2017年6月4日 更新

子どもと一緒に作れる包丁要らずの簡単料理♪興味を刺激する食育

「食育」という言葉だけでは難しそうなイメージですが、お料理しながら教えるというのも楽しいテクニック。子どもと一緒に作業をすることは、コミュニケーションも増えていいことだらけ!初めての料理は包丁を使わないレシピから挑戦してみましょう!

まずは「乗せるだけ」でできる簡単レシピで楽しく!

goodluz/Shutterstock (36149)

初めてのお料理なら、乗せるだけでできるお料理からはじめてみましょう。バゲットやクラッカーなどの上に、ツナマヨや明太マヨなどを乗せて、プチトマトで仕上げるだけ。バゲットなどは大人が手伝って切ってあげるのもいいですが、パン屋さんで買うときに言えば切ってくれるところもあります。「全部自分でやりたい!」と言い出される前に済ませておいた方が安心です。

また、ツナマヨや明太マヨはマヨネーズと混ぜ合わせるだけなので簡単なうえ、子どもも大好きな味なので、完成したあとも美味しく食べることができるので一石二鳥!ポイントは子どもが食べたいものを作ることなので、子ども用のレシピを中心に考えてみましょう。また、そうめんやお蕎麦など「冷静麺」を使ってトッピングをお手伝い!麺つゆをかけて、刻みネギと鰹節を乗せて、ノリは手でちぎって入れて盛り付ければ完成です。

握らなくていい「おにぎり」が楽しいレシピ

Alena Ozerova/Shutterstock (36150)

主食となる料理を任せると達成感があるのでオススメ。「おにぎらず」は海苔の上にご飯と具材を乗せてパタンと二つ折りにするだけなのでとても簡単!ですが、やっぱり「三角のおにぎり」に憧れる子どもの気持ちも分かりますよね。

まずは「立体」で作れるようになることからはじめるために、2つのお茶碗を使ったコロコロおにぎりからはじめましょう。お茶碗のおにぎりになるご飯の半分を入れ、具材を中心に乗せて、さらにご飯を被せてたら上からお茶碗をまた重ねてフリフリするだけ♪100円ショップなどに行けば片手でフリフリできるものもありますが、大きなおにぎりを作りたい時はお茶碗を使うといいでしょう。

落としても割れないプラスチックのお茶碗やお椀を使うと安心です。できあがったら海苔を巻いたり、顔を作ってみてもいいでしょう。100円ショップで顔の形に抜ける海苔の型抜きもあるので上手く使ってみましょう。

「混ぜる・こねる・焼く」でバリエーション豊かに!

Rawpixel.com/Shutterstock (36151)

大人も子供もストレスなく作れそうな料理が、混ぜる、こねる系の料理。大人が子どもと一緒に作る料理は、主役はあくまでも子どもと思わせることが大事なので、あまり口出しせずに済むものからはじめてヤル気を削がないことが大切です。

ホットケーキミックスやお好み焼き、たこ焼きなど、粉と卵を混ぜる料理も「お料理をしている」という実感があります。卵を割って入れて混ぜる、お砂糖を入れて混ぜるなどの作業を任せている間に、大人は具材を切るなどの「お手伝い」に回りましょう。粘土遊びの延長として無理なく手伝えるのが、こねる作業です。クッキーやハンバーグの生地を混ぜたりこねたり伸ばしたりするのもいいでしょう。

ホットプレートやたこ焼き器を使う以外に、フライパンを使って焼くときは大人がサポートしてお手伝いをしてあげてくださいね。
包丁を使わなくても子どもと一緒に作れるお料理はたくさんあります。混ぜる作業が必要なお料理のときは、「秘密の隠し味」を教えてあげるのも、お料理が楽しくなるアイデアの一つ。一緒に作れるお料理レシピで食育に挑戦してみましょう。


thumbnail picture by George Rudy/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

どうして食べてくれないの!?ついイライラしちゃう子どもの好き嫌いが多い理由

ピーマンが嫌い。トマトが嫌い。しいたけが嫌い。「一生懸命作ったのにどうして食べてくれないの!?」と、ついイライラしてしまうこともあると思います。大人や親は食べられるのに嫌がる子ども。どうして子どもは好き嫌いが多いのでしょうか?

アク抜きってした方が良いの?そもそもアクって何?食べ物から出るアクの正体

食材を茹でたり煮たりすると出てくる「アク」。「アクって一体何?」「アクは身体に悪いって本当?」など、色んな心配事はありますが、実際のところどうなんでしょうか?知っているようで知らない「アク」のことを知ってもっと料理上手になっちゃいましょう!

料理下手な人がやりがちな失敗って何?料理上手な人に学ぶ料理のコツ

料理が下手な人がやりがちなことは、料理上手な人はやっていないことかもしれません。もしかしたら、ちょっと勘違いしていることがあるかも?料理下手な人がやりがちなことって何?料理上手に近づくためのコツをご紹介します。

暑い日は火を使わないご飯メニューがありがたい!火を使わなくても作れるおかず

暑い夏の日はできるだけ火を使わない料理が便利ですよね。「メニューに限界がありそう」「飽きてしまいそう…」と思うかもしれませんが、ちょっとしたコツさえつかめば簡単に作れるお料理はたくさんあるんですよ♪

やらなくても変わらないなんて嘘!ちょっとひと手間で料理がさらに美味しくなるコツ

時短レシピや手抜き料理、ズボラレシピなどなど…世には多くの簡単レシピが溢れています。でも、手間を省いた分だけ「ちょっと足りない」「もう少し何とかならないかな?」と思ってしまうことも。ちょっとひと手間で美味しくなるコツ、見直してみましょう!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター