2017年4月13日 更新

春の山菜をどうやって楽しむ?定番の「ふきのとう・わらび・うど」の美味しい食べ方

春になると食べたくなる自然の恵み、山菜ですが、実家や親戚からどっさり送られてきて困った経験はありませんか?山菜で定番の「ふきのとう、わらび、うど」を3つまとめて、下処理と美味しい食べ方をご紹介します。

ふきのとうはやっぱり天ぷら?大量消費するなら

F_studio/Shutterstock (34498)

天ぷらにする場合は、土を洗い落とすようによく洗ってから油で揚げればOK。おひたしや和え物にする場合はしっかりアク抜きをする必要があります。

【アク抜きの仕方】
ふきのとうの茶色い葉と、断面の黒く変色したところは切り落とします。土付きの場合、根元に土が入り込みやすいので、逆さにして少し振ってみましょう。採れたてのふきのとうであれば、水に漬けて一晩アク抜きをすれば大丈夫。少し時間が経っている場合は、沸騰したお湯に塩を入れて3~4分ほど茹でた後、冷水にさらしてそのまま一晩しっかりアク抜きをしましょう。

【料理メニュー】
天ぷら、お浸し、和え物などがあります。バターやオリーブオイルなどでソテーすれば主菜の付け合わせにも。大量消費するなら、ふき味噌にすれば長期保存できます。

わらびはアク抜きをしっかりすることが重要!

JIANG HONGYAN/Shutterstock (34499)

わらびはしっかりアク抜きをしないと中毒症状を起こしてしまう場合があります。でも、しっかりアク抜きをすれば安心して食べられますよ。

【アク抜きの仕方】
わらび100~200gに対し、1Lの水、大さじ4の小麦粉、小さじ2杯の塩を用意。水に小麦粉と塩を混ぜてから火にかけ、沸騰したところにわらびを入れて弱火にし、3~4分ほど茹でたら冷水に浸け、10分~1時間ほどさらして、しっかりアク抜きをしましょう。

【料理メニュー】
パスタや味噌汁の具、山菜ごはん、醤油和え、お浸し、天ぷらなど。

うどは部位ごとに使い分けるのがコツ

karins/Shutterstock (34500)

うどは細長い山菜なので、根元と葉先では違う食べ方にする楽しみ方があります。採れたてのうどは生のままでも食べることができますが、時間が経つとアクが出てくるのでちゃんと下処理をしましょう。

【アク抜きの仕方】
包丁の背で産毛を削げ落とし、皮を厚めに剥き、ひたひたになるくらいの酢水にさらします。(水2カップに対し、酢小さじ1が目安)アクが苦手な場合、酢水を洗い流してサッと茹でましょう。茹で過ぎるとシャキシャキの食感がなくなってしまうので注意。

【料理メニュー】
生の場合は、酢味噌和え、サラダや酢の物に。加熱する場合は、煮物や澄まし汁などがオススメです。穂先は天ぷらに、皮はスライスしてきんぴらにすれば残さず食べきることができます。
山菜はちゃんとアク抜きをしないと食べにくいだけでなく、中には中毒を起こしてしまうものもあるので気をつけましょう。とはいえ、しっかりアク抜きをすれば大丈夫。あまり神経質になりすぎず、春の味覚を楽しみましょう。

thumbnail picture by bonchan/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

山菜なのにお餅にもなる“わらび”の不思議と美味しい食べ方の秘密

独特の苦みと香りが大人の春の山菜“わらび”。 でも、わらび餅になると山菜ならではの独特の風味も香りも感じられないのは不思議ですよね。 一体どのような秘密が隠されているのでしょうか。

オススメしたい!夏の大定番★大人も子どもも喜ぶ「とうもろこし」の美味しい食べ方

あま~い夏の味覚の一つ「とうもろこし」!大人から子どもまで、人気の野菜ですよね。でも、蒸すだけ、焼くだけという食べ方だけではもったいない!?おかずやおつまみにもなる変幻自在な美味しい夏メニューをご紹介します。

魚をきれいに食べたい!人に見られても恥ずかしくない上手な魚の食べ方

大切な人と食事に行って出てきた魚料理に戸惑ってしまった経験はありませんか?魚を上手に食べるのがどうしても苦手な人は、食べ終わったお皿の中は骨と皮でぐちゃぐちゃになりがちです。魚をきれいに食べるためのコツをレクチャーします!

旬のブドウを料理しよう! 葉っぱまで美味しいブドウが活躍する料理?

そのまま食べても美味しいブドウ。あんまり工夫して食べることが少ない果物の一つかもしれませんが、ちょっと一手間加えるだけで、簡単美味しいアイデア料理がたくさんあるんです!ブドウの葉を使った異国のお料理もご紹介します♪

どうやって食べる?炒めるだけじゃない空心菜の美味しいアイデアレシピ

空心菜といえば、炒めものにして食べるのが定番ですよね。でも、炒めるだけじゃもったいない!空心菜の美味しい食べ方はもっともっとあるんですよ。空心菜を炒める以外の食べ方をご紹介します。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター