2016年6月21日 更新

夏バテ予防にクエン酸!食欲がなくても食べられる酸っぱい食べ物3つ

クエン酸には、食欲増進・疲労回復効果があります。汗をかいて体力を使う夏にぴったりの栄養素。酸っぱい食べ物を日々の食事に取り入れると、大変な時期も乗り切れます。暑い時期におすすめしたい夏バテ予防に効く食べ物3つを見てみましょう。

夏バテ・熱中症予防に塩レモンがおすすめ

Photo_Pix/Shutterstock.com (23190)

via Photo_Pix/Shutterstock.com
レモン100グラムに入っているクエン酸は、約6グラム。飲み物にレモンを少ししぼるだけでも夏バテ予防効果があります。それでは少し物足りないという方におすすめの食べ方は、塩レモン。汗で失われたミネラルとクエン酸を、一緒に補給することができます。作り方は、とても簡単。レモンを適当な大きさに切って、塩と一緒にガラス瓶に入れるだけです。一週間から一ヶ月くらいそのままおき、レモンがしんなりしてきたら出来上がりです。パスタ・お肉・お魚など、どんな料理にも合う万能調味料。炭酸水と一緒にグラスにそそげば、手作りスポーツドリンクです。爽やかな香りが心地良く、だるいからだがすっきりします。

梅干しから手作り!梅肉ソースを作ってみよう

hungryworks/Shutterstock.com (23191)

via hungryworks/Shutterstock.com
梅干しも、クエン酸が多い食べ物の代表格。お弁当に梅干しを入れると、傷みにくくする効果もあります。そのまま食べてもおいしい食材ですが、梅肉ソースにしておくと便利。お肉・お魚の味付けにちょっと添えると、食欲がない時でも食べられます。食事の絶対量が減ってしまうと、エネルギー不足になります。暑い時期でも食べやすいさっぱり系の味付けは、夏ごはんにマスト。うどん・蕎麦など冷たい麺に添えても、とてもおいしく食べられます。梅をつぶして酒・白だし・みりんと混ぜると、簡単に梅肉ソースを手作りできます。市販のたたき梅を買うより安上がり。時間があるときに作って、冷蔵庫にストックしましょう。

朝食にグレープフルーツヨーグルトをプラス

Peredniankina/Shutterstock.com (23196)

via Peredniankina/Shutterstock.com
果物の中でもクエン酸が多いグレープフルーツ。同じく夏バテ予防効果があるヨーグルトと混ぜると、朝食の一品がすぐできます。冷たいものが食べたいときのおやつ代わりにもおすすめ。ビタミンCがたっぷり入っていて、日焼けしたお肌のシミ対策にも役立ちます。夏はお肌のターンオーバーが乱れやすい時期。適切な対策をしないと、どんどん老け込んでしまいます。体内の老廃物の排出を促すカリウムもたっぷり。年間通して健康で美しい身体でいたい女性の優れたサポート食材です。
食欲がないからといって何も食べないでいると、どんどん身体がだるくなります。暑い時期を元気に乗り切るには、食べやすい工夫をすること。コンビニのお弁当を食べるときにも、レモン・梅をちょい足しすると夏バテ防止効果があります。ご紹介したのは、どれも簡単に取り入れることができる食べ物。意識的にクエン酸をとって、夏バテ対策をして下さいね。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏バテには辛い食べ物が効果的って本当?今年の猛暑は辛いもので乗り切っちゃおう♪

夏は始まったばかりですが、もう夏バテ気味という人もいるのでないでしょうか。気温の上下や気圧の変化が激しい季節の変わり目は体調を崩しがちです。そんな夏バテ気味の身体には辛い食べ物が良いって嘘?本当?

体が喜ぶスタミナ薬膳スープ!骨付き鶏もも肉の参鶏湯

【動画】日本でも有名な韓国料理・参鶏湯(サムゲタン)。本場は鶏を丸ごと使って作りますが、日本のスーパーではなかなか手に入らないので、今回は骨付き鶏もも肉を使いました。骨付き鶏もも肉でもしっかり骨から旨味が染み出る!夏バテや風邪をひいた時にぴったりのメニューです。

食欲がない時でもツルッと食べれる♡さっぱりヘルシーな翡翠色のなすそうめん

【動画】翡翠のような色合いが涼やかな「なすそうめん」のレシピをご紹介します。なすにひと手間加えるだけで、まるでそうめんのようなさっぱりとした一品に!小麦粉を使用していないので、そうめんよりもヘルシーです♪なすの皮も無駄なく甘辛なふりかけにしました!

車酔いに効果的な食べ物があった!?逆に車酔いしてしまう食べ物とは?

レジャーや帰省などで長時間車に乗る機会が増えると思います。そんなときに気になるのが「車酔い」です。車酔いが気になる人は出かける前に食べるものにも注意した方が良いかもしれません。車酔いに効果的な食べ物と予防策をご紹介します。

野菜嫌いが解消するかも?子どもの食育にも良い「育てて、食べる」のススメ!

子どもの野菜嫌いを本気でどうにかしたいと悩んでいる親御さんもいると思います。「大人になったら自然と食べられるようになる」と言いますが、早めに好き嫌いを減らしてあげたいのも親心。そんな時は「食育」という観点から、野菜を一緒に育ててみませんか?

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター