2017年4月28日 更新

違いが分かる人になろう!今更聞けないカフェオレ・カフェラテ・カプチーノの違い

喫茶店に入ってコーヒーを注文するとき、カフェオレ、カフェラテ、カプチーノの違いがよく分からないまま、とりあえず何となく適当に決めてしまっていませんか?3つの違いを覚えて、違いの分かる人になりましょう!

フランス式コーヒー牛乳「カフェ・オ・レ」

atelier avant-garde/Shutterstock (35117)

フランス語で「牛乳入りのコーヒー」を意味するのがカフェオレです。カフェオレとカフェラテが区別される場合、「普通の熱いコーヒーに、熱い牛乳を5:5の割合で注いだもの」を言います。単に温めた牛乳にインスタントコーヒーの粉を溶いたものもカフェオレです。フランスでは、朝にコーヒーを飲むことが多いのですが、刺激の強いカフェインを牛乳で和らげて飲みやすくしているんです。取っ手の無い「カフェオレボウル」を使ってたっぷり飲むというのも特徴の一つ。実際、カフェオレボウルは朝食ボウルともいわれており、シリアルなどを入れて食べるために使われていることもありますが、朝食にはボウルにカフェオレを注いで、パンを浸して食べるのがパリッ子流。カフェオレは少しマイルドなので、子供からも人気があります。

イタリア式コーヒー牛乳「カフェ・ラッテ」

Mckyartstudio/Shutterstock (35118)

イタリア語で「コーヒー牛乳」を意味するのがカフェラテです。カフェオレもコーヒー牛乳を意味しているので、単にフランス語かイタリア語かの違いとも言われていますが、ちゃんと区別される場合もあります。カフェオレと区別される場合のカフェラッテは、「エスプレッソとスチームミルクを2:8の割合で注いだもの」を言います。エスプレッソは味が濃いので、スチームミルクが多めです。スチームミルクは、泡が立たないように温めるのがポイント。エスプレッソを使ったカフェラテは味が濃く、苦みやコクがあるので比較的大人の味です。お店によっては上にフォームミルクが乗っていることもあります。

イタリア式の正式な発音は「カップッチーノ」

Alexandra Lande/Shutterstock (35119)

泡立ったミルクが乗っているのでカフェラテと混同されやすいカプチーノ。実際、カプチーノは「エスプレッソにスチームミルクとフォームミルクを3:3:4の割合で注いだもの」を言います。スチームミルクは泡立てないミルクですが、フォームミルクは蒸気で泡だてたものです。カフェオレはミルクと完全に混ざっていますが、カフェラテは上にスチームミルクが乗っています。その上にフォームミルクが乗って3層になっているカプチーノは、マグカップを傾けてからコーヒーが口に届くまでちょっと時間がかかるのが特徴でしょう。お店によってスチームミルクとフォームミルクの割合が微妙に違うのも個性の一つです。
カフェオレはコーヒー牛乳、カフェラテはエスプレッソを使ったコーヒー牛乳、カプチーノは泡が乗ったコーヒー牛乳と覚えておけば間違いないでしょう。アメリカ式や日本式でもちょっとした違いがあるので、気になる人は調べてみると面白いかもしれませんよ。


thumbnail picture by Rawpixel.com/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自宅でカフェ気分!お洒落でかわいいカフェラテのアレンジメニュー3選

コーヒーと牛乳のハーモニーがたまらないカフェオレをそのまま飲むのもおいしいけど、カフェのようなアレンジにチャレンジしたいと感じたことはないでしょうか。いつものカフェオレに一工夫して、もっとかわいくお洒落に楽しむアレンジを紹介します。

焙煎から楽しむ自分だけのカフェオレの作り方

【動画】今週のVEGGIE DISHESは、豆から自分好みにブレンドし、焙煎して作った自分だけカフェオレです。家でコーヒーを入れるにも色々な方法がありますが、自分好みのコーヒー豆を用意して、ブレンドし、焙煎して入れたコーヒーの味は別格ですよ! おいしいコーヒーが作れたら、暖かい豆乳を入れて自分だけの最高においしいカフェオレを作ってみて下さいね。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター