2016年6月6日 更新

生で食べることが多い葉物野菜は鮮度が命!選び方のポイント【葉物野菜3種】

お弁当や副菜など、濃い味付けの主菜の時は箸休めにもなる葉物野菜。 生で食べることも多いので鮮度だけでなく、甘みのある野菜を選びたいですよね。 スーパーでたくさん並んだ野菜の中から美味しい野菜を見つけましょう!

レタスは軽くてふわっとしたものがGOOD

Lu Mikhaylova/Shutterstock.com (20365)

via Lu Mikhaylova/Shutterstock.com
葉物野菜はできるだけズッシリとしたものを選ぶのが普通ですが、レタスは別。
レタスは萎れてくると重みを増すので、同じ大きさのものなら重いものは逆にNGです。
新鮮でシャキシャキとした食感の良さを求めるなら、葉にハリがありふわっとしたものを選びましょう。
また、小さいレタスは苦味が強いので、中玉以上を選びましょう。
半分にカットされているものなら判断しやすいですが、カット野菜の場合は難しいですよね。
葉が明るい黄緑色のものが新鮮です。
茶色や赤っぽく変色しているのは鮮度が落ちているのは分かりますが、緑色が濃いものも成長しすぎの証拠です。
選ぶときは注意しましょう。
保存するときは、芯をくりぬいて、濡らしたキッチンペーパーを詰めてラップや新聞紙で包み、冷蔵庫に入れましょう。

春と冬で選び方が違う!?美味しいキャベツの見極め方

Kawongwarin/Shutterstock.com (20366)

via Kawongwarin/Shutterstock.com
春キャベツはレタスのようにふわっとしたもの、冬キャベツはしっかりと葉が巻いてあるものが美味しいキャベツです。
水分をたっぷり含んだ、ずっしりと重い物を選びましょう。
外の葉が緑色で、切り口が茶色っぽく変色していないものが新鮮です。
葉は、濃い緑ではなく、鮮やかな緑色のものの方がえぐみがありません。
芯は500円玉サイズが理想。芯が太いものは葉が硬いことがあります。
半分などにカットされている場合は、芯が2/3ぐらいのものを選ぶと苦味が少ないですよ。
保存するときはレタスと同様にくりぬいた芯の部分にぬらしたキッチンペーパーを詰め、新聞紙に包んで冷蔵庫で保存します。

ほうれん草は美脚を選ぶべし!?

茎が太いほうれん草は成長しすぎている可能性があるので、茎は細く、短い物を選ぶのがポイントです。
根は赤く太いものが栄養価が高く美味しいもの。
茹でても煮崩れしにくい肉厚な葉を選ぶと食べごたえがあります。
鮮度を見るなら、葉に張りがあり、根っこが枯れていないか注意しましょう。
ほうれん草は、濃い緑より薄い緑色の方がえぐみが少ないので要チェックです。
保存するときは霧吹きなどで水をかけて新聞紙に包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫立てて入れます。
予め茹でておくときは、少し硬めにゆでることがポイントですよ。
JIANG HONGYAN/Shutterstock.com (20367)

via JIANG HONGYAN/Shutterstock.com
キャベツやレタスを保存するときは、外側の捨てる葉を使って包んでから新聞紙で巻くといいですよ。
成長しすぎた葉物野菜はえぐみや苦味が出てしまうので、緑色が濃ければ栄養があるとは限りません。
色々なポイントを重ね合わせたうえで選ぶようにしましょう。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

毎日食べる野菜だから美味しい物を見極めたい!野菜選びのポイントは?【根菜3種】

主菜はもちろん、ボリュームのある副菜やスープにも使える根菜類は常備しているという人も多いと思います。 一度に全部使い切ることが難しい根菜類はできるだけ鮮度の高い物を選びましょう。

実はあまり知られていない?素材の美味しさが際立つ青系野菜の選び方とは

アスパラやブロッコリー、アボカドは野菜そのものの味をダイレクトに感じるものだからこそ美味しい物を選びたいですよね。 でも実際は、葉物野菜のように選び方に詳しいという人も少ないのでは? アスパラ、ブロッコリー、アボカドの選び方をご紹介します。

【野菜別】新聞紙に包む保存方法。ねぎ・さつまいも・人参を長持ちさせよう

野菜を保存するとき新聞紙を使うことは知っていても、具体的にどのような方法をとればいいのか迷う方も多いはずです。ねぎ、さつまいも、人参と異なる方法をとる野菜を例にとって、新聞紙を使った保存術を見てみましょう。

品種の多さは果実ナンバーワン!甘くて熟した食べごろのぶどうの選び方

秋なるとスーパーやフルーツ店の店頭にはずらりとぶどうが並びます。デラウェアやマスカット、巨峰など定番のぶどうから初めて聞く新品種のぶどうまで、どれを買おうか迷ってしまうほどです。失敗のない美味しいぶどうの選び方についてご紹介します。

着色料不使用!野菜がたっぷり摂れる、体に優しいカラフル餃子

【動画】野菜ペーストを皮に練り込んだ、もっちもちのカラフル餃子♪ひと口サイズで見た目も可愛く、さらに野菜がたっぷり入っているから体にも優しい餃子です!見た目が地味なイメージの餃子だけど、こんなに可愛くてカラフルな餃子ならパーティー料理としても使えますよ♡

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター