2017年8月24日 更新

和菓子であって和菓子じゃない。ラム酒香る"ドライフルーツ羊羹"

【動画】あっさりとした甘さの羊羹に、ラム酒で香りづけしたいちじくやフランボワーズなどのドライフルーツ、そして香ばしいクルミがゴロゴロと入った"和菓子であって和菓子じゃない"スイーツです。切った時の美しい断面に感動しますよ♪お茶やコーヒーとも合いますが、ウイスキーやワインなどの洋酒とも相性ぴったりです!

お茶にもコーヒーにも、ウイスキーにも合う♡

お好みのドライフルーツとナッツを入れて、洋菓子みたいな和菓子をつくろう。
ラム酒で漬け込んだドライフルーツが意外に餡子に合うんです。
ドライアプリコットやドライマンゴー、フリーズドライのフランボワーズを入れると、切った時の羊羹の断面がキレイに仕上がります。

ところで羊羹って、なんで羊(ひつじ)という文字が入っているか、ご存知でしょうか?
実は羊羹はもともと中国で食べられていた羊の肉を煮たスープに由来するんだそうです。
その後中国に留学した禅僧が日本に持ち込んだ時、肉食が戒律で禁じられていたため、羊肉の代わりに小豆を使ったのが今の羊羹の原型に。
でも、最初に小豆のスープに砂糖を入れたのは、一体誰なんでしょうか? ちょっと気になりますね。

ドライフルーツ羊羹の材料

・水 100ml
・粉寒天 2g
・きび砂糖 大さじ4
・水あめ 大さじ1
・こしあん 200g
・クルミ 適量

▼ラム酒漬けドライフルーツ
・いちじく(ドライ) 4個
・アプリコット(ドライ) 4個
・レーズン 適量
・フランボワーズ(フリーズドライ) 適量
・水 150ml
・メープルシロップ 大さじ2
・ラム酒 大さじ2

つくり方

1. いちじくとアプリコットを細かく刻む。
2. 鍋に水・メープルシロップを入れて火にかけ、ふつふつとしてきたら①のいちじく・アプリコット・レーズン・フランボワーズを加える。
3. 1分程度煮立たせたら火を止める。
4. ラム酒を加えて混ぜ合わせ、粗熱をとる。
5. 別の鍋に水・粉寒天・きび砂糖・水あめを入れて火にかけ、木べらで混ぜながら1分程度煮立たせる。
6. こしあんを加え、滑らかになるまで練る。
7. ④とクルミを加え、混ぜ合わせる。
8. クッキングシートを敷いたお好みの型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めれば完成。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

紫キャベツでこんなに綺麗な色になるの!?梅雨の時期にぴったりな紫陽花の和菓子

【動画】着色料を一切使わずにつくる「紫陽花の和菓子」をご紹介します。見た目の美しさはもちろん、こしあんの上品な甘さと白玉のもちもちとした食感など、味も格別ですよ♪手土産にも喜ばれるはず!

行楽のお供に持っていきたい♪5色のひとくちおはぎ

【動画】今回ご紹介するのは、フォトジェニックなひとくちサイズのカラフルおはぎ!定番のつぶあんから、ココナッツとマンゴーをまとったトロピカルなおはぎまで、バリエーション豊かです♪ミニサイズだと大勢が集まる席でも手に取りやすいので、オススメですよ!

フランボワーズと抹茶のマーブル・フィナンシェ| SOUL FLAVOR

【動画】フランボワーズと抹茶の異色の組み合わせ。抹茶の苦みのあとにフワッとフワンボワーズの甘酸っぱさがお口の中に広がります!是非、お試しあれ!

ダコワーズ・サングリア(Dacquoise Sangria) | SOUL FLAVOR

【動画】メレンゲとアーモンドパウダーを使ってサクフワ食感のダコワーズ。ガナッシュは赤ワインに一晩漬け込んだドライフルーツをホワイトチョコと合わせてまるでサングリアのような大人味。是非、お試しあれ!

料亭の味!紅葉おろしといただく"無花果の揚げ出し"

【動画】今が旬の無花果を使った一品。果物なので生で食べることが多い無花果ですが、実は揚げたり焼いたり煮込んでも美味しいんです♪熱々の出汁をカリッと揚げた無花果にたっぷりとかけた、無花果の揚げ出し。衣を剥がれにくくするために、薄力粉をあらかじめまぶしておくのがポイントです!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部