2015年5月12日 更新

春に美味しいアスパラガスのフランドル風と、白身魚の塩昆布和え

手がこんで見えるけれど手軽にできるフランスのお惣菜、「アスパラガスのフランドル風」と、昆布の持つ旨みが白身魚をグレードアップさせてくれる一品、「白身魚の塩昆布和え」をご紹介します。夕飯のあと一品に悩んだ時、簡単にできておすすめです。

アスパラガスのフランドル風のつくり方(2人分)

筆者 (2450)

via 筆者
<材料>
アスパラガス・・・5本
バター・・・大さじ1
卵・・・1個
バター・・・40g
塩、胡椒・・・適量


<つくり方>
1)茹で卵を作ります。アスパラガスは根元を切り落とし、固い皮の部分をピーラーで剥き、半分に切ります。

2)鍋に湯を沸かしてバター(大さじ1)を溶かし、アスパラガスを茹でます。茹であがったらザルにあげ粗熱を取ります。

3)茹で卵を白身と黄身に分けます。白身は粗いみじん切りにします。

4)小鍋を熱し、バター(40g)を溶かし、黄身をほぐし溶かします。トロトロになったら塩胡椒で調味します。
筆者 (2452)

via 筆者
5)器にアスパラガスを盛り付け、4で作ったソースをかけて最後に白身を盛り付けます。

フランスでは大きくて白いアスパラガスが主流ですが、日本ではまだなかなか手に入りません。外国の方が利用するようなスーパーでしたら手に入るでしょう。日本ではグリーンアスパラガスが主流ですので今回使用しました。バターソースを作るときはあえてバターを焦がしても風味が出ます。一度食べるとやみつきになってしまいます。新鮮なアスパラガスが手に入りましたら作ってみてください。

アスパラガスは水耕栽培やハウスでの栽培で通年美味しく頂けますが、旬は5月から6月です。抗酸化作用が高いので老化防止や美容に効果を期待できます。アスパラギン酸という成分も多く含まれているので、疲労回復やスタミナの増強にもピッタリな食材です。水溶性ビタミンが豊富なため、茹で・蒸しで調理することで効果を発揮しやすくなります。選ぶときは穂先がしまっていて、茎が曲がっていない太いものを選んでください。

白身魚の塩昆布和えのつくり方(2人分)

筆者 (2455)

via 筆者
<材料>
白身魚(刺身用。タイ、ヒラメなど)・・・80~100g
塩昆布・・・少々
酒・・・大さじ1/2
※醤油・・・お好みで適量

<つくり方>
1) 白身魚はさくの場合、薄く削ぎボウルに入れておきます。塩昆布は切れていないものは細く切っておきましょう。

2) 塩昆布、酒を加えて10~15分程度おいて味をなじませます。

3) 味を見て薄いようであれば、醤油を好みで加えて完成です。

おつまみとして、お酒を選ばない一品です。また、副菜としても刺身とは一味違った白身魚の新しい味わいを楽しむことができます。塩昆布は万能で、キャベツや白菜などの葉ものに合わせても美味しいですが、お魚にもとてもよく合いますのでお試しください。

written by よっこ
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ダイエット中でも罪悪感なし!鱈とレンズ豆のご褒美スープ

【動画】残業でおそくなっちゃった時は食べる事に罪悪感・・・。 そんな時こそ頑張った自分に旨味たっぷりのご褒美スープを。 鱈とレンズ豆で高タンパク低カロリー、栄養バランスもバッチリなスープです♪  空腹は我慢せず、明日への活力へと繋げましょう!

パンの中には具材がたっぷり!!卵がとろっと溢れ出るカルボナーラ味のボートブレッド♪

【動画】大きなパンに野菜やお肉の旨味が染み込んだカルボナーラ味のボートブレッド。大きなパンを用意して、中をくりぬき、そこにぎゅうぎゅうに具材を詰めて焼けばカルボナーラの旨味が詰まったボートブレッドの完成です♪お腹がいっぱいになるレシピなので家族や友達とシェアして食べてみて下さいね。

魚介の旨味たっぷり!リングイネ・ペスカトーレ

【動画】魚介の旨味がたっぶり詰まった南イタリアのパスタ、ペスカトーレを東麻布「Ristorante Pellini Adagio(リストランテ ペリーニ アダージオ)」東條吉輝シェフにご紹介いただきました。 えびの殻から香り、みそから旨味が出るので、強火でしっかりと炒めることがポイントです。リングイネは硬めに茹であげて、フライパンの中でソースを吸わせるように少し長めに混ぜ合わせると、味が染み込んで美味しくなりますよ。 魚介類はお好みのもので構いませんが、2種類の貝とえびが入ると味に深みが増します。

白と緑のアスパラガスは同じ種類ってホント!?作り方の違いと栄養価について

スーパーに行くと緑と白のアスパラガスが並んでいます。 全く違う色をしている2つのアスパラ、実は同じ種類ということをご存知でしょうか? 2つのアスパラの作り方や栄養価の違いについて見てみましょう。

包みかただってこだわりたい!!オレンジやレモンの爽やかな香りのサーモンのオーブン焼き♪

【動画】バーベキューやキャンプなど外での楽しいご飯の時間に作りたくなっちゃう、いつもよりちょっとオシャレに変身したサーモンのオーブン焼き。オレンジやレモンと一緒に包んだサーモンは、お馴染みのサーモンとはまた違う爽やかなおいしさを感じることができますよ。最後はくるんっ♪と包み方までこだわって、爽やかでオシャレなサーモンのオーブン焼きにしてみて下さいね!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部