2016年2月29日 更新

あなたも魔法使いになりませんか? オリジナルブレンドでハーブティーを楽しもう!

気軽に薬草の効能を得られる、ハーブティー。身体の芯から凍えてしまう、寒い季節には欠かせない飲み物です。毎日のように常飲している人も多いと思いますが、そのほとんどが既に複数のハーブでブレンドされたものではないでしょうか。しかし、何千種類とあるハーブの組み合わせ方は自由自在。ちょっとしたコツさえ掴めば、あなたの求める効能や風味に応じて好きなようにブレンドできるのです。その様はまるで魔法使い! ハーブティーをより楽しく、より美味しく。今年はもう一歩先に進んで、味わってみませんか

まずは2〜3種類からブレンドしよう!

JurateBuiviene/Shutterstock.com (17155)

via JurateBuiviene/Shutterstock.com
ハーブは、大きく2種類に分けられます。
ローズ、ペパーミント、レモングラス、ハイビスカスなど、味や香りがはっきりしているもの。ストレートで楽しむこともできます。また、ローズヒップ、マリーゴールドなど、効能が特徴的なもの。こちらは、単体で使うとあまり美味しくないので、ブレンド向きです。これらの中から、まずは2〜3つを選んでブレンドしてみましょう。

ポイントは、下記の3つ。
1.香りの強いものは少なめにする。
2.実や根は少なめに、花や葉は多めにする。
3.味・風味・効能を補完し合えるハーブを選んでブレンドする。

香りが際立つ種類を組み合わせると、味にばらつきが生まれます。
また、実や根のハーブは、効能こそ強いですが、苦味も強いのが難点。それを補うように、香りの強い花や葉のハーブを加えましょう。互いの効能を引き立て合えるものを組み合わせると尚良しです(オススメのブレンドは下記参照)。とはいえ、ときには"毒"にもなるのがハーブの怖いところ。例えば、パセリ、セージ、ローズマリー、タイムは、薬効が強いので妊娠中の摂取は危険です。普段は天使でも、状況が変われば悪魔にもなる。初心者のうちは、専門店で購入するとき、スタッフさんに効能・副作用を確認するようにしましょう。

女性の"身体"に美味しい、オススメブレンド。

selinofoto/Shutterstock.com (17158)

via selinofoto/Shutterstock.com
1.ジンジャー×シナモン
冬場に冷え性で悩む人はもちろん、夏場の冷房病対策にもオススメ。
血の流れを助け、身体を温める作用がある"ジンジャー"を使います。単体で使うには少々辛すぎるため、ほんのり甘い風味の"シナモン"を合わせましょう。分量としては、ジンジャー1に対して、シナモン2(スティックタイプなら、1人分で1/2本が目安)。発汗や代謝をよくする効能があるので、ダイエット効果にも期待できますよ。
Kostiantyn Ablazov/Shutterstock.com (17160)

via Kostiantyn Ablazov/Shutterstock.com
2.ローズ×カモミール×ラズベリーリーフ
生理痛、生理不順、冷え性対策など、女性に嬉しいブレンド。
ホルモンのバランスを整える"ローズ"、生理不順や冷え性に効く"カモミール"、生理痛や更年期障害に有効な"ラズベリーリーフ"、これらを1:1:1の割合で組み合わせます。特に、ラズベリーリーフは、子宮筋や骨盤の状態を正常にすることから「安産のティー」と称されるくらい女性に嬉しいハーブ。見た目が華やかになるのもポイントです。

これら以外にも、ブレンド方法は様々。
また、どのハーブの割合を多くするのかで風味が違ってきます。「もう少し、香りが強いほうがいいかも......」と思うなら、花や葉のハーブの分量を多くしましょう。自分の好みの味を探すのも、楽しみのひとつですよ。

ハーブティーの淹れ方と保存方法。

dasytnik/Shutterstock.com (17163)

via dasytnik/Shutterstock.com
使用するハーブの量は、1人分=ティースプーン山盛り2杯。
ただ、形や大きさが異なるため、風味にこだわるのであれば量りで計算するのがオススメです。淹れ方は、普通の紅茶と同じ。下記の5ステップが基本です。

1.ポットとカップをお湯で温める。
2.お湯を捨てて、ハーブをポットに入れる。
3.お湯を静かに注ぎ、香りが逃げないようにすぐ蓋をする。
4.目安として、花・葉=3〜5分、実・根=5〜7分、蒸らす。
5.茶漉しを通して、カップに注ぐ(ガラス性のほうが綺麗)。

ハーブティーの原料となる"ドライハーブ"の保存方法も記しておきましょう。
保存する上でのポイントは、「空気に触れさせない」「涼しい場所に置く」「湿気を寄せ付けない」「直射日光に当てない」「臭いを移さない」の5つ。使用する容器は、美しいハーブを眺められる透明のガラス性やプラスチック性がオススメ。保存場所を間違えなければ、ちょっとしたインテリアにもなりますね。とはいえ、いくら密閉されているとしても自然と劣化していくので、美味しく飲むためにも早めに使い切るか、使い切りやすい量を購入しましょう。

私達の健康的な生活に欠かせないハーブ。

ハーブの歴史は古く、活用し始めたとされるのは人類誕生のとき。
その後の東洋医学や現代の西洋医学においても、合成薬の多くは薬草が原料です。ずっと昔から、私達の健康的な生活を支えてくれていたんですね。ドライハーブは、専門店で10g単位から購入可能。今週末にでもお散歩がてら、ふらりと訪れてみてはいかがでしょうか。

thumbnail pictures by Alexander Raths /Shutterstock.com
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

炭酸水メーカーで簡単!オリジナルのスパークリングドリンクを作ろう

幅広い世代に愛されてきて健康にも良いと言われている炭酸水。そんな炭酸水をお店で買ってこなくても、自宅で手軽に作れるアイテムがあるのをご存知ですか?これさえあれば、オリジナルスパークリングドリンクが手軽に家庭でも楽しめます。

チョコレートは美容・健康の強い味方!「神様の食べ物」カカオの栄養成分と効能

はるか昔から、「神様の食べ物」として人類に愛されてきたカカオ。チョコレートやココアとして親しまれているとても身近な存在ですが、ただ美味しいだけではないんです。美容や健康を助ける、優れた栄養成分とその効能をご紹介します。

米粉と豆乳で優しい味わいに♡ほうれん草のクリームパスタ

【動画】クリームソースといえば小麦粉・牛乳・バターなどを使って作るイメージですが、今回は米粉と豆乳で優しい味わいに!小麦粉と違って米粉はダマにならないので、失敗しませんよ♪風味付けにはタイムをたっぷりと使って、香り豊かなクリームパスタに仕上げました!お腹も心も満たされる「ほうれん草のクリームパスタ」です。

これで食欲の秋も怖くない!?秋の味覚を味わいながら美味しく楽しくダイエット

ダイエッターにとっての脅威…それは「食欲の秋」!新米の炊き立てご飯に脂ののったさんま…。たまらないですよね。しかし夏の減量が、秋でリバウンドしたらすべての努力が水の泡。そこで今回はダイエットをサポートしてくれる秋の食材をご紹介しますね。

ヘルシーな健康食材としてお馴染みの「豆腐」を使ったオリジナルレシピ♪

日本料理に欠かせない食材、豆腐。とてもヘルシーで身体に良い大豆製品ですが、毎回味噌汁や冷や奴にするだけでは飽きてしまいますよね。そこで今回は、豆腐を使ったオリジナルレシピをご紹介します!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部