2017年7月21日 更新

スパイシーなご飯でスタミナをつけよう♪ジューシーな鶏肉とスパイスを炊き込んだチキンビリヤニ!

【動画】ビリヤニとは「お肉とスパイスの炊き込みご飯」で、インドやパキスタンでつくられるスパイシーな米料理のこと。まだ日本では馴染みが薄いのですが、インドのお祝いやお祭りに欠かせない、歴史のあるおもてなし料理なんです。漬け込んだチキンがとってもジューシー!お肉の旨みとスパイスの香りが口の中で広がります♪ライムやレモンを絞ってさっぱり仕上げるのもオススメです!

スパイシーで味わい深い混ぜご飯!

インドやパキスタンなどで作られているスパイシーな炊き込みご飯「ビリヤニ」。
炒めて蒸すだけでお手軽に作れちゃいます!
シンプルながらも奥深い味わいで、鶏肉のコクとスパイスの香りが食欲をそそります♪

チキンビリヤニの材料 ※直径22cmの鍋を使用

・ 鶏もも肉…1枚
・ オリーブオイル...大さじ1
・ 玉ねぎ(みじん切り)...1個
・ トマト(みじん切り)...小2個
・ 塩...少々
・ バスマティライス(インディカ米)...250g
・ サフラン...ひとつまみ
・ フライドオニオン...大さじ2

a 無糖ヨーグルト...80g
a カレー粉...小さじ2
a にんにく(すりおろし)...各小さじ2
a しょうが(すりおろし)...各小さじ2
a 塩...小さじ1/2
<スパイス①>
b ローリエ...1枚
b スターアニス(八角)...1個
b クローブ...3本
b カルダモン...4粒
b シナモン...1本

<スパイス②>
c ローリエ...1枚
c スターアニス...1個
c クローブ...1本
c カルダモン...6粒
c シナモン...1本

下準備 <鶏肉を漬け込む>

① ボウルにaを入れて混ぜ合わせる。
② 鶏肉をひと口大に切り、①に入れて馴染ませ、半日漬け込む。

つくり方

1. 玉ねぎをみじん切り、トマトを細かく切る。
2. 鍋でオリーブオイルを熱し、<スパイス①>bを入れて香りが出るまで炒める。
3. 2に玉ねぎと塩(少々)を加えてじっくり炒める。
4. 下準備で漬け込んだ鶏肉とトマトを加えて蓋をして弱火で10分煮込む。
5. 鍋でお湯を沸かし、<スパイス②>cと塩(少々)を入れて、バスマティライスを6~7分茹でる。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スパイシーな香りと味が魅力!鶏肉のジャンバラヤ

【動画】スパイスをピリッときかせた赤い炊き込みごはんに、パリッと焼いた鶏肉をのせて。今日のレシピはアメリカ南部の郷土料理、いわゆるケイジャン料理の代表格である「ジャンバラヤ」。

世界一の味!タイのマッサマンカレー

【動画】今回ご紹介するのは、アメリカの人気情報サイトで‟世界一美味しい料理”と紹介されたタイの「マッサマンカレー」です。スパイシーなのに、ココナッツミルクでまろやかな味わいに♪

コロッケじゃない!スパイスが効いたベジタブルコフタ★

【動画】中東や南アジアで食べられている肉団子のような料理「コフタ」を、じゃがいもなどの野菜に置き換えたヘルシーなレシピをご紹介!しっかり味がついているから、お弁当のおかずにもオススメです♪

キャンプをゆったり心地のいい空間に!手作りチェアと飯ごうで作るエスニック『ビリヤニ』

【動画】今回の野営メシは、ゆったり時間を過ごすために必要な枝と袋で作る楽ちんチェアとスパイスのきいたインド料理、ビリヤニを作ります!

体が喜ぶスタミナ薬膳スープ!骨付き鶏もも肉の参鶏湯

【動画】日本でも有名な韓国料理・参鶏湯(サムゲタン)。本場は鶏を丸ごと使って作りますが、日本のスーパーではなかなか手に入らないので、今回は骨付き鶏もも肉を使いました。骨付き鶏もも肉でもしっかり骨から旨味が染み出る!夏バテや風邪をひいた時にぴったりのメニューです。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部