2015年7月1日 更新

この夏はキリッとさわやかなロゼ・スパークリングが流行の兆し

ムシムシ暑い夏はもうすぐ。ホームパーティーや仕事の後、すっきりしたロゼのスパークリング・ワインはいかがでしょう。きれいな薄いピンク色のロゼ・スパークリングを、きりっと冷やしてさわやかに頂きます。本場ヨーロッパでは数年前からロゼ人気が沸騰してます。

欧州ではフランスを中心にロゼ人気上昇

ロゼワインの特徴はその美しい色合い。「ロゼ」とはフランス語で「バラ色」を意味し、薄いピンク、桜色です。今や本場フランスでは、すでにロゼのほうが白ワインの消費量を超えています。良く「肉料理には赤、魚料理には白」と言われますが、辛口のロゼは肉にも魚にも良く合います。

ヨーロッパでも料理の味付けがかつてより軽くなってきました。そんな料理には重い赤よりロゼのほうが合います。素材の味を大事にする日本料理にもぴったりです。

人気の背景には、ワイン作りの製造技術の進歩にあります。かつてはロゼの美しいピンク色を長期間維持するのが難しく、敬遠されていました。濁ってしまうと美味しそうに見えないのです。近年の貯蔵、充填技術や低温流通の発達が今のロゼ・ブームを作り上げました。
Nolte Lourens/Shutterstock.com (3260)

via Nolte Lourens/Shutterstock.com

ロゼはさわやかさと香りが両立

「赤ワインと白ワインを混ぜたものがロゼ」と、思っている人も少なくありません。確かにそうやって製造する地域にシャンパーニュがありますが、プロバンスやボルドーなど、ほとんどはロゼ独自の方法で製造します。

一般的にはセニエ法で作られます。これは黒ブドウを原料として赤ワイン同様に醸造を開始した後、果皮などを残して果汁のみを取り出します。これを白ワイン同様に低温発酵します。
白ワインと赤ワイン

白ワインと赤ワイン

ロゼは白のすっきりと、赤のアロマを併せ持ちます
via Gorodisskij/Shutterstock.com
こうすることで、ロゼには黒ブドウの香りが残ります。ブドウ品種によって異なりますが、イチゴやカシスなどの赤や赤黒い果実の香りがさわやかです。タンニンが少ないので、赤ワインのような渋みがないので、白ワインに近くすっきりした味わいになります。
つまり白のテイストに赤のアロマをまとい、様々な料理との相性が良くなるのです。

なぜか日本では人気薄

フランスのワイン消費量でロゼの割合は、1990年で10.8%だったのが2009年には24.7%と倍増しました。しかし、日本は2009年から2013年まで9%のままです。

日本の第1次ワインブームは1972年に始まりました。当時は「甘口で軽いワイン」として紹介され、徐々に辛口で重い赤や白ワインのストーリーが語られていきました。
ワインで食事

ワインで食事

今、日本では第7次ワインブームがきています。主役は赤ワイン
伝統あるワイナリー、味に対するこだわり、生産者の物語などから高級ワインへとシフトしていったのです。しかし、当時ロゼワインにはそれらにあたる製法やワイナリーがなかったので、「ロゼ=甘口」といったイメージが変わらないままきてしまいました。

最近、徐々にロゼに興味を持つ愛好者も現れています。桜色の印象から、お花見にロゼ・スパークリングを持ち込んでのパーティーなども開かれています。

ロゼに合う料理

ワインの究極の楽しみが「マリアージュ」と言われています。フランス語で「料理と合わせて楽しむ」の意味で、辛口から甘口まであるロゼは、まさにマリアージュに適しているといえるでしょう。
例えば、南フランスの新鮮な野菜、トマトがふんだんに使われる煮込みやソースを使った料理に供されるのはロゼです。夏にはスパークリングがいいですね。また、コツとしてロゼとの色合いをそろえた素材を使うと良く合います。サーモン、桜えび、サクラダイやトマト料理などです。
トマトソースの肉料理

トマトソースの肉料理

ロゼは比較的料理に合いやすく、特にトマトソースの料理はぴったり
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

そろそろワインをはじめてみませんか?vol.3

ワインってなんだか難しそう…。このシリーズでは、そんな方におすすめのワインの選び方をご紹介いたします。今回は、酸味•甘みと気候の関係など、ワインの「味わい」について探っていきます。

ピンクのクリームで華やかにデコレーション♪おしゃれでキュートなおつまみ「エクレア・サレ」

【動画】サクサクのエクレア生地に、サーモンとクリームチーズの爽やかなクリームを添えて。ワインなどのアルコールのお供にもぴったりです!彩りをプラスして華やかな仕上がりに。見ているだけで気分が上がるフィンガーフードです♪気軽につまめるのでイベントやパーティーで活躍すること間違いなし!

ワインに合う♡ベーコン&バジルのもちもちポンデケージョ

【動画】ブラジル生まれのチーズパン「ポンデケージョ」。チーズの塩気ともちもち食感がクセになる美味しさです。今回は刻んだベーコンとバジルを入れてワインにぴったりな味に仕上げましたが、黒ごまやコーンなど好きなものを入れてアレンジしてみてくださいね♪

2色のぶどうを白ワインゼリーで閉じ込めた♡大人のフルーツテリーヌ

【動画】今回は2色のぶどうを使った大人のフルーツテリーヌをご紹介します。白ワインとサイダーのゼリーに2色のぶどうをたっぷりと閉じ込め、さらにミントとヨーグルトの爽やかなゼリーを重ねて2層のテリーヌにしました。切った時の断面に感動するはずですよ♡

お酒と一緒に♪黒オリーブとバルサミコ酢でグッ‼︎と大人な味になった黒オリーブ入りハンバーグ

【動画】ライスよりもパンで食べたいディナー向けのハンバーグ。黒オリーブをハンバーグのタネに混ざることで、子供から大人までみんな大好きなハンバーグが、お酒と一緒に食べたい大人のハンバーグに大変身しちゃいます!酸味が苦手という方はソースをトマトソースにチェンジ食べてみて下さいね。

キーワード

ライター

dish tips dish tips