2017年3月13日 更新

食事にもおやつにもなる!カリッと食感のクリスピーラビオリ

【動画】ラビオリに衣をつけて油でカリッと揚げた「クリスピーラビオリ」のレシピをご紹介します。フードプロセッサーを使ってつくるラビオリの生地は、揚げればカリッと茹でればモチッとして美味しいですよ♪

具材は好きなものでOK!

今回ご紹介するのは、手作りのラビオリに衣をつけて油でカリカリに揚げた「クリスピーラビオリ」です。ラビオリの生地は、フードプロセッサーを使えば、とっても簡単!中に包む具材はアレンジ自在なので、いろんな味のラビオリを作ってみてくださいね♪

クリスピーラビオリの材料

(ラビオリの生地)
■強力粉…120g
■卵…1個
■オリーブオイル…大さじ1
■塩…ひとつまみ
(具材)
■合挽き肉…45g
■ウインナー…2本
■卵黄…1個分
■おろしニンニク…小さじ1
■ハーブソルト…小さじ1
■ブラックペッパー…適量
■モッツァレラチーズ…15g
(衣)
■卵…1個
■牛乳…大さじ2
■細挽きパン粉…適量

■揚げ油…適量
■トマトソース…適量

つくり方

① フードプロセッサーに強力粉・卵・オリーブオイル・塩を入れ、パラパラの状態になるまで撹拌する。
② 手で軽く捏ねてひとまとまりにしたらラップに包んで冷蔵庫で1時間寝かす。
③ ボウルに合挽き肉・みじん切りにしたウインナー・小さくちぎったモッツァレラチーズ・卵黄・おろしニンニク・ハーブソルト・ブラックペッパーを入れてよく混ぜ合わせる。
④ 打ち粉をした台の上で②の生地を2mm程度の厚さに伸ばす。
⑤ ③の具材を生地の上に少量ずつ置く。
※具材を置くのは伸ばした生地の半分にのみ!
⑥ 具材のまわりに卵黄(分量外)を塗る。
⑦ 具材に被さるように、生地を半分に折りたたむ。
⑧ 空気が入らないように上から指で押さえ、具材が入っていない箇所を包丁でカットし、まわりをフォークで押さえる。
⑨ 卵・牛乳をよく溶き、⑧のラビオリをくぐらせ、細挽きのパン粉を全体に付ける。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ぷるんぷるん食感がクセになるイタリアの定番ドルチェ・パンナコッタのフルーツマリネ添え

【動画】イタリアの定番ドルチェ・パンナコッタ。パンナは「生クリーム」、コッタは「火を通す」という意味からこの名前になったそうです。生クリームや牛乳をバニラビーンズなどと一緒に煮詰めて、ゼラチンで固めた簡単スイーツ!プリンとは違った食感が楽しめますよ♪ぜひパンナコッタと相性抜群のフルーツマリネ「マチェドニア」を添えて召し上がってください!

チーズ好きが悶絶する美味しさ♡耳までチーズ入りのピザ・クワトロ・フォルマッジ

【動画】4種のチーズを贅沢に使ったピザ。耳までチーズが入っていて、チーズ好きにはたまらない美味しさです!チーズの色を引き立てるため、生地には竹炭パウダーを練りこんで真っ黒に♪

ティータイムをおしゃれに演出してくれる極上スイーツ♪甘酸っぱいラズベリーチーズクリームのロールケーキ

【動画】口溶けの良いふわふわのココア生地に甘酸っぱいラズベリーチーズクリームをはさんだロールケーキ。チーズクリームのなめらかな舌触りと冷凍クランベリーのプチプチ食感のコントラストが絶妙です。

マスカルポーネチーズをパンの上いっぱいにのせた、あんことオレンジゼストのおやつパン♪

【動画】まんまるのフランスパンの中につぶあんを詰め込んで、上に甘いアパレイユをたっぷりとパンにしみこませ、こんがりと焼いておやつパンを作ってみました♪上にマスカルポーネチーズとさわやかな香りのオレンジゼストをかけておやつの時間に召し上がれ♡

チーズがなくてもトロトロに♡ぷっくり膨らんだカルツォーネ!

【動画】トマトソースと野菜をたっぷり挟んだカルツォーネ。今回のレシピにチーズは入っていませんが、チーズがなくても、豆乳と米粉でカルツォーネの中はトロトロに♡是非焼きたてを食べてみてくださいね♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部