2017年6月7日 更新

切り方を変えれば好き嫌いが減る!?知っておきたい切り方で味が変わる食材

いつもと切り方を変えるだけで、味が変わる食材があるってご存知でしたか?お肉や魚もその一つではありますが、野菜類はその違いが明らか!もしかしたら野菜嫌いの子どもたちも、野菜の切り方を変えたら食べられるようになるかも…!?

どうして野菜の切り方で味が変わるの?

Evgeny Atamanenko/Shutterstock (36211)

野菜が嫌いな理由を細かく分析すると、味や香りなど様々な要因があります。特に、辛味、酸味、苦味は子どもが苦手とする味覚でもありますよね。

子どもたちは大人に比べて味覚がまだまだ繊細なので、大人が感じている味覚とはまた違うということも覚えておかなくてはいけません。

また、単純に「食べ慣れていない食べ物=まずい」と感じてしまうこともあります。でも、何度か食べるうちに慣れてくる食材って大人でもありますよね。そのため、味に慣れるまでな色んな工夫をして食べさせることが大事。その一つが「切り方」です。

繊維質な野菜は根から葉の先端へと繊維が流れています。その繊維を断ち切るか、繊維に沿って切るかでは味が変わってくるんです。

野菜は繊維に沿って切るか、断ち切るように切るか

Nattika/Shutterstock (36212)

野菜を千切りにするとき、縦に割ってスライスしてから千切りにするか、斜めや丸い形のままスライスしてから千切りにするか、人によってやり方が違うと思います。同じ千切りでも、繊維に沿って包丁を入れるか、繊維を断ち切るように包丁を入れるかで味が変わってしまうんです。その代表的な野菜が、「大根・人参・キャベツ・きゅうり」です。

大根や人参、キャベツは繊維に沿って切るのがオススメ。繊維を断ち切ってしまうと苦みやエグみが出てしまうことがあります。特に大根は、丸くスライスしてから千切りにすると、繊維を断ち切ってから千切りすることになるので、苦みを感じる領域が増えてしまうことになります。

人参や大根は縦に割ってから千切りにするのがオススメです。逆にキュウリは水分が出ることで甘みを感じるので、丸いスライスにするか、斜め切りのスライスにしてから千切りにしてみましょう。トマトも横スライスがオススメです。

玉ねぎの横スライスが良いのは大人だけ?

denio109/Shutterstock (36213)

「玉ねぎは横スライスにすると体にいい」というのを聞いたことはありませんか?縦スライスに比べて健康にいいといわれていたこともあって、サラダにして食べるときは横スライスにして食べていたという人も少なくないと思います。しかし、玉ねぎの横スライスは苦みや辛みが出る切り方なんです。

玉ねぎも他の野菜と同じように縦に繊維が走っているので、繊維を断ち切ることで細胞が壊れ、苦みや辛み成分が出やすくなってしまっているんです。水にさらせば辛みは軽減されるかもしれませんが、野菜嫌いの子どもに食べさせるという目的であれば不向き。

一番食べやすいのはみじん切りですが、スライスにするなら繊維に沿って薄く切ってあげる方がいいでしょう。
ピーマンも横にスライスするより、縦に割って縦スライスにした方が苦みを感じにくくなります。野菜の切り方を工夫して、子どもたちと一緒に「この切り方ならどうかな?」とチャレンジしながら苦手を克服してみてはいかがでしょう?食べ物の不思議を学んで食育に繋げてみましょう。


thumbnail picture by Tatyana Dzemileva/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スイカの切り方どうしてる?食べるシーンに合わせてスイカを切るコツ

種がいっぱいのスイカはお客様に出しづらい?子どもに食べさせるとき、みんなで1玉シェアするときはどうする?ちょっとした心遣いが嬉しい♪スイカを食べるシーンに合わせて切り方を変えるコツをご紹介します!

実は味も違う!?そうめんと冷や麦の違いは太さだけじゃなかった!

「そもそも、そうめんと冷や麦って何が違うの?」「見た目一緒じゃない?」と思っている人も多いと思います。でも、実際はそうでないようですよ。日本人なら知っておきたい、そうめんと冷や麦に関する豆知識をご紹介します。

斜め切りしたキュウリとイカの中華炒めのつくり方

【動画】切り方を変えるといつもの料理がさらに美味しくなる!切り方レシピ第2弾。今回はキュウリとイカの切り方を料理研究家の小田真規子さんが紹介してくれます。小田式の切り方で料理が美味しく美しく変わります!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター