2017年9月18日 更新

秋のおもてなし料理♡ローズマリー香る"秋刀魚とトマトのオーブン焼き"

【動画】今が旬の秋刀魚を使った、おもてなしにぴったりのメニューです。青魚とトマトは相性抜群!ローズマリーの香りが魚の匂いをやわらげてくれるから、青魚が苦手という方にも食べてもらえるはず!秋刀魚に薄く塗った粒マスタードと、上に乗せたパン粉がいいアクセントに♪

秋刀魚がおしゃれなイタリアンに♡

旬の秋刀魚を使った、おもてなし料理にもなる一品。
トマトソースがふっくらと焼けた秋刀魚に絡まります。
ローズマリーで魚の嫌な匂いもやわらぎますよ!
パン粉のサクサク食感と、チーズの香ばしい香りがさらに食欲をそそります。
食欲の秋にピッタリなオーブン焼き、ぜひワインと一緒にお召し上がりください♪

秋刀魚とトマトのオーブン焼きの材料

【材料】
・秋刀魚 2匹
・玉ねぎ 1/2個
・パセリ 3g
・ミニトマト 2~3個
・粒マスタード 適量
・ローズマリー 適量

〈A〉
・トマトピューレ 50g
・ケチャップ 大さじ1
・バルサミコ酢 大さじ1/2
・醤油 小さじ1
・塩 少々
・こしょう 少々

〈B〉
・パン粉 大さじ3
・パルメザンチーズ 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・にんにく(すりおろし) 小さじ1/2

つくり方

1. 秋刀魚を三枚におろす。
2. 塩(分量外)を振り、15分おいてキッチンペーパーで水気を取る。
3. 材料〈A〉と〈B〉をそれぞれ混ぜ合わせる。
4. バター(分量外)を塗った耐熱皿に、薄切りにした玉ねぎ・刻んだパセリを入れる。
5. ③で混ぜ合わせた〈A〉を入れる。
6. その上に②の秋刀魚を並べ、粒マスタードを薄く塗る。
7. ③で混ぜ合わせた〈B〉を全体に振りかける。
8. 半分に切ったミニトマトを並べ、ローズマリーをのせる。
9. 220度に予熱したオーブンで15分焼けば完成。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏野菜を美味しくアレンジ!ズッキーニの詰め物 ローマ風

【動画】ズッキーニが美味しい季節がやってきましたね!ズッキーニを器にして、牛ひき肉をたっぷり詰めて、オーブンでジューシーに焼き上げました。表面のチーズとパン粉が香ばしく、カリっとした食感がアクセント☆きりっと冷やした白ワインにピッタリで、ホームパーティーにもオススメの1品です!

駅弁の定番がオシャレなパーティーメニューに!?本格トマトソースのリゾット風いかめし

【動画】日本の"いかめし"とイタリアの"リゾット"を融合させた「イタリアンリゾット風いかめし」のレシピをご紹介します。通常のいかめしは研いだお米をイカに詰めて醤油ベースのだしで炊き上げる料理ですが、今回は炊いたご飯を使っているからイカに火が通ればOKの時短料理!お米に芯が残る心配もありませんよ♪イカの旨味が染み込んだお米に濃厚なチーズと本格トマトソースが絡まり合って絶品!ワインとも相性抜群です!

ワインとバケットが止まらなくなる♡トリッパのトマト煮込み

【動画】イタリアではポピュラーな煮込み料理「トリッパのトマト煮込み」のレシピをご紹介。トリッパは牛の第2胃袋のことで、日本では「ハチノス」と呼ばれている内臓のこと。ハチノスをトマトやハーブ類と一緒にじっくり煮込むことで、ワインにぴったりの一品になりますよ♪

オレンジみたいにまん丸で可愛い♪イタリアのライスコロッケ"アランチーニ"

【動画】イタリアのライスコロッケ「アランチーニ」。ころころ可愛いライスコロッケの中から、とろ〜りチーズとミートソースが!ボリューム満点で、パーティーメニューにオススメです♡

ローズマリーの神秘的な薬効に歓喜!人の暮らしに役立つハーブの力

ローズマリーは神秘的な力を持つハーブとしても名高く、その使い方は多岐にわたります。キッチン菜園で栽培したローズマリーの実力を紐解いていくと、今までとは違った使い方ができることに気付きますよ。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部