんか?抹茶味の生地にトッピングはちょっとヘルシーな豆乳クリームとあんこ、そこに黒蜜をかけて和風に。焦げないように気をつけながら、弱火でじっくり焼いてふわふわのパンケーキを作りましょう♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部