2017年7月28日 更新

沖縄ご飯の「じゅーしー」って何?作ってみれば意外と簡単な沖縄風炊き込みご飯

沖縄には不思議な名前の美味しいご飯がたくさんありますよね。「毎月14日は“じゅーしーの日”」といわれるほど沖縄ではメジャーな食べ物「じゅーしー」。一体どんな食べ物なのでしょうか?美味しいじゅーしーの作り方もご紹介します。

「じゅーしー」は炊き込みご飯だけじゃない!?

RYUSHI/Shutterstock (38062)

沖縄県外で「じゅーしー」を説明するときは、一般的に「炊き込みご飯」とされますが、じゅーしーには「ヤファジューシー」と「クファジューシー(ボロボロジューシー)」の2種類があることはご存知でしたか?

ヤファジューシーはやわらかいじゅーしー、いわゆる「雑炊」や「おかゆ」のようなもので、クファジューシーは固いじゅーしー、つまり「炊き込みご飯」のことなんですね。クファジューシー(炊き込みご飯)は、元々冬至に食べる沖縄の行事食の一つだったのですが、今ではコンビニなどでもおにぎりにして売られているほど人気のご飯なんですよ。

クファジューシーってどんなものなの?

sunabesyou/Shutterstock (38063)

冬至に食べるクファジューシーは、里芋やサツマイモなどの芋類を入れる「チンヌク(里芋)ジューシー」が一般的のようですが、普段食べるじゅーしーなら里芋はなくても大丈夫。じゅーしーに入れる主な食材は、豚肉、人参、干しシイタケです。

レシピ上の注意点として、「シイタケ」とあっても、沖縄料理(琉球料理)では生のシイタケを使わず、干しシイタケを使うのが一般的だそうです。確かに、干したシイタケの方が旨みが凝縮されているので、濃い味付けの料理にはピッタリですよね。また、ご飯を炊くときは「豚出汁」か「鰹出汁」を使うのもポイントです。

中にはラードを入れるレシピもありますが、コクがあって濃厚な味付けになります。サラダ油でも代用できますよ。

“あじくーたー”なじゅーしーを作ってみよう

sasaken/Shutterstock (38064)

あじくーたーは、沖縄の方言で「味が濃い、濃厚な味」という意味です。じゅーしーは濃い味付けなので、冷めても美味しい炊き込みご飯。おにぎりにしても美味しくなります。

じゅーしーを作るときの分量はお米3カップに対し、豚肉150g、人参1本、干しシイタケ4枚、出汁3と1/2強カップ、塩小さじ2、醤油大さじ2、ラード(またはサラダ油)大さじ2が目安になります。

里芋を入れる場合は具材の量を全体で調整してみましょう。出汁は、豚出汁、昆布だし、濃いめに出した鰹出汁、椎茸の戻し汁など、お好みの出汁を使って作ってOKです。材料は全てみじん切りにして入れて炊き上げるだけ。里芋を入れる場合は、柔らかく茹でてから小さく刻んで入れてくださいね。
じゅーしーを食べるときの醍醐味はやっぱり“おこげ”!土鍋を使って気持ち長めに炊いてみると美味しいおこげができますよ。雑炊にするときは、ヨモギやもずくを入れるのが沖縄流。体調が悪いときは薬膳のような感覚で食べているようですよ。是非試してみてくださいね。


thumbnail picture by kariphoto/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スパイシーなご飯でスタミナをつけよう♪ジューシーな鶏肉とスパイスを炊き込んだチキンビリヤニ!

【動画】ビリヤニとは「お肉とスパイスの炊き込みご飯」で、インドやパキスタンでつくられるスパイシーな米料理のこと。まだ日本では馴染みが薄いのですが、インドのお祝いやお祭りに欠かせない、歴史のあるおもてなし料理なんです。漬け込んだチキンがとってもジューシー!お肉の旨みとスパイスの香りが口の中で広がります♪ライムやレモンを絞ってさっぱり仕上げるのもオススメです!

常夏の島沖縄のゴーヤチャンプルを作ろう!バリエーション豊かなゴーヤチャンプル

暑い夏を楽しむには食事から!やっぱり夏は常夏の島沖縄名物「ゴーヤチャンプル」が食べたくなりますよね。調べてみると、ゴーヤチャンプルと言っても、案外バリエーション豊富なんです♪基本のゴーヤチャンプルの作り方も合わせてご紹介します。

香り豊かな竹に包まれた、具だくさんでちょっぴり贅沢な中華ちまき

【動画】豚肉や野菜の旨味をたっぷり吸わせたもち米は、蒸しあげるとモッチリした食感で食べ応え抜群!香り豊かな竹の皮でギュッと包むと美味しさ倍増です。冷めても美味しいので行楽シーズンにピッタリ♪

スパイシーな香りと味が魅力!鶏肉のジャンバラヤ

【動画】スパイスをピリッときかせた赤い炊き込みごはんに、パリッと焼いた鶏肉をのせて。今日のレシピはアメリカ南部の郷土料理、いわゆるケイジャン料理の代表格である「ジャンバラヤ」。

ンスナバーって何!?沖縄特有の食材、うちなんちゅだけが知っている謎の食べ物とは

沖縄の食材で今や有名になったものには、ゴーヤーや島らっきょうなどがありますよね。でも、独特の方言で呼ばれている食材も数多く、本土の人間にとっては「それは一体なに?」と思うものもあります。そんなウチナーだけが知っている沖縄野菜をご紹介します。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター