2016年4月3日 更新

にんにくのしょうゆ漬けで作る鶏のから揚げのつくり方

【動画】人気料理家のレシピ集の中から基本となる「にんにくのしょうゆ漬け」と、それを使った「鶏のから揚げ」を動画でご紹介します!シンプルだけどとても役にたつレシピなんです!

とても大切にしている調味料!

人気料理家の飛田和緒さんのロングセラーのレシピ集『私の保存食手帖』の新版から、基本となる「にんにくのしょうゆ漬け」と、それを使った「鶏のから揚げ」をご紹介します。

「にんにくのしょうゆ漬け」は、もともと飛田さんの旦那さんのお母さんから教わったもの。今ではこれがないと料理が始まらないというくらい、とても大切にしている調味料だそうです。にんにくをしょうゆに漬け込むだけというシンプルなものですが、飛田さんはなくなったら上から足し続けて、ずっと使っているのだそうです。もし気になる時は、1瓶ずつ使い切ってつくり直してみてください。

にんにくのしょうゆ漬けの材料

・にんにく 適量
・しょうゆ 適量

つくり方

1. にんにくは皮をむいて、根元の硬い部分を切り落とす。芽が出ていれば半分に割って取り除く。
 (19228)

2. 煮沸消毒した保存ビンに入れ、かぶるくらいまでしょうゆを注ぐ。
 (19212)

「にんにくのしょうゆ漬け」で鶏のから揚げの材料

・鶏もも(または手羽先) 400g
・にんにくじょうゆ 大さじ2~3
・片栗粉 適量
・レモン 適量
・サラダ油 適量

つくり方

1. 鶏ももを一口大に切り、にんにくじょうゆ大さじ2~3に約20分漬け込む。
 (19214)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

にんにくのしょうゆ漬けで作る焼豚のつくり方

【動画】人気料理家のレシピ集の中から基本となる「にんにくのしょうゆ漬け」の第2弾です。今回は「焼豚」を動画でご紹介します!煮汁につけたまま時々火を入れれば10日ほど保存できます。

にんにくの皮むき裏技3選。ツルっと薄皮がとれる快感・簡単テクニック

美と健康に役立つにんにくですが、皮むきが面倒です。長時間行うと臭いもなんだか気になって、他の家事が手につきません。そんなときに試してほしいにんにくの簡単・皮むきテクニックを紹介しましょう。

ピリ辛×冷え冷え=食欲増進♪かき氷のようなスープのシャリシャリ冷麺

【動画】韓国の牛肉だし「ダシダ」をベースに作った簡単スープを凍らしてシャーベット状に♪今回は、暑い日にぴったりのシャリシャリ冷麺をご紹介します!具をのせたら、ピリッと辛味のあるコチュジャンだれをかけて☆ビビン麺と水冷麺をミックスしたようなアレンジ冷麺に仕上げました。ダシダが手に入らない場合は鶏ガラスープでもOK!麺は稲庭うどんやくずきりでも美味しく作れますよ♡

スパイスの風味が広がるベジタリアンフード!ひよこ豆のコロッケ ピタパンサンド

【動画】表面はカリッと香ばしく、中はホクホクの食感!パクチーやスパイスを混ぜ込んだ、風味豊かなひよこ豆のコロッケ☆とってもヘルシーなのに、まるでお肉を使っているかと思うほどの満足感!ポイントは、フードプロセッサーで細かくなるまで粉砕して、しっかり握って形を整えること。揚げるときは崩れやすいので、油に入れて始めは動かさず、表面がしっかり固まってからひっくりかえしましょう!お好みの野菜と一緒にピタパンに挟んで召し上がれ♪

皮も具もぷりぷり!ひと手間かけて風味アップ!エビ蒸し餃子

【動画】皮で使用している浮粉とは、小麦粉のでんぷんを精製して粉末状にしたもの。ぷるぷるの皮に仕上げるポイントは、沸騰したての熱湯を加える事!ぬるめのお湯だと粉がうまくまとまらなくなる事があるので注意してくださいね。今回は、にんにく・しょうが・ねぎを炒めてから具に加えているので、香りと風味がアップ!モチっとした皮とプリッとしたエビの食感をお楽しみください♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部