2015年7月14日 更新

フランス家庭料理の代表格ズッキーニのタルトの作り方

今が食べごろズッキーニ!!ゴハンにおやつにおつまみに!ズッキーニのタルトをご紹介します。

タルトには彩りも鮮やかなズッキーニが定番!

筆者 (9544)

via 筆者
簡単で素早く出来、万人に喜ばれるタルトは、言わずと知れたフランス料理の代表格です。簡単なお昼に、しっかり食べたい夜に、またおやつとしても。    様々なシーンで重宝する上、見た目も美しいので、お客様にもとても喜ばれます。今回は定番のズッキーニにベーコンも入れた、具沢山のオリジナルタルトのご紹介です!
ズッキーニのタルト

材料(4人分)

• タルト生地(市販のものでも可) 1枚 約230g
• ズッキーニ 3個
• 玉ねぎ 1個
• ベーコン 100g
• 生クリーム 10cl
• 卵 2個
• チーズ(モッツァレラもしくはヤギのチーズ+とろけるチーズ)各適量
筆者 (9547)

1. タルト型に生地を敷き、余った周囲の生地は巻いてボリュームをつけます。クッキングシートを下に敷くとくっつきにくくなります。フォーク等でまんべんなく穴をあけたら、オーブンで5分程度素焼きします。
via 筆者
筆者 (9548)

2. 一口大に切ったズッキーニをやわらかくなるまで(20分程度)蒸します。蒸し器が無い場合は、バターで炒めても大丈夫です。
via 筆者
筆者 (9549)

3. 素焼きした生地の上に、細かく切った玉ねぎを散らします。
via 筆者
筆者 (9550)

4. ボールに卵と生クリームを混ぜたら、中にズッキーニを入れまんべんなく混ぜます。卵がかたまらないように気をつけてください。ズッキーニが熱すぎる場合は少し冷ましてから加えてください。塩こしょうを加え、味を整えます。
via 筆者
筆者 (9551)

5. ④をタルトの上に流し込みます。表面を平に整えたら、モッツァレラチーズをたっぷりと散らします。
via 筆者
筆者 (9552)

6. さらに軽く火を通したベーコンを加え、その上からとろけるチーズでトッピング。
via 筆者
7. 180℃に熱したオーブンで20〜30分、表面に軽く焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり!
フランスのお宅に招かれたら、必ずといって良い程一度は出て来るタルト。もちろん家庭によって味も具もそれぞれですが、とにかくフランス人はタルトが大好き。日本人の口にも良く合うので、フルーツを入れてデザートにしたり、お野菜のバリエーションを増やしたり、お好みの具材を入れてあなたのオリジナルを作ってみましょう。子供達にも喜ばれますよ♪

(Shino)

thumbnail pictures by zi3000/Shutterstock.com
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

しっとり濃厚♡シンプルだけど飽きがこないベイクドチーズタルト

【動画】タルト生地はザクザク、チーズフィリングはなめらかで濃厚な味わいのチーズタルト。フィリングにサワークリームをプラスすることで夏でもさっぱりと召し上がれますよ♪

クリーミーなマッシュポテトがたっぷり入った"甘くない"おかずタルト♪

【動画】なめらかでクリーミーなマッシュポテトが入ったおかずタルトをご紹介します。爽やかなサーモンパテのタルトや夏野菜のラタトゥイユ風タルト、そしてひまわりモチーフが可愛いひき肉カレータルトの3種類♪手のひらサイズの小ぶりなタルトなので、ホームパーティーやピクニックにぴったり♡

タルト型不要!爽やかな味わいの型なしオレンジタルト

【動画】タルト作りに挑戦してみたいけど、一回しか使わないかもしれないタルト型をわざわざ買うのはちょっとな...という方にオススメのレシピをご紹介します!タルト型がなくても作れる「型なしオレンジタルト」。濃厚なクリームとフレッシュなオレンジが相性抜群で、とっても爽やかな味わいになります!

⁂クリスマスの定番⁂ ブッシュ ド ノエル(Bûche de Noël) | SOUL SWEETS

ブッシュ ド ノエルはフランス語で「クリスマスの薪」。 パリで作られるようになったそうですが今では日本でも定番のクリスマスケーキですね! チョコレートクリームにドライフルーツを散りばめて、ふんわり生地で包んだ可愛いケーキです♪ 今年は手作りブッシュ ド ノエルでクリスマスを過ごしてみませんか?

旨味と香りとギュッと閉じ込める!魚介の包み焼き カルトッチョ| Chef’s Holiday

今回の料理はカルトッチョ、イタリアの包み焼きです。 この料理は食材の持つ水分だけで焼き上げる、食材の旨味と香りを楽しむ料理です! 材料を旬の素材に変えてオリジナルメニューを楽しんでもGOOD! ホームパーティーなど、皆さんで楽しんでくださいね!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部