2015年7月22日 更新

暑い夏のランチは、お手軽&脱マンネリ!

夏のランチはさっぱりサクッと終わらせたいと思いませんか?しかし、夏休みがやってきて、子ども達のランチまで考えるとなると・・・。マンネリ化しないランチメニューでお手軽なものってないでしょうかね。

photo AC (9831)

via photo AC
そんな時、やっぱりお昼のメインは、そうめんになりがちです。しかし、ちょっとひと工夫で、いつもと違うそうめんメニューができあがります。

基本はやっぱりさっぱりと行きたいのであれば、いつもの“つゆ”を鶏がらスープに変えてみるのはどうでしょう。麺は、2人で4束、トッピングは、ツナ缶にミニトマトで、彩りよく飾りましょう。そうめん汁に変わるスープは、氷水に、鶏がらスープの素を使います。水にも普通に溶けるのでとっても便利です。つゆを注いだ後に好みでごま油を少したらすと、さっぱりの中にも、コクと香りがよいそうめんになります。
sasayan/Shutterstock.com (9833)

via sasayan/Shutterstock.com
少しガッツリ食べた感が欲しいのであれば、トッピングにナスの肉味噌炒めはどうでしょう。ナスは体を冷やしてくれる野菜ですから、しっかりと摂ってあげると体内から体を冷やしてくれます。

ナスは、1㎝ほどの厚さの半月切り、ピーマンはひと口大、豚肉は2㎝幅くらいに切ります。一緒に炒める調味料として、味噌60gに対して、みりん、酒、砂糖をそれぞれ大さじ2混ぜておきます。
フライパンにごま油を熱し、弱火で豚肉を炒め、肉の色が変わったらナスを加えてしんなりするまで炒め、最後にピーマンを加えます。
大人だけでしたら、ナスと一緒に赤唐辛子を入れるとピリっとした味付けになります。だしの素を少々振り掛けて、ひとまぜしたら蓋をして、弱火のままで、3分ほど蒸し煮すると肉味噌のできあがりです。

そうめんは、普通にゆでて、冷水で洗い水気をよく切っておきます。器にそうめんを入れ、肉味噌をトッピングして、いつものそーめんつゆでいただきます。
sasaken/Shutterstock.com (9835)

via sasaken/Shutterstock.com
そうめんは、飽きるという方には、どんぶりものはいかがですか。前もって冷汁をつくりキンキンに冷やしておきます。ご飯に冷汁をかけて、ぶっかけにすると美味しくいただけます。冷汁には、きゅうりやナス等の体を冷ましてくれる野菜が入っていますし、アジの干物や味噌のように、体内を温めてくれる食材も入っていますので、体に良く、夏バテを吹き飛ばすランチになります。

夏はサクッと食べられるものが好まれるようです。麺類やどんぶりものは、夏に食べるのにぴったりですね。もちろん片づけも簡単なのもうれしいですよね。


thumbnail pictures by mikeledray/Shutterstock.com
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パパッと作れちゃうのに激ウマ!夏にぴったりのレモンクリームパスタ

【動画】生クリームやチーズを使っているから濃厚なのに、レモンの皮や絞り汁が入っているからさっぱり爽やかなパスタに♡食欲がなくなるこれからの季節におすすめです!お好みで生ハムや鶏のささみなどをトッピングしても美味しいですよ♪

お弁当にあと一品!副菜やおつまみにも♪電子レンジだけで作れる時短レシピ3選

お弁当を作っているとどうしても足りなくなる野菜を使って、もう一品! 電子レンジだけで作れるので、ガスコンロを全部使っていても大丈夫。 夕飯の副菜やあと一品に、冷蔵庫の中にある野菜を使って作れる簡単レシピをご紹介します。

ラップがあればOK!家でも簡単に作れる水まんじゅうレシピ

梅雨が明ければ夏本番!熱い毎日を少しでも涼しげな食べ物で癒しませんか?透明ひんやりな水まんじゅうは型がなくてもできるのです♪簡単ですぐに作れるレシピを紹介します。

フライパンひとつでできる!時短パスタレシピ

夏の暑い時期は、料理をするのが億劫になるという人も多いと思います。火を使えばその分暑いですからパパッと済ませたいですよね。そこで、今回はフライパンひとつでできる時短パスタの作り方を紹介します。また、ガスコンロが一つしかない一人暮らしのキッチンなどでも調理がしやすいですよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

暑い夏こそ辛いものが食べた〜い!冷たいビールと相性抜群の激辛バッファローウィング

【動画】カリカリに揚げたチキンに、タバスコやニンニクの入った激辛バッファローソースを絡めた、お酒がすすむ旨辛メニュー!お好みでブルーチーズドレッシングを付けるとマイルドな辛さになりますよ♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部