2015年12月10日 更新

ちょっと不思議な食材 “まこもだけ” で作る豪華な卵サンドイッチ♪

【動画】サンドイッチの定番!たまごサンド。卵にマヨネーズで・・・とノーマルな作り方でも、とってもおいしいですがもっともっとおいしく食べたい。ちょっと贅沢で大人なたまごサンドになりますが牡蠣をどーんと入れて、そこにほのかな甘みと筍のような食感の“まこもだけ”を入ればとろっとろの絶品サンドの出来上がりです!!

2015年!シェフたちの間で密かに人気の食材を使った絶品サンド♪

3つの楽しい食材の組み合わせから生まれる、感動の“新しい味”を提案する「Three Good Things」。

2週目ご紹介するのは「サンドイッチ」です!

今日は、定番のたまごサンドをちょっと大人味に仕上げるレシピをご紹介します。

選ぶ3つの食材は、卵、牡蠣、まこもだけ。

普通たまごサンドといえば、ゆで卵をみじんぎりにしてマヨネーズで和えて…という流れですが、
今回はマヨネーズではなく、牡蠣から出る旨味でしっかりと味付けをします♩

また、今回使うのは、今年シェフたちの間で密かに流行していた食材「まこもだけ」。イメージはちょっと柔らかめのとうもろこしのような感じで、ほのかに甘みの感じられる食材です。品揃えのよいスーパーなどでは、今年からよく目にするようになりました。見かけたらぜひ手に取ってみてくださいね♩

とろっとろに焼いた卵に、ミルキーで濃厚な牡蠣、ほくほくのまこもだけ…。

やさしく味わい深いたまごサンドを、ふわふわのパンにはさんでぱくっとどうぞ!

卵×牡蠣×まこもだけの材料(2人分)

 (13993)

・たまご:3つ
・牡蠣:5〜6個
・まこもだけ:1/2
・塩:少々
・食パン
・バター

※ 香りやダシをしっかりとりたいので、牡蠣は生食用ではなく加熱用を使ってください。
※ 食パンは少し厚みがあるものがおすすめです。

つくり方

1.まこもだけの根元を切って皮をむき、2、3センチ程度の厚さにカットします。
 (13994)

2.バターで焼いて少し塩をふります。
3.牡蠣をそこに追加して焼いていきます。
 (13995)

4.弱火にしたら、溶いて塩をした卵を入れます。かたまる前に木べらなどでよくかき混ぜて、とろっとしてきたところで火からおろしてください。
 (13996)

5.バターを塗った食パンにたっぷりとはさみます。中央にこんもりと盛りつけると、カットする時も食べる時も楽ですよ。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フルーツサンドとは違う、甘酸っぱいいちごのサンドイッチの楽しみかた。

【動画】いちごのサンドイッチ、と聞くとあま~いいちごがたっぷりのクリームにサンドされているフルーツサンドを思い浮かべる方も多いと思いますが、今回はちょっと違ういちごサンドの楽しみかたのご紹介♪i甘酸っぱいいちごに、ルッコラ、そして・・・“レバーペースト“!!!まさかの組み合わせにびっくりですが、食べたらおいしくてもっとビックリしちゃうかもしれませんよ!?

お豆腐にビーツ?さらにごぼうも!?見た目も食感もちょっと不思議なベジサンド

【動画】新しすぎるサンドイッチ。材料を見ても、できあがったサンドッチを見ても、見てるだけではどんな味なのか想像がつかないそんな不思議なサンドイッチ。水抜きをしてチーズのようにもっちりとさせたお豆腐と千切りされた真っ赤なビーツ。一緒に食べたらどんな新しい“おいしい”が待っているんだろう・・・?

お花見やピクニックで食べたい春の味覚、菜の花のサンドイッチ♪

【動画】今週はマスタードのきいた春のサンドイッチを作ってみました。菜の花に粒マスタードを和えて、それと一緒に酒粕をパンに挟んでみました。酒粕はお酢を加え火にかけることで酒粕独特の香りが抜け、癖の少ないチーズのようなまろやか味わいに変わります。今年のお花見のお弁当にぜひ加えてみて下さいね!

余ったパンの耳でつくる♡キュートなフレンチトースト

【動画】今回ご紹介するのはコロッとしていて、とっても可愛らしい見た目の「フレンチトースト」です。実はこのフレンチトースト、先日配信した「マフィン型パンキッシュ」で余ってしまったパンの耳を使って作ったんです!外はカリカリで中はしっとりとした理想的なフレンチトースト♪簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね!

今日のランチはこれに決まり!カレーととろとろ卵が詰まった大きな焼きカレーパン!!

【動画】カレーパンと聞いてイメージするのは、パンがこんがりサクサクに揚げてある、手のひらサイズの揚げカレーパン!という方が多いかと思いますが、今回は手のひらには乗り切れない、大きなパンをくりぬいてカレーを詰め込んだ焼きカレーパンです♪とろっととろける卵が絶品ですよ!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部