2015年6月26日 更新

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.12

ワインを買いに行って「ビオワイン」という言葉を見ることはありませんか? 今日はこの「ビオワイン」についてお話したいと思います。

ビオワイン、有機栽培ワイン、オーガニックワインなど、様々な呼ばれ方をしています。
何がどうなの?!って困ってしまいますね。
これらのワインは単純に有機栽培された葡萄で造られているワインを指しています。

化学肥料の進歩の弊害

Liquid fertilizer applicationby eutrophication&hypoxia (8370)

via Liquid fertilizer applicationby eutrophication&hypoxia
1900年代の前半から、農作物の需要への安定供給やビジネスを優先させ、農薬や化学肥料の使用が多くなっていきました。
葡萄栽培も例外ではありません。
伸びていく経済がワイン需要やワインの流通機構の発展が後押し、求められるワイン供給に合わせて化学肥料や除草剤の使用が多くなっていきました。

化学肥料や除草剤の使用は土の中の微生物の生態系を狂わせ、本来持つ土壌の活力を低下させていきます。
その結果、葡萄の本来の美味しさは失われていき、その他にも味の薄く糖度が上がらない葡萄が実ってしまうという問題も出てきました。

その為、歪められてしまった生態系を戻し土壌の状態を回復させ、葡萄本来の味を取り戻そうという流れになっていくのです。

有機栽培認証組織

Stefano Lubiana Wines Tasmania Granton Vineyard by stefano lubiana wines (8373)

via Stefano Lubiana Wines Tasmania Granton Vineyard by stefano lubiana wines
化学肥料、殺虫剤、除草剤を使用することを止め、生態系や土壌の活力を元の状態に戻し、健康で安全な農作物を育てることを目的とし、有機栽培認証組織が発足していきました。

認証の基本は、最低3年間の「無農薬」「無化学肥料」「無除草剤」の3点です。
ワイン用葡萄栽培の場合は「無農薬」とはいっても、ボルドー液(硫酸銅と生石灰の混合液)と硫黄については例外として使用を認めています。
ボルドー液はベト病、硫黄はウドンコ病に有効です。
※べト病(Mildiou ミルデュ)
1878年ヨーロッパで発見されました。
湿度の高い地域で繁殖し、花や葉、果実に白いカビ上の胞子が付き、落花、落葉、落果させます。

※ウドンコ病(Oidium オイディウム)
北アメリカで初めて発生し、1850年にヨーロッパに広まりました。
生育中のブドウの果皮を、白い粉状の胞子で覆ってしまいます。
果肉は成長を続けるのでブドウの果粒が裂かれ、腐敗の原因になります。
開花時に硫黄を含んだ農薬を散布して防ぎます。
Projet 365 - 009/365 by Supernic (8376)

via Projet 365 - 009/365 by Supernic
AB (Agriculture Biologique アグリクルチュール・ビオロジック)
フランス政府が1981年に指針を制定し、1985年以来国家によるオーガニックの認定としてこのロゴが使われています。
オーガニック材料を95%以上含み、EU圏内で生産または加工されたものに限られています。
Biodynamic wine by deege@fermentarium.com (8378)

via Biodynamic wine by deege@fermentarium.com
DEMETER(デメター)
社団法人「デメター」は有機栽培農家を中心として、生産者や加工業者が参加するオーガニック農産物・食品の連盟です。
シンボルマークは結婚と豊穣の女神「デメター」を表しています。

「宇宙・自然のリズムに即した農法こそ、人間の身体・健康にふさわしい」という考えを軸に、EUよりもさらに厳しくオーガニック規定されています。
ドイツを中心にルドルフ・シュタイナー博士の農業講座の生力学的自然農法(ビオディナミ、あるいはバイオダイナミック農法)実践をしています。

BIO-DYNAMIC(ビオディナミ、生力学的自然農法)の商品であることを表す言葉が使用できるのは、ルドルフ・シュタイナー博士の偉業に敬意を払い、デメターのみに限られています。

ビオロジックとビオディナミ

EUでは次のような定義が定められています。
Stefano Lubiana Wines Tasmania Granton Vineyard by stefano lubiana wines (8382)

via Stefano Lubiana Wines Tasmania Granton Vineyard by stefano lubiana wines
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.18

みなさんはお正月、お屠蘇を飲まれましたか?お屠蘇はお正月に無病長寿を願って飲まれるものです。お屠蘇の名前の由来は、「蘇」という悪鬼を屠(ほふ)る、邪を屠り生気を「蘇生」させるなどの意味からだと言われています。みなさんはお屠蘇を飲むというと、単に日本酒を飲むことだと思われていませんか?本来のお屠蘇は「屠蘇散(とそさん)」または「屠蘇延命散」と呼ばれる5~10種類の生薬を配合したものを、日本酒と味醂に漬け込んだ薬酒のことです。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.24

皆さん、楽しいお酒との時間を過ごされていますか? ワインを飲むことが出来る飲食店は増え続けていますが、皆さんはどんなワインを楽しまれているのでしょうか? 今日はブランデーのお話をしたいと思います。レストランでちょっと格好良く、食後にブランデーを飲めたら素敵だと思いませんか? デザートでオーダーするほど甘いものが お好きでない方の為に、デザートとチーズのどちらかを選べるレストランは多くあります。 チーズと甘いワイン(貴腐ワインやポートワインなど)もいいですが、甘いものがとにかく苦手な方にはブランデーがお薦めです♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.21

2016年、日本ソムリエ協会は新しい会長を迎え、新たな気持ちでスタートを切りました。 日本で一番有名なソムリエですね!!田崎信也さんが会長となりました。 今年4月は「第15会世界最優秀ソムリエコンクール」がアルゼンチンで開催されます。コンクールは3年に一度開催され、田崎さんは1955年第8回の優勝者です。ソムリエという仕事が注目を浴びそうに思います。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.22

2016年4月16日~19日 第15回A.S.I.世界最優秀ソムリ エコンクール アルゼンチン大会が終わりました。 今日はアルゼンチン大会の内容に触れたいと思います。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.19

みなさんはソムリエの仕事って、ワインの給仕だけだと思われていませんか?ソムリエはワインだけでなく、水、日本酒など飲料全般の提供や管理などを行います。 店舗によって一部の飲料しか揃えていない等ありますが、全ての飲料に対してアドバイス出来るように知識を蓄える必要のある仕事なのです。パリのミシュラン星付きレストラン等では、日本酒を見掛けるようになりました。 ソムリエ達の日本酒への関心は高く、その知識もとても高く兼ね備えています。 フランス料理に日本酒を巧みに合わせてくれ、驚きと感激を与えてくれます。食の都パリで日本酒が認められていることは嬉しいことですね♪今日はフランスで頑張っている日本酒について、ちょっと触れてみたいと思います。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部