2015年4月15日 更新

春の草花を上手に使ったお家にかざれるフラワーブーケ作り

【動画】玄関を春にしてくれるフラワーブーケ。好きな花をお花屋さんで探してふんわりとしたブーケを作りましょう。紐の長さで飾る場所を変えれるので飾りたい場所に合わせて作って下さい。

春が待ち遠しくなるドアブーケ

今週のGreen Weekend レポートをお届け。ご覧いただく動画は、春の草花を上手に使った、おうちにかざれるフラワーブーケづくり。動画で上手にブーケを束ねるコツを覚えたら、お花屋さんでお気に入りの草花を探してみてくださいね。名前を覚えた新しい花を見つけたとき、嬉しい気分になった人は WEEKENDERに任命♪

ドアブーケのつくり方&ポイント

1.お花が1番生き生きするシーズンを知ること
生きているお花にはそれぞれシーズンがあります。春の花で知られるチューリップやパンジーですが、実は関東だと1月が最も旬。季節の変わり目をいち早く教えてくれる花たちの名前を覚えたら、お花屋さんで見かけたときに、あっと気づけるようになりたいですね。


2.土台づくりをしっかりすること
まずはメインのカラーを決めてみてください。今回のワークショップではグリーンをメインに土台作りを行いました。肉厚な葉、細かな葉、つるのように長い茎についた葉、ミントなどのハーブ・・・緑色の葉っぱだけでも、本当にたくさんの種類があるんですよ。
好きな量を手のひらで握って、まずはどこを正面にするかを決めてみましょう。


3.少しずつ足していくこと
グリーンの土台ができてきたら、次は色のついた花を差し込んでいきます。軸をずらさないように気をつけながら、緑と緑の間に少しずつ足していきちょっと詰め込みすぎた時はふんわり散らして、全体のバランスを整えてくださいね。


4.そのままおうちに飾れるように
ブーケの形がくずれないよう、手で握っている部分を麻ひもで結っておきます。少しの水を入れた空き瓶にお花を差したら、ブーケのように麻ぬので包んであげてください。長さが余るように紐で布を固定したら、おうちのどこでも飾れるブーケの完成です!余った紐で輪っかを作って、玄関先に吊るしておくのがおすすめですよ。


5.今日のお花
最後に、動画で使用している草花をご紹介。なかなか手に入らない珍しいものから、みんなが知っているお馴染みのお花まで沢山ご用意しました。
Ranunculus
Sukabiosa
Pansy
Viola
Muscari
Lachenalia
Sweet pea
Lily of the valley(SUZURAN)
Tulip
Ghiglia
Mint
Oregano
Rape blossoms(NANOHANA)
Shepherd’s-Purse(NAZUNA)
Flower bean(HANAMAME)
Acacia

知っているお花はいくつありましたか?カラフルなブーケを見ると、春が待ち遠しくなりますね。


それでは、次回のレポートもお楽しみに♪



<Green Weekend とは>
誰にでもある小さなWISH LISTを叶えるワークショップを、毎週土曜日に開催しています。Green Weekendのご参加は、NEXTWEEKENDのLETTERページからご予約い­ただけます。
http://nextweekend.jp/letter/2037
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お花のキホン。プレゼントされたら嬉しい「ブーケの上手な包みかた」

【動画】贈り物としてわたす事の多い花束。でもお花選びから包むまでとなるとちょっと難しいですよね。今回は自分好みの花束が作れるお花選びから上手な包みかたまでお届けします。

奥沢のチョコレート職人が作る1日限りのチョコレートパーティー

【動画】あま~い香りに包まれながらチョコレートの作り方を目の前で見ることができる特別な日。1日限りのチョコレートパーティーにみなさんをご招待!

自分で作るカレンダー『チョークボード』の全てをお届けします!

【動画】最近洋服屋さんからカフェまで使い方は色々ですが、見かけることが多いチョークボード。このチョークボードでずっと消したくなくなるおしゃれなオリジナルカレンダーの描き方をご紹介します!

とっておきの『パニーニ』作り!パンの焼き方からラッピングまで。

【動画】朝ごはんにオススメな焼き目がくっきり!パニーニの作り方。グリルパンを使ってパン選びから可愛い包み方までパニーニの全てをお届けします!

身体の中からキレイになれる朝食【Beauty Plate】づくり

【動画】ちょっと食べ過ぎてしまって疲れたお腹の小休憩。いつものご飯をちょっと工夫してみましょう。栄養たっぷりで身体の中からキレイになれるBeauty Plateづくり。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部