2017年8月25日 更新

食べ応え満点!!チーズもソースも野菜もたっぷり、ホールケーキのような極厚シカゴピザ♪

【動画】ピザなのに分厚い!!中に何が詰まっているんだろう?とワクワクしてしまう大きくて分厚いシカゴピザ。ピザなのにケーキ型で作っていき、中にはソースにチーズ、野菜にソーセージと盛り沢山!切り分けるととろっ〜とチーズがとろけ出し、食欲をそそります!

食べ応え満点!!

キッシュのようなケーキのような不思議な形のシカゴピザ。

本場シカゴでは極厚タイプのピザをSTUFFED PIZZA PIESと呼ぶそうです。(所説あり)stuffed(詰める)と言うにふさわしく、中にはチーズやソースふんだんに詰まっています。

耳の部分がカリっと、側面はモチっと♪具材が多いので食べ応えのあるピザです!ハラペーニョはお好みでどうぞ♪

シカゴピザの材料(φ18cmのケーキ型1台分)

《生地》
・強力粉 130g
・ドライイースト 3g
・塩 小さじ1/2
・オリーブオイル 25g
・ぬるま湯 90ml

《ソースとその他具材》
・ソーセージ 約100g
・玉ねぎ 1/2個
・ズッキーニ 1/2個
・パプリカ(黄色) 1/2個
・ハラペーニョ(瓶詰) 適量
・にんにく 2片
・オリーブオイル 大さじ1
・ホールトマト 1缶
・オレガノ 小さじ1と1/2
・ローレル 1枚
・塩 適量
・こしょう 適量
・シュレッドチーズ 適量
・パルメザンチーズ 適量
・砂糖 大さじ1

つくり方

1.ボウルに強力粉・ドライイースト・塩・オリーブオイル・ぬるま湯を加えてよく混ぜる。表面が滑らかになるまでよく捏ね、丸くまとめてボウルに入れてラップをし、常温(30℃)で40分程置く。
2.ソーセージは斜め切りに、玉ねぎはみじん切り、ズッキーニ・パプリカをサイの目切り、にんにくは包丁で潰す。
3.鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて火にかけ、香りがたったら玉ねぎを入れ、塩を少々加え玉ねぎが透明になるまで炒める。
4.3のフライパンにズッキーニ、パプリカ、ソーセージ、オレガノを加えて炒め、火が通ったらトマト缶を入れ、木べらなどで潰しながらなじませる。ローレルを加えて汁気がなくなるまでじっくりと煮込み、塩・こしょう・砂糖で味を整える。
5.ケーキ型に薄くオリーブオイル(分量外)を塗り、直径30cmぐらいに薄く伸ばした1の生地を底と側面に敷き詰め、フォークで全体的に穴を開ける。
6.5の底にパルメザンチーズをふりかけ、4の半量を入れ、シュレッドチーズの半量を乗せる。さらに残りの4を入れ、残りのシュレッドチーズを乗せ、その上にハラペーニョを乗せる。
7.200度に熱したオーブンで30分こんがりと焼く。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

チーズ好きが悶絶する美味しさ♡耳までチーズ入りのピザ・クワトロ・フォルマッジ

【動画】4種のチーズを贅沢に使ったピザ。耳までチーズが入っていて、チーズ好きにはたまらない美味しさです!チーズの色を引き立てるため、生地には竹炭パウダーを練りこんで真っ黒に♪

重ねずにクルクル巻くから取り分け簡単♪ピザ・ラザニア・ロールアップ

【動画】ラザニアといえば、四角形のパスタとミートソース・ベシャメルソースを交互に重ねて、表面にチーズをかけて焼いたものが一般的ですが、今回ご紹介するのはパスタにピザソースとチーズをのせてクルクルと巻いたラザニアです♪カットしなくても簡単に取り分けられるから、パーティーにぴったりのメニュー!

不思議!お餅みたいに伸び〜るマッシュポテト"アリゴ"

【動画】フランス・オーベルニュ地方の郷土料理「アリゴ」。おうちにあるようなシンプルな材料でとろ〜りと伸びる不思議食感のマッシュポテトが作れます!そのまま食べても美味しいし、パンや野菜など何にでも合う♪濃厚なチーズ味なので、チーズ好きの方にぜひ試してほしい一品です!

ワインと相性抜群★お家でバル気分が味わえるピザ・スタッフド・マッシュルーム

【動画】「スタッフド」とは「詰める」という意味。マッシュルームにトマトや玉ねぎをたっぷり詰めた、マッシュルームが主役の一品をご紹介します!きのこの中でも旨味がたっぷりのマッシュルームは焼くとすご〜くジューシーで、プリプリした食感に♡ひと口サイズのコロッとした見た目も可愛くて、パーティーの前菜にもいいですよ♪ワインと相性抜群だから、お気に入りのワインと一緒に"うちバル"しませんか?

60秒で分かる!アボカドのクリーミーピザ のつくり方

【動画】作り過ぎてしまっても大丈夫!?お家で簡単アボカドピザのつくり方。オーブンで10分くらい待てばクリーミーなピザの出来上がり。余った生地は冷凍保存しておいて、改めていろいろなピザにチャレンジしてみるのも楽しいですね!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部