2015年12月27日 更新

誰でもキレイにできるお重詰め(市松詰め)のコツ

【動画】一年の幸せをもたらすために、元旦に各家庭におりてくる年神様。お正月は、そんな年神様をお迎えして祝う大切な行事です。そしておせち料理は、年神様にお供えする特別なお料理。今回は、漆器の重箱を使って「市松詰め」のコツをご紹介します。

一番重要なお正月の料理!

一年の幸せをもたらすために、元旦に各家庭におりてくる年神様。お正月は、そんな年神様をお迎えして祝う大切な行事です。そしておせち料理は、年神様にお供えする特別なお料理。今回は、漆器の重箱を使って「市松詰め」のコツをご紹介します。

おせち料理は、正月だけではなく、もともとは端午・七夕・重陽などの五節句に神様におそなえする料理を指すものでした。その中で、一番重要なお正月の料理を「おせち」と呼ぶようになったと伝えられています。

そしてお正月にお重詰めを用意するようになったのは、江戸時代。福を重ねるという縁起をかついで重ね重になったといわれています。詰め方も縁起をかついで「八方詰め」やお米を測る升を模した「升形詰め」などもあります。重箱がなければ大皿でも洋皿にひとり分ずつ盛るのもOK。

ポイント1:奇数の料理を盛り込む

お重詰めの決まりごとは、奇数の料理を盛り込むということ。陰陽思想では奇数は陽の数であり縁起のいい数字のが理由です。
 (14583)

▼ポイント2:詰める順番

お重詰めをする時は、まず最初にお重の正面を決めます。そして奥にかまぼこや伊達巻など形があるものを詰め、手前に向かって順番に詰めていきます。この時、必ずしも四隅を空けずにギッチリ詰めなくても問題ありません。
縦と横のラインを重箱の辺に平行に詰めると見栄えが良くなります。それぞれの料理の間は、葉らんを使って仕切りをすると、引き締まった印象になり、味移りも妨げます。
 (14582)

▼ポイント3:祝肴の謂れ・詰め方のヒント

<紅白かまぼこ>
かまぼこは日の出の象徴です。紅はめでたさと喜び、白は神聖を意味します。かまぼこは1cmの厚さに切り、紅白が互い違いにして市松模様に揃えます。この時右上に紅が来るように詰めます。
 (14570)

<伊達巻>
昔の人は、大切な文書は巻物に装丁し、家宝にしました。伊達巻は、そんな巻物に似ていることから、文化発展を願う縁起物として考えられています。詰める時は、少しずつズラして詰めると、黄色い断面が見えて見栄えもキレイです。
 (14571)

<黒豆>
「まめまめしく」暮らせるようにと、健康長寿の願いが込められています。柚子の身をくりぬいて器にしたもの詰めています。この時、柚子の底を少し切っておくと器がガタガタしなくなります。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フライパンで出来るはんぺんのフワフワ伊達巻

【動画】おせち料理とはお正月に一年の幸せを願って縁起のよい料理をみんなで食べるという習慣からきています。今回はおせち料理の定番「伊達巻」をフライパンを使って魚のすり身の代わりに「はんぺん」で作るフワフワ伊達巻のレシピをご紹介します。

おせち料理はもう飽きた!残ったおせちで洋風にアレンジできるリメイクレシピ

おせち料理って大体2日くらい続けて食べると、どうしても飽きてきちゃいますよね。ちょっと洋食が恋しくなってくるころ、余ったおせち料理を使ってアレンジしてみましょう。

マンネリおせちからの卒業!おせち料理「詰め方」のおさらいと盛り付けポイント

最近は通販などでも手軽に購入できるようになったことから、毎年おせち料理を作っているというご家庭も少なくなってきました。品数が多くて大変、面倒くさそうと思うかもしれませんが、工夫次第でオシャレに変身!これを読んだらちょっと試したくなるかもしれませんよ♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部