2017年4月26日 更新

レンジで簡単!こどもの日に欠かせない「柏餅」

【動画】こどもの日に欠かせない食べ物といえば…柏餅!さわやかな柏の葉の香りに包まれたお餅は、昔から老若男女に愛されていて、毎年欠かさずこの時期になると食べているという方も多いのではないでしょうか?市販の柏餅も、もちろん美味しいですが手作りならではの出来立てをぜひ味わってくださいね♪

蒸し器を使わず、レンジで簡単に!

端午の節句に欠かせない和菓子といえば「柏餅」!
今回は蒸し器を使わなくても、レンジで作れる柏餅のレシピをご紹介します!
とっても簡単なので、今年のこどもの日はお子さんと一緒に作ってみては?

柏餅の材料 (10個分)

■上新粉…250g
■片栗粉…20g
■砂糖…20g
■水…350ml
■こしあん…250g
■柏の葉…10枚

つくり方

① ボウルに上新粉・砂糖・片栗粉・水を入れてよく混ぜる。
② ラップをふんわりとかけ、500Wのレンジで6分加熱する。
③ すりこぎ棒に水を付けて捏ね、手で触れる温度になったら手に水を付けて捏ねる。
④ ラップをして20分蒸らす。
⑤ 再度手でしっかりと捏ねる。
⑥ 10等分に分け、こしあんを包んで丸める。
⑦ 柏の葉を巻けば完成!
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こどもの日は、なぜ粽(ちまき)を食べるの?

子供の頃は、単純に「5月5日は柏餅や粽(ちまき)を食べられる日♪」と思っていた方も多いと思いますが、このような習慣は一体どこから来たのでしょうか?

甘酒を使った和スイーツ♡もっちり甘酒もち

【動画】今話題の甘酒が、牛乳と片栗粉でもっちり和スイーツに変身!アルコールも入っていないのでお子さまでも安心して召し上がれますよ。トッピングはお好みでアレンジしてみてくださいね♪

どうして端午の節句に「かしわもち」を食べるの?「ちまき」との違いは?

柏の葉に包まれた丸いおもち。端午の節句には欠かせないですよね!でも、地域によって「かしわもち」だったり「ちまき」だったりと、その形は様々あるようです。一体どんな違いがあるのでしょうか?端午の節句にかしわもちを食べるようになった理由と一緒に解説します!

.和菓子や料理に大活躍!国内産の手作りの砂糖「和三盆」の魅力とは

「日本一高いお砂糖」と言われる「和三盆」というお砂糖を知っていますか?普段よく口にする上白糖に比べ、値段が約20倍もする高級品です。お砂糖なのになぜそんなに高いのか?その理由と特徴についてお伝えしますね。

香ばしい香りに癒される♡とろ~りほうじ茶プリン!

【動画】ほんのりと優しい甘さとほうじ茶の香りが口いっぱいに広がるほうじ茶プリン。甘さ控えめでほうじ茶の香りをしっかり楽しめる味なので、飽きが来ず、何度でも作りたくなるプリンです!もちっと感と甘さがもっと欲しい方は、牛乳を減らして生クリームを多めに入れると柔らかさと甘さが増すので、調整しながら作ってみて下さいね♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部