2017年8月21日 更新

バニラアイスをたっぷり詰め込んだ♪みんな大好きシューアイス!

【動画】年齢問わず愛されるパクパク食べられちゃうシューアイス!ふんわりシューになめらかなバニラアイスをいっぱいになるまで詰め込んで、冷凍庫で凍らせれば、おやつの時間やお風呂上がりなどについつい手が出したくなっちゃうシューアイスの完成です♡シュー生地を絞る際に、小さめに絞ってひと口サイズで作ると、シューの中いっぱいにアイスが入りやすく、食べやすいのでオススメですよ♪

1. 卵黄とバニラビーンズを合わせてハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。
2. 耐熱容器にグラニュー糖・水を入れ600Wで2分半加熱する。
(鍋でもOK!鍋にグラニュー糖・水を入れ火にかけ、ブクブクと大きな泡がたってくるまで加熱する。)
3. 1に2を少量ずつ加えながらハンドミキサーの高速で泡立て、白っぽく全体がもったりとするまで泡立てる。
4. 別のボウルに生クリームを入れ、氷水に冷やしながら、角が立つくらいまで泡立てる。
5. 3と4を合わせムラがないように混ぜる。冷凍庫で1時間程度冷やしておく。

《シュー生地》

1. 鍋に牛乳・水・無塩バター・塩・グラニュー糖を入れ、中火にかけ沸騰させる。
2. 沸騰したら火止め、薄力粉を一度に加え混ぜ、粉っぽさがなくなって、鍋底に薄い膜がはり表面がなめらかになるまで練るように混ぜる。
3. 2に溶いた卵を数回に分け少しずつ加え、都度混ぜる。生地をすくい上げ落とした時に、ヘラに三角形に生地が残れるようになるまで混ぜる。
4. 口金をつけた絞り袋に3を入れ、天板に4cmくらいの大きさで上に高さが出るように絞る。
5. 指に水をつけ、絞り出した際に尖ってしまった部分を軽く平らにし、形を整える。
6. フォークに卵液をつけ、格子状に軽く跡をつけて霧吹きをする。
7. 200℃に予熱したオーブンで20分焼く。オーブンを開けずに180℃に下げ、15分焼く。焼き上がり後もすぐにオーブンは開けず、そのまま15分~20分乾燥させる。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ザクザクの新食感♡アーモンドスティックシュー

【動画】今回は、ザクザク食感が楽しいスティックタイプのシュークリームをご紹介します!シュー生地の上に、砕いたアーモンドを散りばめたクロッカンをコーティングして、サクッと焼き上げました。生地の中には、甘いバニラの香りのとろ~りカスタードクリームがぎっしり♡焼いている時はオーブンの扉を開けるとオーブンの温度が下がり、シューがうまく膨らまない事があるので、開けないように我慢してくださいね!バニラビーンズは使い終わったら洗って乾燥させ、砂糖の容器にいれておくと自家製のバニラシュガーができますよ♪

手作りパンチェッタでつくる濃厚&クリーミーな本格カルボナーラ☆

【動画】イタリア料理に欠かせないパンチェッタ!豚ばら肉を塩漬けにして、乾燥・熟成させて作ったものです。今回はご家庭でも簡単に作れるように、冷蔵庫で乾燥させながら熟成させていきます。傾けた網にのせると、豚肉の水分が下にぽたぽたと落ちていき、お肉の水分がだんだん抜けて旨みが凝縮します!手作りのパンチェッタで作るカルボナーラは最高に美味しい♪ハーブは全て揃えなくてもいいので、お好きなハーブで香りを付けてくださいね☆

生クリームでしっとり食感♪紫いもとホワイトチョコレートの渦巻きスコーン

【動画】今回は、バターを使わずに生クリームで作る、しっとりスコーンをご紹介します♪バターを刻む手間もなく、材料も混ぜやすい!紫いもパウダー入りの生地にホワイトチョコレートと白あんを混ぜたものを塗り、渦巻き状に巻いてみました。紫色の生地に白のぐるぐる模様がくっきり!インスタ映え間違いなしの可愛らしい簡単スコーン、是非お試しください♡

ピンクのクリームで華やかにデコレーション♪おしゃれでキュートなおつまみ「エクレア・サレ」

【動画】サクサクのエクレア生地に、サーモンとクリームチーズの爽やかなクリームを添えて。ワインなどのアルコールのお供にもぴったりです!彩りをプラスして華やかな仕上がりに。見ているだけで気分が上がるフィンガーフードです♪気軽につまめるのでイベントやパーティーで活躍すること間違いなし!

フランスの定番おやつ♪ふわ〜と溶ける口どけが後を引く、ひとくちサイズのシューケット♪

【動画】シュークリームのような見た目の小さな焼き菓子シューケット。軽いのにしっとりとしたシュー生地や周りについたお砂糖のザクザク食感が楽しいフランスでは子供から大人までみんなに愛される定番のおやつです♪何個でも食べたくなっちゃうお手軽おやつなのでぜひチャレンジしてみて下さいね。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部