2015年9月3日 更新

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.14

9月に入りましたが、まだまだ暑さも残る毎日ですね。 少し蒸し暑さを感じる日には是非、ロゼワインをお飲みになって戴きたいです!!

ロゼワインはいかがでしょうか?

MNStudio/Shutterstock.com (11269)

via MNStudio/Shutterstock.com
「ロゼって飲んだことない!!」
「ロゼって美味しいの?」
「ロゼって甘いんでしょ?」
「ロゼってそもそも何?!」
などなど…

まだまだご理解戴けていないワインで、とっても残念なんです。
ロゼワインって美味しいんですよ!!
今日はロゼワインについてお話したいと思います♪

世界的に人気上昇のロゼワイン

atl10trader (11272)

via atl10trader
ロゼワインの生産量は2000年以降年々増加しており、世界のワイン市場がロゼワインを求めています。
洗練された辛口の味わいは白ワインの魅力とは異なり、フルーティーな中に黒葡萄特有の芳醇な香りと味わいを爽やかに溶け込ませています。

フランス食品振興会の伝えるプロヴァンスワイン委員会の発表によれば、ロゼの消費量は1990年にはスティルワイン消費量の10.8%だったが現在では28%を超えている。
消費の拡大は全世代にわたり、特に18~24歳の層が平均を上回る消費量である。
女性のロゼワインの消費量も増えている。
国際市場ではロゼワインの取引が拡大しており、ロゼの4本に1本はフランス国外で消費されていると報告されています。

世界的にもこんなに人気のロゼワイン♪
それがなぜ日本での認知度が低いのでしょうか?

魚料理だけでなく肉料理にも合わせることが出来て、白ワインと赤ワインの中間の存在といった紹介をよく耳にされませんか?
この説明がロゼワインを中途半端なワインと誤解させているように思います。
間違いではありませんが、白と赤両方のワインを楽しめばいいことでロゼワインは必要なのか?と思わせてしまい、誤解を生んでいる原因なのではと私は思っています。

ロゼワインの有名な産地「プロヴァンス地方」

Depuis le Fort Saint Jean by Selden Vestrit (11275)

via Depuis le Fort Saint Jean by Selden Vestrit
ロゼワインの有名な産地といえばフランスのプロヴァンス地方です♪

世界屈指のリゾート地で地中海の美しい海が広がるプロヴァンス地方。
フランスワインの発祥の地でもあります。

ここプロヴァンス地方では、ロゼワインの生産が7割を越えています。
プロヴァンス地方を知ることで、ロゼワインがとても楽しくなるんですよ♪

プロヴァンス料理とロゼワイン

プロヴァンス地方の代表的なお料理を見てみましょう!!
Salade niçoise by cyclonebill (11279)

via Salade niçoise by cyclonebill
ニース風サラダ:ニースの名物料理。本場のポイントはトマト、黒オリーブの実、アンチョビ、ピーマン、そしてゆで卵。この5つの材料が定番です。

日照量が多いプロヴァンス地方。太陽の恵みを受けて、美味しい野菜が数多く育ちます。
その中でもトマトやオリーヴ、ハーブなど特産として挙げられます。
HLPhoto/Shutterstock.com (11281)

via HLPhoto/Shutterstock.com
ラタトゥイユ: ナス・ピーマン・ズッキーニ・トマトをオリーブオリーヴオイルで焼き煮したもの。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.23

2016年4月16日~19日 第15回A.S.I.世界最優秀ソムリエ・コンクール アルゼンチン大会‼ ソムリエという職業はその技術と知識を競い合う、コンクールという素晴らしい機会のある仕事です。 今日は是非ソムリエ・コンクールについてお話させてください♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.24

皆さん、楽しいお酒との時間を過ごされていますか? ワインを飲むことが出来る飲食店は増え続けていますが、皆さんはどんなワインを楽しまれているのでしょうか? 今日はブランデーのお話をしたいと思います。レストランでちょっと格好良く、食後にブランデーを飲めたら素敵だと思いませんか? デザートでオーダーするほど甘いものが お好きでない方の為に、デザートとチーズのどちらかを選べるレストランは多くあります。 チーズと甘いワイン(貴腐ワインやポートワインなど)もいいですが、甘いものがとにかく苦手な方にはブランデーがお薦めです♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.21

2016年、日本ソムリエ協会は新しい会長を迎え、新たな気持ちでスタートを切りました。 日本で一番有名なソムリエですね!!田崎信也さんが会長となりました。 今年4月は「第15会世界最優秀ソムリエコンクール」がアルゼンチンで開催されます。コンクールは3年に一度開催され、田崎さんは1955年第8回の優勝者です。ソムリエという仕事が注目を浴びそうに思います。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.22

2016年4月16日~19日 第15回A.S.I.世界最優秀ソムリ エコンクール アルゼンチン大会が終わりました。 今日はアルゼンチン大会の内容に触れたいと思います。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.17

二回に渡りボージョレ・ワインについてお話してきました。ボージョレ地方の生産者は、とてもとても苦境に立たされています。 ボージョレ地方全体の生産量は激減しています。輸入量が、全盛期の半分の量まで減ってきているお話をしました。 ボージョレ・ヌーボーが世界的に買われなくなっただけでなく、ボージョレ地方全体の生産量が10年前と比べると半分の生産量に減っています。買われなくなったことで、廃棄しているワインもあると聞きます。新しくワインを造っても、前年度のワインが残っていては置き場所に困ってしまいます。勿体無いとは言っていられない現実がここにあります。人気の低いワイン産地もあるのですが、日本は世界中のワインが集まってくる幸せな国です。もっともっと、色々な産地の色々な葡萄品種、様々なワイン達を飲んでみて欲しいなって思います。もう少しボージョレ・ワインについてお話したいと思います。 ボージョレ地方、そしてボージョレの地で作られるガメイ種についてお話させてください!!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部