2015年7月18日 更新

もう臭わない!気になる生ごみのニオイを解決裏ワザ!

夏場になると、生ごみの臭いが気になりませんか?毎日は生ごみを出せませんので、数日たつとどうしても臭ってきてしまうんですよね。 台所が“臭う”というのは何ともいやなものですし、衛生的にも心配になりますよね。

Meg Wallace Photography/Shutterstock.com (9734)

via Meg Wallace Photography/Shutterstock.com
生ごみの匂い問題を解決するには、生ごみ処理機という手もありますが、お金がかかってしまうのでなかなか手が出ないという人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、お金をかけずに、生ごみのニオイを防ぐ方法を紹介しますね。

三角コーナーは置くべからず!

kazoka/Shutterstock.com (9737)

via kazoka/Shutterstock.com
三角コーナーに、ニオイ対策にいいといわれている、重層や茶ガラ、消臭スプレーなどをかけてもいまいち効果を感じないという人も多いのではないでしょうか。じつは、三角コーナー自体がニオイ防止にはよくないのです。

出しっぱなしにしているので臭いが充満する、というのももちろんですが、水に濡れてしまうことが一番の原因になるのです。ニオイの元となる、雑菌は、湿気を好むので水に濡れていると匂いが増してしまうのです。はじめ、ごみを捨てた時は臭わないのに、だんだん臭いがしてくるのはそのためです。

シンクの中に生ごみを置いているとどうしても濡れてしまうので、ニオイが発生してしまうのです。生ごみのニオイを防ぎたいなら、まずは三角コーナーを撤去しましょう。

水気を切るのが一番のポイント!

longtaildog/Shutterstock.com (9740)

via longtaildog/Shutterstock.com
では、調理中や食後に出た生ごみはどうしたらいいのでしょうか。
小さなビニール袋を用意して、中に新聞紙や広告などを敷きます。紙は水気を取ってくれるからです。卵の殻や野菜の皮などはそのまま捨て、細かいものはシンクに流して、しっかり水を切ってから捨てましょう。

そして、その上に乾いたお茶の葉を入れてしっかり結びます。一食あるいは一日単位でこのようにして捨てると、かなり臭いが防げます。

最後にお茶の葉を入れるのも吸水対策です。お茶も吸水性が高いですし、特に緑茶は消臭効果もあるといわれています。乾いたお茶の葉といっても、茶殻で結構です。

自然乾燥ではなかなか乾かないので、使い終わった茶葉をお皿に開け、電子レンジで3分ほど加熱すると乾燥しますよ。

お茶の葉のほかには、重層を入れる、消臭スプレーをするという手もありますが、使い終わった茶葉ならお金がかからないのでおすすめです。これでもほとんど手間はかかりませんが、どうしても忙しいときやそれでも匂いが気になる場合は、奥の手として冷凍してしまうという手段もあります。生ごみのニオイを防ぐ方法はたくさんありますので、いろいろ実践してみてくださいね。

thumbnail pictures by bikeriderlondon/Shutterstock.com
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

キッチンの上手な収納は手際よく料理するための近道!賢い片付け方のコツは?

キッチンでは毎日使う調理道具や調味料、大きな鍋やフライパン、缶詰や瓶詰の食料品など多くの物があるので、限られた収納スペースで収まらないこともありますね。片付け方のコツをマスターして、使いやすいきれいなキッチンにしましょう。

イライラ解消したい!キッチンに飛び交うコバエを撃退する対策方法

一体どこから湧いてくるのか、気付いたらごみ箱の周りを飛んでいるコバエたち。「いくら殺虫剤を使ってもきりがない!」「目の前をチラつくコバエが捕まえられなくてうっとおしい!」そんなイライラを解決するコバエ対策をご紹介します。

キッチン小バエ撃退!シンクと排水溝をしっかり掃除して綺麗をキープしよう

いつもキッチン周りを綺麗にしたり、ゴミも定期的に捨てているはずなのに、気付くと小バエがいたりしませんか?それは普段からあまり目に触れることのない排水溝の汚れが原因かもしれません。

正しいテレビの掃除方法をマスター!画面をきれいにする方法・ほこりを予防する裏技

テレビのお掃除方法、どうやったらいいか知っていますか。 モニターのお掃除手順とテレビ台にほこりをつけにくくする裏技についてまとめました。 出来る主婦なら知っておきたい暮らしのお役立ち情報です。

キッチン周りを整頓すると時短になる!? 一石二鳥の整頓術のコツは「マイルール」

無駄なものが一切なく、綺麗に整えられたキッチン。誰かの家に遊びに行ったときなんかは、自分がいつも使っているアレコレの収納はどうなっているんだろう…と、気になったりすることはありませんか?実は「マイルール」を決めておくことがポイントになりそうなんです。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部