2016年8月14日 更新

アサリ・しじみ・はまぐりは何が違う?大きさ・生息地・旬の時期を比較

私たちに馴染み深い二枚貝には、アサリ・しじみ・はまぐりがあります。この3つの違いを子供から聞かれたとき、はっきりと返答できますか。大きさ・生息地・旬の時期など、ちがいを分かりやすく見ていきます。

大きさだと、はまぐり>アサリ>しじみ の順番

norikko/Shutterstock.com (22029)

via norikko/Shutterstock.com
大きさの単純比較だと「はまぐり>アサリ>しじみ」です。はまぐりの大きさは8センチくらい。ふっくらして肉厚な身が入っています。お祝いの席にもぴったりの華やかなお椀ができます。次に大きなアサリは4センチくらい。表面に細かい筋が入っていてザラザラした手触りです。一番小さなしじみは、2センチから3センチくらい。エキスがでたスープだけを食べて身を残してしまう方もいます。もちろん、ここで紹介したのは平均的な大きさです。はまぐりと間違えてしまうような大きなアサリもあります。ジューシーで肉厚な実の旨味は、はまぐりに負けないくらい。大粒アサリだけを扱っている通販業者を探してぜひ試してみてください。

しじみは淡水と海水がぶつかる場所を好む

Pawel Cebo/Shutterstock.com (22034)

via Pawel Cebo/Shutterstock.com
あさり・はまぐりは、海の浅瀬に住んでいます。あさりはより浅めのところに居るので10センチくらい掘ると見つかるはず。ポツポツ穴が空いている部分はあさりが呼吸する吸水管。群衆で生活する癖があるので、ひとつ見つかるといくつも一緒にでてきます。はまぐりが住んでいるのは、あさりよりやや深め。15センチくらい掘り進めたところで見つかれば儲け物です。しじみの生息地は、淡水と海水が混ざる場所。もうすぐ海、という河口付近に住んでいます。しじみが住みやすい塩分濃度は0.3%〜1%くらい。上流すぎても下流すぎても生き続けることができません。

アサリ・しじみ・はまぐりの旬・出回り時期

Syaheir Azizan/Shutterstock.com (22035)

via Syaheir Azizan/Shutterstock.com
貝がおいしく肉厚になるのは、産卵に備えて栄養を蓄えている時期。アサリなら3月から6月にかけて出回ります。はまぐりはやや早めの2月から3月くらい。ひな祭りの時期には、どちらもおいしい貝が出回ります。しじみの旬は少し特殊。やまとしじみと呼ばれる種類は夏・ましじみだと冬が旬。季節にあわせてよくとれる方が出回ります。どの貝も、輸入ものをあわせて年間通して出回っています。旬が分かりにくい食材ですが、天然ものの味は格別。旬の時期の国産貝のおいしさを堪能しましょう。
貝類は疲労回復効果が高いタウリン豊富。疲れたときに貝の汁物を飲むとほっとします。実が小さく嫌煙されがちなしじみは、カルシウム豊富。鉄分もたくさん入っていて、栄養面が優秀です。最近は、実の部分だけをとりフリーズドライしたものも売っています。丸ごとおやつがわりに食べられて便利です。どれが一番いいというわけではなく、その時期にあった一番おいしい貝を食べるといいでしょう。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

口を閉ざしたアサリも死んでないことがある?アサリの口が開かない理由と砂抜きのコツ

アサリは口が閉じていると死んでいるって本当でしょうか?見た目では判断が難しいアサリの生死、そして上手くいかないアサリの上手な砂抜きのコツをご紹介します。

60秒で分かる!オーブンまかせの豪快シーフードパエリア

【動画】海老・アサリの魚介類やトマトなどの彩り野菜がたっぷり入った、パーティーにぴったりな豪快パエリア!材料をフライパンでささっと炒めて、あとはオーブンまかせ♪お米に魚介と野菜の旨味が染み込んでいて、いくらでも食べられちゃいそう♡クッキングシートを敷かずにおこげを楽しむのもアリ!

ワタシメシ 潮干狩りで取った旬のアサリを使ってワインの酒蒸しをつくろう!

連休中に潮干狩りに行かれる人も多いのでは? 年中売られているアサリも、実は 春頃に旬を迎える食材で、産卵を控えているため身が肥えてとても美味!今回は そんなアサリをワインで酒蒸しする簡単レシピを紹介!

ひなまつりにみる縁起料理についての豆知識

日本の様々な行事にはそれと紐づく縁起料理があります。ひな祭りではどんな縁起料理があるのか見てみましょう。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター