2015年7月9日 更新

ピクニックにも持ってけちゃう自家製ハーブビネガーとアレンジレシピ!

【動画】一晩待つだけでサラダのドレッシングにも、夏にスカッと飲めるサワードリンクにもなるハーブビネガーのつくり方とアレンジ方法のご紹介。1つだけでもおいしいけどちょっとの工夫でもっとおいしく食べれたら素敵ですよね?

2つ一緒でもっとおいしいく!

そのままでも十分フレッシュで香り高いハーブたち。沢山買いすぎたり、お庭で元気に育つハーブを見つけた日は、白ワインビネガーに漬け込んでみましょう。
お好きなハーブとスパイスを入れたら、ビネガーと一緒に瓶につめて一晩寝かせ、ドレッシングやサワードリンク、マリネにどうぞ。

今週のSEASONAL WISHLISTでは、そんなハーブビネガーの作り方と、漬け込んだビネガーを使ったちょっとしたレシピを伝授します♩

自家製ハーブビネガーと、サワードレッシングのつくり方

 (9343)

【材料】(ハーブビネガー)
・密閉できる瓶
・水が入った大きめの鍋(消毒用)
・お好みのハーブ
・お好みのスパイス(ニンニク・赤唐辛子・ペッパーなど)


【材料】(サワードレッシング)
・つけこんだハーブビネガー
・蓋付きの小瓶
・オリーブオイル
・塩(少々)

STEP1  瓶を沸騰消毒する

使う瓶は必ず、沸騰したお湯で2分以上消毒すること。美味しくて安全な瓶づめレシピのキホンです。

動画では、フランス生まれの密閉便Le Parfaitを使用しました。きちんと消毒し、涼しい日陰で保存すれば長持ちします。たくさん使いたい方は大きな瓶で♩

STEP2 好きなだけハーブを

消毒した瓶に、お好きなハーブを入れてください。そう、好きなだけ入れていいんです。

今回はタラゴン・マジョラム・チャービル・コリアンダーなど、サラダに合うハーブを多くセレクトしました。お好みの料理に合わせて、香りも選んで組み合わせてみてくださいね。

STEP3 スパイスでオリジナル感を出す

お好みで、スパイスやガーリックなどのフレーバーを加えても。
ピリ辛好きなあなたは、赤唐辛子をどうぞ。

STEP4 一晩じっくり浸けこむ

白ワインビネガーを注ぎます。蓋をしめて完全に密閉したら、一晩寝かせてください。明日になったらハーブが香るフレーバービネガーの完成です。


〈サワードレッシングの作りかた〉
1.完成したハーブビネガーを小さな瓶に少しだけ入れます。

2.ビネガー:オイルが1:2になる割合で、オリーブオイルを入れます。

3.塩を少々。お好みでフレーバーソルトや胡椒を加えても。

4.しっかり蓋をして振ってください。

5.サワードレッシングの完成!爽やかな朝ごはんのサラダにどうぞ♩
 (9344)

16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フリーズドライは古代マヤ文明の頃からあった!?フリーズドライの美味しい雑学

ここ最近よく耳にするようになった「フリーズドライ製法」の食品。凍らせてから乾燥させる…ということは何となくは知っていても、どうして長期保存ができるの?フリーズドライって食べ物だけなの?と不思議だらけ!一体フリーズドライって何?

にんにくのしょうゆ漬けで作る鶏のから揚げのつくり方

【動画】人気料理家のレシピ集の中から基本となる「にんにくのしょうゆ漬け」と、それを使った「鶏のから揚げ」を動画でご紹介します!シンプルだけどとても役にたつレシピなんです!

いつもの食卓をちょっと華やかに♪からだポカポカ彩りピクルス

【動画】彩り豊かなピクルスは見た目にも綺麗で食卓が明るくなります。つくり方は簡単!余った野菜の切れ端をいれてもOK!とっても美味しく食べられます。あなただけのオリジナルピクルス作ってみて下さいね♪

キレイになれる美味しい保存食!カニと大根のアチャール

【動画】旬の食材を使った、シンプルでお洒落なレシピが人気な井澤由美子さんがキレイを目指せる保存食を紹介。今回は「カニと大根のアチャール」のつくり方です。

この秋なりたい自分になるためのTIPS

【動画】やりたいことはたくさんあるけれど、う~ん・・・どれからやろう?頭で考えながら始めると気づけば絶対にやりたい!!って思っていた大事なことをすっかり忘れて、思い出したころにはもうできなくてガッカリ。なんてことも。頭の中で考えるのもいいけど1度やりたいことを整理して大きな紙に書き出してみてはどうでしょう?すっきりと整理したら叶えたかったことが全部できちゃうかもしれませんよ?

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部