2016年7月21日 更新

美人おやつならドライアプリコットがオススメ♪あんずの美容・健康効果まとめ

美人を作るおやつと言ったらドライフルーツ。数ある種類の中でも、アプリコットがおすすめです。あんずの実には、女性にうれしい効果がたくさん。美容・健康に関する効能をまとめてみました。

コラーゲンを産み出し美肌に導くβカロテン

アプリコットには、βカロテンがたくさん入っています。βカロテンは、体内でビタミンAの働きをする栄養素。コラーゲンを産み出して、肌トラブルを防ぎます。ぷるぷるのお肌を作るには欠かせない栄養源。お肌にハリがなくなってきた・たるみが気になるなどと感じているならぜひ取り入れたい栄養素です。また、毛穴の汚れをきれいにして、色素沈着をおさえる働きもします。女性らしい白くて美しいお肌に憧れるなら欠かせない栄養素。紫外線やストレスでダメージを受けたお肌をクリアにして、トラブルレスな素肌にします。抗酸化作用が強いので、お肌の老化が気になる年代の女性にもぴったり。いつまでもきれいで若々しいお肌を維持したいならドライアプリコットがおすすめです。
Image Point Fr/Shutterstock.com (21706)

via Image Point Fr/Shutterstock.com

ドライフルーツにすると鉄分量が約8倍になる

gresei/Shutterstock.com (21713)

via gresei/Shutterstock.com
さらにすごいのが鉄分含有量。ドライアプリコットには、生の状態の約9倍もの鉄分が入っています。貧血・ふらつきに悩んでいる女性にはぜひ食べてほしいおやつ。小腹が空いたときにつまむだけで、必要な栄養を補給できます。貧血防止には適度なタンパク質も不可欠。ヨーグルトに混ぜて食べれば、栄養たっぷりのヘルシーな朝食になります。甘酸っぱい酸味とヨーグルトのまろやかさがマッチして食欲がない寝起きにもぴったり。毎日の習慣にして健康的で美しい毎日を作りましょう。

便秘を解消して腸内環境を整える作用

crabgarden/Shutterstock.com (21716)

via crabgarden/Shutterstock.com
ドライフルーツと言えば、便秘解消効果も見逃せません。食物繊維がたくさん入っていて、お通じを改善します。あんずの場合は、同じくお通じ改善に役立つソルビトールもたっぷり。乾燥させるときにぎゅっと凝縮されるため、生の状態より高い効果を期待できます。日本人は慢性的な食物繊維不足になっていると言われています。おやつで必要量を補ってあげると、すっきり習慣が身に付くはず。お通じのリズムが良くなると、肌荒れ・ぽっこりお腹も解消されます。腸内環境が体内年齢に影響するという説もあります。いつまでも若々しくきれいな身体でいたいなら、腸をきれいに保つこと。あんずのドライフルーツを取り入れて、乱れた腸内リズムを整えましょう。
他にも、疲労回復・滋養強壮・高血圧予防などたくさんのメリットがあります。砂糖たっぷりの甘いお菓子を食べるよりずっとヘルシー。腹持ちが良いので、ダイエット中の間食にも向いています。食べてきれいになる美人おやつは「ドライアプリコット」で決まり。オフィスのキャビネットに常備して、賢くきれいになりましょう。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

韓国女性のお肌がきれいな秘密♪女性にうれしいニンニクの美容パワーを知りたい

韓国の女性のお肌って、なんであんなにきれいなのか不思議ですよね。 オルチャンたちの美肌を作るニンニクの効果・効能を紹介します。

お手頃価格のヘルシー食材♪鯵(アジ)の美容・ダイエット効果がスゴすぎる

日本人の「魚離れ」が深刻になっています。 生の魚を買ってきて食べたのはずっと前という方も多いのではないでしょうか。 ここでは、アジの美容・ダイエット効果について紹介します。 知ればきっと食べたくなる、鯵のまめ知識を見てみましょう。

美容にも効果的!お酢の驚くべき効果とは…

お酢は疲労回復だけではなく、美容やダイエットなどにも効果があるんです。知っているようで知らないお酢のパワーをご紹介します。

和菓子であって和菓子じゃない。ラム酒香る"ドライフルーツ羊羹"

【動画】あっさりとした甘さの羊羹に、ラム酒で香りづけしたいちじくやフランボワーズなどのドライフルーツ、そして香ばしいクルミがゴロゴロと入った"和菓子であって和菓子じゃない"スイーツです。切った時の美しい断面に感動しますよ♪お茶やコーヒーとも合いますが、ウイスキーやワインなどの洋酒とも相性ぴったりです!

大豆を食べて内側から美しく。美容食材「大豆」の効果・効能を見直してみよう!

女性ホルモンをアップさせたりお肉の代わりに使ってカロリーダウンできたり。大豆が美容にきくというのは、もはや常識になっています。何となくわかっているつもりの大豆の効果・効能を今一度復習してみましょう。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター