2015年12月16日 更新

主役級のサイドディッシュ!クリスマスカラーのまろやかポテト♪

【動画】クリスマスのテーブルのメイン料理を際立たせるサイドディッシュ。キレイな焦げ目がついた大きなお肉や、クリームたっぷりのケーキの隣にさりげなく置かれているけれど、実はこのサイドディッシュ、メイン料理よりもおいしい “隠れメイン料理” かもしれませんよ?テーブルに後1品欲しいかも!なんて思ったら是非メイン料理の隣にそっと置いてみて下さいね。

パーティーテーブルのもう1品!!

3つの楽しい食材の組み合わせから生まれる、感動の“新しい味”を提案する「Three Good Things」。

もう少しでクリスマスの今週は、主役のローストチキンより美味しいかもしれない、ちょっと大人のサイドディッシュをご紹介します。

クリスマスといえば誰もが用意するケーキやメイン料理ではなく、案外テーブルに差がつくのは脇役料理だったりしますよね。パーティなどであと一品ほしい!なんて時にぜひ作っていただきたいレシピです。

クリーミーでまろやかなポテトに爽やかなりんごやライムと合わせ、味と食感の相乗効果を感じてみてくださいね。(カラーもちゃんとクリスマス色ですよ♩)

じゃがいも×りんご×ライムの材料

 (14208)

・じゃがいも:3個
・りんご:1/4
・ライム:1/2
・牛乳:100cc程度
・バター:70g〜
・塩:少々

つくり方

1.じゃがいもをよく洗って皮をむきます。
2.皮は捨てずに牛乳に漬け込んで、香りづけをしておきます。
 (14209)

 (14210)

3.じゃがいもをカットし、水にさらしてアク抜きしておきます。
 (14211)

4.ライムの皮と実、りんごをみじんぎりにしていきます。 (苦味があるので、ライムの皮はなるべく白い部分が入らないようにしてくださいね。実もすじの部分は避けてカットします。)
5.アク抜きが終わったじゃがいもを塩水で茹でていきます。じゃがいもは沸騰するまでの過程で甘くなるので、弱火で茹でます。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人気レストランのインパクト大!!な前菜サラダを特別にご紹介。

【動画】デザート?それともサラダ?今回は特別にThree good thingsのレシピを監修してくれている「Salmon&Trout」の森枝シェフの自慢の前菜、味も見た目も最高な組み合わせ、キウイとパクツーのサラダレシピをご紹介します。お店にいかないと食べることのできない味を是非自宅で再現してみて下さいね。

おやつにもおつまみにも♪やみつきになっちゃうアボカドの大人味ディップ!

【動画】テーブルの主役には中々なれないけれど、とってもおいしくてクセになる味が多いディップ。ディップの味はもちろんですが、ディップを塗る食材でそのクセになるおいしさは全然変わってきます。バケットにつけるもいいけれど、おやつになら断然ポテトチップスがオススメ!コンビニで買ったものじゃない、手作りの揚げたてサクサクのポテトチップスにアボカドとお味噌で作ったディップを塗れば食べるのが止まらなくなっちゃう、ちょっと大人なディップの完成です!

ひらく瞬間が楽しい!!ヨーグルトソースで食べるサーモンの包み焼き

【動画】焼き魚にムニエル、カルパッチョと色んな料理方法があるサーモンですが、出来上がった瞬間の楽しさを1番感じられるのは、包みを開けた時にふわっと香るサーモンの香りをひとり占めできる包み焼きかもしれません。とってもおいしいのにちょっと味に変化がつけにくい・・・。いつもとは違う味を楽しみたい!そんな時はチーズ風味に変身させた特製たヨーグルトソースで味の変化を楽しんでみてはどうでしょう?

お正月に食べすぎてしまったからだをリセット!!やさしく濃厚な豆のポタージュ

【動画】今年こそは気を付けよう!!そう思っていても年末年始はついつい食べ過ぎてしまうもの。おいしいものを沢山食べて、心はとっても幸せだけどお腹はクタクタ。年末年始頑張ってくれたお腹をやさしく、さわやかで濃厚な豆のポタージュで元気にしてみてはどうでしょう?これでまたいっぱいおいしいごはんが食べれちゃうかもしれませんね!?

パリパリ♪春巻きの皮で包んだミルキーなデザート、バナナのデザート春巻き♪

【動画】あま~いくてパリパリのパイとは違うデザート。パイを作るってなるとちょっと手間がかかるけど、春巻きの皮ならどうでしょう?バナナをココナッツミルクでコトコト煮込んで、春巻きの皮の皮が破れないように丁寧にで包んで揚げれば簡単でパクパク食べられちゃうちょっとエスニック風なデザートの出来上がり♪是非隣にアイスをそえて食べてみて下さいね!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部