2015年4月10日 更新

お花のキホン。プレゼントされたら嬉しい「ブーケの上手な包みかた」

【動画】贈り物としてわたす事の多い花束。でもお花選びから包むまでとなるとちょっと難しいですよね。今回は自分好みの花束が作れるお花選びから上手な包みかたまでお届けします。

お花屋さんのようにできる可愛いブーケの包みかた

毎月、最初の週末は「お花」の日。ということで、Green Weekendではこれまでいくつものフラワーアレンジメントを学んできました。

卒業したり、新しいことが始まったり、立ち止まって自分自身を見つめ直してみたり・・・そんな新学期の最初の週末は、お花のキホン「ブーケの上手な包みかた」をマスターする時間をご提案。

ラッピングのコツを覚えたら、これからどんな人へ贈るお花も、自分で上手に包めたら素敵ですよね。

素敵なブーケを作るには

1.淡い色の花を束ねる
お花選びのコツは、淡い色のお花の中に1〜2色の刺し色を入れること。まずは刺し色以外のお花を手のひらの中で束ねてみて、全体のボリュームを確かめましょう。


2.刺し色の配置をきめる
手のひらでお花を束ねながら、どこが前にくるのかを決めましょう。ここで、刺し色になるお花を差し込んでいきます。配置が決まったら、崩れないように茎の先を紐で結びます。


3.長方形の布(紙)を用意する
もちろん、ブーケの包みは好きな色や柄を選んでください。用意した布(紙)をお花がすっぽり隠れる幅で長方形にカットしたら、少しずらして半分に折ります。


4.両側からつつみこむ
半分に折った布の中央に花束を配置し、茎の先にかぶせるように一回おりこみます。そのまま、左右から布を包み込むようにラップ!(ここはキツめに引っ張るのがコツ)茎の下方をリボンで結びます。


5.ブーケの淵をととのえる
仕上げにブーケの淵を好みの形にととのえます。そのままでもよし、中に織り込んでもよし、指先を使って少しふくらみをもたせても可愛らしい印象になりますよ。


これで完成!せっかく包んだブーケは、ドライフラワーならそのまま飾っておけます。もちろん生花でも、きっと素敵な贈り物になるはず。ぜひみなさんも、上手なブーケの包みかたを覚えみてくださいね。
それでは、来週のGreen Weekendもお楽しみに!



<Green Weekend とは>
誰にでもある小さなWISH LISTを叶えるワークショップを、毎週土曜日に開催しています。Green Weekendのご参加は、NEXTWEEKENDのLETTERページからご予約い­ただけます。
http://nextweekend.jp/letter/2037
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

春の草花を上手に使ったお家にかざれるフラワーブーケ作り

【動画】玄関を春にしてくれるフラワーブーケ。好きな花をお花屋さんで探してふんわりとしたブーケを作りましょう。紐の長さで飾る場所を変えれるので飾りたい場所に合わせて作って下さい。

香りで落ち着く素敵なお家へ。ワックスバーのつくり方

【動画】毎日過ごすお家だから香りって大事ですよね。落ち着く香りをお家の中にさせつおけば、ちょっと疲れてしまった身体も心もリラックス。「いい香り」だけではもったいないので見た目も可愛くおしゃれにアレンジしてお部屋のインテリアにしちゃいましょう。

使い慣れたキッチン道具を好きな色に塗って、自分だけのお気に入りの道具を作ろう♪

【動画】毎日使っている調理道具。気に入ってはいるけど、もっと可愛くかったら料理の時間がさらに楽しくなるのはず!!新しい道具をそろえるのもいいけど、自分好みのオリジナルを作ってみるのも素敵ですよ。

雨の日のお家でのたのしみ方、初夏を感じるドアリースづくり

【動画】6月のお出かけは突然の雨で中止に・・・なんてちょっと残念なこともある雨の多い季節。お家にいてもする事がなくてつまらないな~。ではもったいない!こんな時だからこそこの時期に咲くキレイなお花で初夏を感じてみませんか?

キャンプやBBQでちょっとみんなに自慢できちゃう料理の小ワザ

【動画】アウトドアが楽しめる季節。今年はいつもより少しおしゃれでごはんも美味しいキャンプやBBQをしてみませんか?ちょっとした小ワザを覚えたら友達から注目されちゃうかも!?

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部