2017年7月4日 更新

表面はパリッと。中はなめらか、とろとろ口どけ♡濃厚なクレーム・ブリュレ♪

【動画】プリンよりも濃厚でとろける口どけのクレーム・ブリュレ。パリパリの焦がしカラメルを上手に割って、とろけるカスタードと一緒に召し上がれ。ゆっくりと表面を焦がして、パリパリのカラメルを作ってみて下さいね♪

とろける口どけ♡

とろけるなめらか食感に、パリパリのカラメルが美味しいクレーム・ブリュレ。

バニラのいい香りに、プリンよりもちょっとだけ贅沢な気分になっちゃうクレーム・ブリュレは、
丁寧にじっくりと火を通すことで、硬くなりすぎず、なめらかな口どけに仕上がりますよ♪

綺麗に焦がしカラメルを作って上手に割って食べてみて下さいね。

クレーム・ブリュレの材料(ココット3つ分)

・卵黄…3個
・グラニュー糖…40g
・生クリーム…300ml
・牛乳…60ml
・バニラビーンズ…1/2本
・ブラウンシュガー…適量
・お湯…適量

下準備!!

・160℃にオーブンを予熱する。
・お湯を沸かしておく。

つくり方

1.鍋に牛乳・生クリーム・バニラビーンズ(さやと種両方)を入れ、鍋の淵が泡立ってきたら蓋をして火を止める。
2.ボウルに卵黄を入れ泡だて器でほぐし、グラニュー糖を入れて白っぽくなるまですり混ぜる。
3.2に1を少しずつ入れてよく混ぜ、ざるでこす。
4.ココットに流し入れ、泡が出ているようなら表面を軽くバーナーで炙るか爪楊枝で潰す。
5.天板にココットを並べ、お湯を注ぎ160℃に予熱したオーブンで40分焼く。
6.オーブンから取り出し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
7.ブラウンシュガーを表面にふり、スプーンで平らに広げバーナーで焼き色をつける。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

甘さ×ほろ苦さの絶妙なハーモニー♪王道のカスタードプリン

【動画】市販されているようなトロトロ系のプリンも美味しいけれど、やっぱり昔ながらのカスタードプリンが好きという方も多いんじゃないでしょうか!今回はそんな王道のカスタードプリンがたった4ステップで簡単に作れちゃうレシピをご紹介します!

自分で作るからこそ食べられるサイズ!!ホールサイズの大きなプリン♪

【動画】おやつに食べる1人分用のプリン。手軽にいろんな種類のプリンを手にすることができるけど、ホールケーキサイズのプリンはなかなか見たことがないのではないでしょうか?ケーキのように切り分け、みんなでシェアするちょっと豪華なプリン。型を外す時のドキドキ、ワクワクする感覚をぜひ体験してみては下さいね。

ぷるんぷるん食感がクセになるイタリアの定番ドルチェ・パンナコッタのフルーツマリネ添え

【動画】イタリアの定番ドルチェ・パンナコッタ。パンナは「生クリーム」、コッタは「火を通す」という意味からこの名前になったそうです。生クリームや牛乳をバニラビーンズなどと一緒に煮詰めて、ゼラチンで固めた簡単スイーツ!プリンとは違った食感が楽しめますよ♪ぜひパンナコッタと相性抜群のフルーツマリネ「マチェドニア」を添えて召し上がってください!

香ばしい香りに癒される♡とろ~りほうじ茶プリン!

【動画】ほんのりと優しい甘さとほうじ茶の香りが口いっぱいに広がるほうじ茶プリン。甘さ控えめでほうじ茶の香りをしっかり楽しめる味なので、飽きが来ず、何度でも作りたくなるプリンです!もちっと感と甘さがもっと欲しい方は、牛乳を減らして生クリームを多めに入れると柔らかさと甘さが増すので、調整しながら作ってみて下さいね♪

手軽に作れるサクッとしっとり焼き菓子♪あまい抹茶クリームをサンドした抹茶のダックワーズ♡

【動画】形も大きさも好みにアレンジできる焼き菓子ダックワーズ♪今回、抹茶を入れた生地はダックワーズの型を使わず、ビスキュイのような形に作って見ました。この生地に濃厚で甘い抹茶のクリームをたっぷりとのせ、サンドすれば、お店で売っているようなぽってりと厚みのあるダックワーズの完成です♪お好みの形で作って見てくださいね!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部