2015年4月8日 更新

お酒もすすむお肉料理!『オーストリア風ミートローフ』

【動画】世界の食卓を旅しよう!作る時間も楽しもう♪「芸術の都」と呼ばれる都市ウィーンからお肉をたくさん食べれる「牛肉のミートローフ」をご紹介。簡単に作れるのでぜひマネして作ってオーストリアの味を堪能してみて下さい。

Disvcover the world through kitchens! オーストリア編

世界の家庭料理を旅しよう! Discover the world through kitchens.

今回の舞台となったのは、オーストリア!「芸術の都」と呼ばれる都市ウィーンにやってきました。街に漂う雰囲気も、どこか上品で厳かな気がしてきます。オーストリア料理の特色はなんといっても、その洗練された調理法。19世紀のヨーロッパで大きな力を持っていたオーストリア帝国。ハンガリー、チェコなど支配していた地域や、イタリア、ドイツ、バルカン半島の食文化の影響を受けていると言われています。

ボヘミアと呼ばれるチェコ西部地域出身の料理人が、ウィーンの上流階級の家で雇われていた経緯から、料理の名前にはチェコ語が多く使われていることも特徴的。長い期間にわたって、他の地域の食文化を取り入れて洗練させ、独自の料理に昇華させたオーストリア料理は、ヨーロッパ食文化のるつぼとも言えます。

料理をふるまってくれたのは、シェアハウスに暮らすリカルダさんとジェレミスさん。リカルダさんは、ウィーン大学大学院で映像と映画を専攻しています。将来は、映画のプロデューサーになることを夢見て、日夜研究と創作活動に励んでいるそう。黄色いスーツが映えるジェレミスさんは、スタンダップコメディアンのようにも見えますが、実は弁護士事務所のアシスタント!黄色の他にもピンクやブルー、グリーンなどの単色のスーツを持っていて、毎朝の気分で選ぶんだとか。さすが芸術の街ウィーン、一筋縄ではいきません。
今回のメインディッシュは、オーストリア風牛肉のミートローフ。付け合せのズッキーニが、ウィーンの雰囲気を携えて、なんとも上品に見えてくるから不思議です。料理は、作る工程も食べる工程も楽しまないとね!と言わんばかりの愉快な時間。洗練されているが故に少し距離を感じていた都市ウィーンが、一緒に食卓を囲むことでとても近くに感じられるようになりました。「芸術の都」で食べる家庭料理は、思った以上にアットホームで温かいのでした!



【KitchHike(キッチハイク)とは?】
世界中の食卓で料理を作る人[COOK]と食べる人[HIKER]をつなぐ、マッチングコミュニティサイトです。旅行者やご近所さんを自宅に招いてみませんか?海外の家庭料理(もちろん日本も!)を実際に食べに行ってみませんか?キッチハイクが今の時代にふさわしい、“おいしい体験”のお手伝いしちゃいます。
4 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ワイン特集】新しい文化の誕生、オーストリアワイン×日本料理!

今、オーストリアワインと寿司を始めとした会席料理は風味や味わいの相性が良いと注目されています!

夏野菜を美味しくアレンジ!ズッキーニの詰め物 ローマ風

【動画】ズッキーニが美味しい季節がやってきましたね!ズッキーニを器にして、牛ひき肉をたっぷり詰めて、オーブンでジューシーに焼き上げました。表面のチーズとパン粉が香ばしく、カリっとした食感がアクセント☆きりっと冷やした白ワインにピッタリで、ホームパーティーにもオススメの1品です!

野菜の旨みをしっかりと味わえるマッシュルームとズッキーニのリゾット。

【動画】今回はマッシュルームやズッキーニ、ブロッコリーやサーモンなど、具材それぞれの旨みを感じられる優しい味のリゾットです。《美味しいリゾットを作るコツ》を見ながら是非チャレンジしてみて下さいね♪

特別な日の料理♪編み込みベーコンに包んで作ったミートローフ!

【動画】パーティーや特別な日に食べたいミートローフ。通常型に入れて作ることが多いミートローフですが、今回型には入れず編み込んだベーコンにお肉や卵・チーズを包んで見た目にも豪華でおしゃれなミートローフに仕上げました♪好きなだけ具を包んで食べ応え満点のミートローフを作ってみては?

炒めて絡めるだけ!トマトソースのように真っ赤なパプリカの冷製パスタ♪

【動画】今週のレシピはパプリカの冷製パスタです。見た目はトマトソースのパスタのように見えますが、実はパプリカと玉ねぎのソース。炒めてフードプロセッサーにかけるだけこのソースは、パスタ料理以外に使ってもおいしいので、たくさん作って冷蔵、冷凍保存をして是非色々な料理に使ってみて下さいね。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部