2015年10月12日 更新

贅沢にかぼちゃを使った秋味ニョッキ!

【動画】今週のVEGGIE DISHESは、いつもならじゃがいもで作るニョッキをかぼちゃで作った秋のニョッキです。皮ごとニョッキにしてしまうので鮮やかな黄色に、皮の深い緑色で食卓にニョッキが並んだ時に味以外に目でも秋を感じることができる料理です!クリームソースやトマトソース、どのソースにも合うのでお好みの組み合わせを探して作ってみてくださいね。

きのことかぼちゃ、秋の味覚がてんこもり!

今週のレシピは、かぼちゃのニョッキです。

普通はじゃがいもで作りますが、かぼちゃが旬の時期はぜひかぼちゃを贅沢に使って作ってみましょう。

小麦粉は薄力粉、中力粉、強力粉、なんでも構いません。量を少なくした方がかぼちゃの風味がより感じられます。

クリームソースやトマトソースともよく合いますね。茹でたニョッキは冷凍もできますので、たくさん作って作り置きしておくと便利です。

かぼちゃニョッキの材料(2人分)

・ かぼちゃ 300g
・ 小麦粉 60〜100g(絞り袋から絞り出せるくらいの固さになるように調整します)
・ 塩 小さじ1/3
・ にんにく 1片
・ オリーブオイル 大さじ2
・ 舞茸 100g
・ タイム 少々
・ 塩胡椒 適量

つくり方

《1》かぼちゃは種とわたを取り、適当な大きさに切り、蒸します。
 (12190)

 (12192)

《2》蒸し終わったかぼちゃに塩を加え皮ごとマッシュし、さらに小麦粉を加えて絞り袋から絞り出せるくらいの固さになるように調整し絞り袋に詰めます。
 (12193)

 (12194)

《3》沸騰したお湯に、絞り袋に詰めたニョッキ生地を絞り、はさみで切り落とし茹でます
 (12197)

《4》ニョッキが浮かんできてから1分ほど茹でたら取り出します。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

発酵なしで手間いらず♪サクサク食感おいしいイタリアのパン、パンプキンのグリッシーニ♪

【動画】お酒のおつまみやパスタと一緒に食べてもおいしいちょっと硬めのイタリアのパン、グリッシーニ。卵や牛乳も使わず、発酵もなしなので、誰でも簡単に作ることができちゃいます♪しかもカリカリに仕上げれば長期保存も可能なのでたくさん作っていつでも食べれるお酒のおともにしてはいかがでしょう?

これでおばけにいたずらされないかも!?ハロウィンのおやつ!さくさくパンプキンビスコッティ

【動画】今週のVEGGIE DISHESは、オレンジ色が目を引くパンプキンビスコッティです。ちょっと小腹がすいた時にピッタリのおやつ♪卵は使っていませんが食感はサクサク!!ハロウィンパーティーのおやつにも色が可愛く、手軽に作れるのでオススメの1品です。

食べ応えのあるちょっとおしゃれな朝ごはん。ほくほくかぼちゃとインゲンのキッシュ!

【動画】今週のVEGGIE DISHESは、かぼちゃのキッシュです。こんなに簡単にキッシュが作れるんだとビックリ!?お豆腐を使ってヘルシーに、でも満足感は抜群♪くるみを入れることでメインのかぼちゃやインゲンとはまた違う食感を楽しめます。ちょっと時間ある朝にかぼちゃのキッシュでゆっくりとした朝ごはんを楽しんでみるのはどうでしょう?

ハロウィンパーティーにもオススメなかぼちゃと酒粕で作るかぼちゃナーラ

【動画】今週のVEGGIE DISHESは、秋の味覚!かぼちゃで作るパスタ、かぼちゃナーラです。甘いかぼちゃと “ 酒粕 " を入れて作るパスタは発酵食品の味がする今まで食べたことのない新しいパスタです。とろとろのかぼちゃクリームをたくさんパスタに絡ませて食べてみてくださいね!

砂糖不使用!デーツで優しい甘みを付けた『かぼちゃ餅ぜんざい』のつくり方

【動画】今回のVEGGIE DISHESは、白砂糖を使わずに、デーツで甘みを付けた小豆を時間をかけてつくっていきます。カボチャ餅は、白玉粉と水だけですし、抹茶やヨモギを入れてもOKです!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部