2015年4月15日 更新

自分で作るカレンダー『チョークボード』の全てをお届けします!

【動画】最近洋服屋さんからカフェまで使い方は色々ですが、見かけることが多いチョークボード。このチョークボードでずっと消したくなくなるおしゃれなオリジナルカレンダーの描き方をご紹介します!

自分でデザイン!チョークボードカレンダー

1年のはじまりである1月。これからはじまる1年間を毎日大切に過ごせるように、「365日を自分でつくるカレンダー」をチョークボードで作りました。

今回のチョークボードカレンダーづくりでは、レタリングの書き方や、チョークのお手入れの仕方など、ずっと使える技術の動画を、みなさまにお届けします!

チョークボードカレンダーのつくり方&ポイント

1.WEEKDAY or WEEKEND?
1ヶ月のカレンダー、週末だけのカレンダー、Wish Listやテーマがあるカレンダー。毎日見たくなる自分だけのカレンダーを想像して、テンプレートとデザインを決めます。


2.グラファイトペーパーを使いこなす
お気に入りのテンプレートとデザインを転写する際に使う、グラファイトペーパーは常にシワなく真っ直ぐに。直線や複雑なデザインも、グラファイトペーパーと上手く付き合おう。


3.水で消える白チョークペンを使う
えんぴつで転写した線を黒板用の白チョークペンでなぞります。間違えても水で消えるから安心!ちょっとはみ出た時には水でひたした綿棒で修正できます。


4.レタリングは強弱と方向と高さ
一見難しく見えるチョークでのレタリング。実は「強弱」と「チョークの向き」「文字の高さ」さえ気をつければ、誰でも簡単にレタリングをマスターできます。まずは2本の線を引き、すべての文字をその線の間にいれます。上下の直線上に、文字の上下が重なるように書くのがポイント。位置が決まったら文字を太くする部分を先に決め、塗る時は、同じ方向に流れるようにチョークでなぞるとムラがなくなります!


5.チョークボードのお手入れをする
はじめて書く黒板は、まずチョークの粉がついた黒板消しで汚すこと。表面が凸凹しているのでチョークの粉で平らにしてあげてから、チョークで書いてあげると、消えやすいので黒板を傷つけず長持ちします。
小さくなったチョークは、肥料でエコに。今回asami先生がご用意したチョークは、貝殻の粉でできているのでカルシウムがたっぷり!小さくなったらそのままお庭や植木鉢にそっと入れてあげたら、肥料として最後まで使っていただけます♩


みなさん、今週末は何しよう?
楽しい日も悲しい日も、1日1日が自分をつくってくれる。そんな大切な毎日をどうやって過ごすかは自分次第!1月は、毎日見たくなるカレンダーを作ってみるのはいかがでしょう。


それでは次のGreen Weekendもお楽しみに♩



<Green Weekend とは>
誰にでもある小さなWISH LISTを叶えるワークショップを、毎週土曜日に開催しています。Green Weekendのご参加は、NEXTWEEKENDのLETTERページからご予約い­ただけます。
http://nextweekend.jp/letter/2037
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

奥沢のチョコレート職人が作る1日限りのチョコレートパーティー

【動画】あま~い香りに包まれながらチョコレートの作り方を目の前で見ることができる特別な日。1日限りのチョコレートパーティーにみなさんをご招待!

とっておきの『パニーニ』作り!パンの焼き方からラッピングまで。

【動画】朝ごはんにオススメな焼き目がくっきり!パニーニの作り方。グリルパンを使ってパン選びから可愛い包み方までパニーニの全てをお届けします!

春の草花を上手に使ったお家にかざれるフラワーブーケ作り

【動画】玄関を春にしてくれるフラワーブーケ。好きな花をお花屋さんで探してふんわりとしたブーケを作りましょう。紐の長さで飾る場所を変えれるので飾りたい場所に合わせて作って下さい。

身体の中からキレイになれる朝食【Beauty Plate】づくり

【動画】ちょっと食べ過ぎてしまって疲れたお腹の小休憩。いつものご飯をちょっと工夫してみましょう。栄養たっぷりで身体の中からキレイになれるBeauty Plateづくり。

クリスマスまであと何日?アドベントカレンダーで毎日ひとつずつワクワクを!

冬が近づくと待ち遠しくなるクリスマス。そんなクリスマスまでの日数を数えるためのカレンダーがアドベントカレンダーです。今回はアドベントの意味や簡単にできるアドベントカレンダーの作り方などをご紹介します。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部