2017年8月22日 更新

米粉の生地がパリパリで美味しい!ベトナム風お好み焼き「バインセオ」

【動画】米粉で作ったココナッツ風味のパリパリの生地に、シャキシャキのもやし・エビ・豚肉をたっぷり挟んで焼き上げました!バインセオとたっぷりのハーブをサニーレタスに包んで一緒に食べるのがベトナムスタイル♪美味しさのポイントは、生地をパリッと香ばしく焼くこと!フライパンで生地を焼く際、後半に油を回し入れてさらに焼くとまわりがパリッと焼き上がります☆野菜がたっぷりとれるヘルシーな1品を是非お試しください!

美味しさのポイントは、パリッと香ばしく焼いた米粉の生地!

まるでお好み焼きのような「バインセオ」はベトナムの家庭料理。
香ばしく焼いた米粉の生地は、まわりがパリパリで中心部はもっちり。1枚で2つの食感が楽しめます♪
たっぷりの香草と一緒にレタスで挟んで食べるのがベトナム流!野菜をモリモリ食べられるので、とってもヘルシーですよ☆

バインセオの材料(2人分)

<生地>
・ココナッツミルク...250ml
・米粉...100g  
・ターメリック...小さじ2
・砂糖...小さじ1/2
・サラダ油...少々
<具材>
・豚バラ肉...120g
・むきエビ...12尾
・もやし...1袋
・塩...少々
・こしょう...少々
・サラダ油...少々
<タレ>
・だいこん...50g
・にんじん...25g
■調味料A
a スイートチリソース…大さじ2
a ナンプラー…小さじ1
a 水…大さじ1
a ライムの絞り汁…小さじ1
<トッピング>※お好みで
・ミント
・パクチー
・大葉
・サニーレタス

つくり方

①タレを作る

 1. だいこん・にんじんを細切りにして、塩をまぶして揉み、しばらく置いてから水分を絞る。
 2. ボウルにだいこん・にんじん・調味料Aの材料を入れて混ぜ合わせる。

②具材を炒める

 1. フライパンでサラダ油を熱し、1cm幅に切った豚バラ肉・むきエビを炒める。
 2. 火が通ったらもやしを加えて、シャキッとなる程度にさっと炒め合わせ、塩・こしょうを加える。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ふわっと食感が楽しい米粉で作るグルテンフリーのお好み焼き♪

【動画】小麦粉とソース、マヨネーズたっぷりで高カロリー!!なイメージの強いお好み焼きを小麦粉を米粉に、マヨネーズを豆乳で作ったマヨネーズにチェンジして、グルテンフリーでヘルシーなお好み焼きにアレンジしてみました!好きな野菜をたくさん入れて作ってみて下さいね♪

サマーパーティーはここで!肉厚プリプリふっくらのカニを「手づかみ」で堪能しよう!

「ダンシングクラブ東京」は、若者がシーフード料理とダンスミュージックを楽しむ憩いの場。その最大の特徴は何と言っても「手づかみ」スタイルでの食事です。

お肉をスパイスでしっかり味付け!ギリシャ風ラム肉のピタパンロール

【動画】串焼きにした肉、野菜、ポテトフライなどをピタパンで巻いてヨーグルトソースをかけたギリシャの定番ファーストフード「スブラキ・ピタ」が自宅で味わえちゃう!今回は串で焼く手間を省いて、スパイスを効かせたラム肉をフライパンでこんがり香ばしく焼きました。ラム肉が苦手という方は、牛肉や豚肉で代用してみてくださいね☆「ザジキ」といわれるヨーグルトソースには、みじん切りのきゅうりが入っているからシャキシャキとした食感がいいアクセントになっています!もちもちの手作りピタパンは発酵時間が短く、フライパンであっという間に焼けるので手軽に作れますよ♪

ハーブの香りと煎り米の香ばしさが食欲をそそる!豚肉と煎り米のエスニックサラダ「ラープ・ムー」

【動画】今回は、タイ東北部の名物料理「ラープ・ムー」をご紹介します!ラオス語で「ラープ」は幸せ、「ムー」は豚肉という意味。豚肉をハーブ・唐辛子・ナンプラー・ライム・煎り米粉で和えたエスニックなサラダで、バンコクのお惣菜屋さんやレストランでも定番のサラダです☆辛さと酸味が合わさったタイ料理独特の美味しさで、煎ったお米の香ばしさと、たっぷり入れた爽やかなハーブの香りが口の中に広がります。ピリッと辛いタイ料理でスタミナをつけましょう♪

つるっとモチモチした弾力が絶品の自家製麺!本格ジャージャー麺

【動画】ジャージャー麺は、ひき肉・しいたけ・たけのこを味噌で炒めて作った肉味噌と麺を一緒に食べる北京周辺の家庭料理です。ピリ辛でジューシーな肉味噌が食欲をそそり、トッピングの温泉卵が辛さをマイルドにしてくれます♪食べる直前によ~くかき混ぜて、モチモチの手打ち麺としっかり絡めましょう!手作りならではのおいしさを味わってくださいね♡

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部