2016年7月22日 更新

3ステップで簡単♪電子レンジで「いんげん」の下ごしらえ・冷凍保存する方法

生の「いんげん」を買ってきたはいいものの、どうやって調理したらいいのか分からない。そんな時に活用頂くため、基本の下ごしらえと保存方法をまとめました。冷凍保存しておくといつでも使えてとても便利。安売りしている日にまとめて作ってストックしましょう。

ステップ1:水洗い・筋をとって下ごしらえ

Marie C Fields/Shutterstock.com (21773)

via Marie C Fields/Shutterstock.com
買ってきた「いんげん」を水洗いして水気をとります。かたい筋があったら、両端を切って筋をとります。おった時に筋がつながった状態になるので、そのまま引っ張るだけ。すっと簡単にとれるので難しいことはありません。スーパーで売られている「いんげん」には、筋がないものもあります。1本試しに折ってみて、筋がないようならそのまま使って大丈夫です。ただし、かたい両端部分は切り落とすこと。はじの5mmくらいを包丁でカットし、長さをそろえれば、下準備の完了です。

ステップ2:耐熱皿で2〜3分レンジにかける

Kostenko Maxim/Shutterstock.com (21774)

via Kostenko Maxim/Shutterstock.com
下準備が終わった「いんげん」をもう一度軽く水に通して、耐熱皿に乗せてください。ふわりと空気を入れこむようにラップをかけて、そのままレンジで温めます。かためがお好みなら2分・やわらかめがお好みなら3分くらいが目安です。そのまま胡麻和えやサラダにして食べるなら、3分加熱がおすすめです。ソテーやフライにするなど、後から調理する場合には2分くらいがちょうどいいと思います。時間の具合が分からないなら、ややかためにしあげておくこと。ちょっとかたいと感じたら、もう一度火を通せば大丈夫です。レンジから出したら、すぐに冷水につけること。水で「いんげん」がしまり、色鮮やかなグリーンになります。

ステップ3:フリーザーパックに入れて冷凍

OnlyZoia/Shutterstock.com (21775)

via OnlyZoia/Shutterstock.com
レンジで下ごしらえしたインゲンは、冷蔵で2〜3日は持ちます。使い切れない場合は、変色する前に冷凍がおすすめ。水気をしっかり切ってフリーザーバッグに入れて冷凍します。冷凍する前に3cm角に切っておくと処理が楽です。離乳食に使うなら1cmくらいがいいかも。自然解凍すると、そのままお弁当の彩りとして使えます。煮物にするなら凍ったままお鍋に投入。炒め物もそのままで大丈夫です。下処理をすませてあるから後の作業がとても簡単。和食にも洋食にも使える便利な彩り野菜です。
グリーンの野菜がちょっと入るだけで食卓が華やかになります。ハンバーグ・焼き肉の彩りとしてお皿に添えてみてください。カレーやスープの具材にするのもおすすめ。どんな料理ともマッチする便利さが魅力です。電子レンジで調理して栄養素をぎゅっと濃縮。ビタミンをちょっとでもとりたい時に、ぜひ活用してみましょう。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

そんなこと出来るの!?賢い主婦から教わった意外な電子レンジ活用術3つ

冷めたお料理を温め直したり下ごしらえに使ったりする電子レンジ、他にもいろいろな活用ができるって知っていますか? 賢い主婦が使っている「これは便利!」な活用法をピックアップして紹介します。

ニンニクも生姜もまとめて冷凍!冷凍保存しておくと便利な食材とテクニック

大量にまとめ買いをしてしまった食材や、使いきれなかったニンニクや生姜。そのまま冷蔵庫に入れておくと傷んでしまいますが、冷凍保存しておくとかなり便利!お弁当や副菜、一人暮らしのパパっとご飯にあると便利な食材の冷凍テクニックをご紹介します。

定番の電子レンジ時短術!でも何だかうまくいかないそのワケも解決!

電子レンジは冷たくなったものを温めるだけでなく、下ごしらえや調理にもピッタリですよね。 とはいえ、温め方にムラが出たり、中で食材が爆発してしまった経験をした人もいるのでは? お使いの電子レンジの特性に合った正しい使い方で時短のコツを掴みましょう!

お弁当にあと一品!副菜やおつまみにも♪電子レンジだけで作れる時短レシピ3選

お弁当を作っているとどうしても足りなくなる野菜を使って、もう一品! 電子レンジだけで作れるので、ガスコンロを全部使っていても大丈夫。 夕飯の副菜やあと一品に、冷蔵庫の中にある野菜を使って作れる簡単レシピをご紹介します。

にんにくの皮むき裏技3選。ツルっと薄皮がとれる快感・簡単テクニック

美と健康に役立つにんにくですが、皮むきが面倒です。長時間行うと臭いもなんだか気になって、他の家事が手につきません。そんなときに試してほしいにんにくの簡単・皮むきテクニックを紹介しましょう。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター