2017年4月30日 更新

バターとマーガリンの違いは何?JAS規格で定められた品質とトランス脂肪酸のこと

バターとマーガリンが違うものだということは何となくわかるものの、具体的な説明を求められるとちょっと難しいですよね。実はバターとマーガリン、そしてファットスプレッドはJAS規格によって細かく分類されていたので、簡単にまとめたいと思います。

バターとマーガリンは原料が違った!

Velychko Viktoriia/Shutterstock (35177)

バターが牛乳から作られていることは皆さんご存知の通りですが、マーガリンは主にコーン油やパーム油(ヤシ)、なたね油など「植物性脂肪分」が原料となっています。作り方に関しても、バターはごくシンプルに牛乳からクリームを分離して撹拌し、乳脂肪分を固めて作られていますが、マーガリンは食物油に食塩や水など、その他の材料を混ぜ合わせて冷やし固めるのが特徴です。

バターの歴史は古く、紀元前の頃から食品としてだけでなく、医薬品や化粧品としても使われていたことが分かっています。マーガリンも思ったより歴史は古く、なんと1869年にフランスで生まれたもの。隣国と戦争中、バター不足を解消すべく、ナポレオン3世が代用品を開発させたのがマーガリンのはじまりなんです。

JAS規格による明確な違いとは?

JPC-PROD/Shutterstock (35178)

バターは厚生労働省が定める「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」によって定義されています。バターの成分規格は、「乳脂肪分が80%以上、水分が17%以下、大腸菌群は陰性」となっています。厚労省の省令では、バターだけでなく、バターオイルやバターミルクパウダーについても細かく定められています。

マーガリンについては農林水産省が認める「JAS規格」によって区分されます。マーガリンは「油脂含有率が80%以上、乳脂肪含有率が40パーセント未満、水分は17%以下」としています。ちなみに、マーガリンの代用品ともいえる「ファットスプレッド」というものがあります。よくマーガリンと一緒に並んでいる「カロリーオフ」のマーガリンや「チョコクリーム」などが、このファットスプレッドに当たります。

健康を意識するならどれが良い?

Billion Photos/Shutterstock (35179)

ファットスプレッドも大きくはマーガリンと作り方は同じなのですが、風味原料や油脂含有率及び水分の合計量などに細かな決まりがあります。トータル的なカロリーだけで見ると、「マーガリン>バター>ファットスプレッド」となります。

健康意識が高い人にとって一番気になるのはトランス脂肪酸ですよね。この「トランス脂肪酸」は製造過程でどうしても発生してしまうものであって、意図的に入れるものではないということは覚えておいた方が良いでしょう。外国ではパン食が多く、マーガリンやバターを使う頻度が高いので健康を意識してトランス脂肪酸に関する規制を設けただけで、日本ではマーガリンの消費量が少ないから規制がかかっていないだけなんです。とはいえ、トランス脂肪酸の摂りすぎには気をつけた方が良いのは事実。マーガリンやファットスプレッドはどうしてもトランス脂肪酸が含まれるので、気になる人はバターを使うのが一番健康的です。
いかがだったでしょうか?バターとマーガリンの基礎知識に関して解説しました。似たように見える製品でも、実は全く別物です。それに「カロリーが低い=正義」でもありません。正しい知識を持って、商品を選びたいですね。



thumbnail picture by TY Lim/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お肉の旨味と野菜の旨味がしみ込んだ、ほろっと牛肉のビール煮込み♪

【動画】お肉が口の中で自然にとろけるまで、じっくりと時間をかけて煮込んだ牛肉のビール煮込み。ほろほろのお肉と玉ねぎの甘みがしっかりと味わえるように、煮込んで絶品のお肉料理を完成させて下さいね!

ヨーグルト漬けの柔らかい鶏肉が入った、甘み・酸味・コクのバターチキンカレー♪

【動画】辛いものが苦手な方や、小さなおこさまでも食べられるバターチキンカレー。コクや酸味は感じますが、辛さは控えめで甘さを感じることのできるカレーです。どんな方でも食べやすいカレーなのでぜひ夕食に作ってみてはいかがでしょうか?

お家で屋台飯♪プリプリのタコと香ばしいガーリックが美味しいタコチャーハン!!

【動画】タコ飯をアレンジしたガーリックタコ飯。ちょっと濃いめの味付けで、ガッツリだけどお酒と一緒に食べたくなってしまうようなご飯です!!ガーリックの量は調整可能なので、お好みで調整して作ってみて下さいね。

ザクザクの新食感♡アーモンドスティックシュー

【動画】今回は、ザクザク食感が楽しいスティックタイプのシュークリームをご紹介します!シュー生地の上に、砕いたアーモンドを散りばめたクロッカンをコーティングして、サクッと焼き上げました。生地の中には、甘いバニラの香りのとろ~りカスタードクリームがぎっしり♡焼いている時はオーブンの扉を開けるとオーブンの温度が下がり、シューがうまく膨らまない事があるので、開けないように我慢してくださいね!バニラビーンズは使い終わったら洗って乾燥させ、砂糖の容器にいれておくと自家製のバニラシュガーができますよ♪

夏の定番、そうめんを優しい明太クリームで和えたオシャレなカッペリーニに♫

【動画】夏の定番メニュー、そうめん!でも食べる機会が多すぎてちょっと飽きて来ちゃった・・・という方に是非チャレンジしていただきたいレシピ、そうめんの明太クリームカッペリーニ♪冷たくさっぱり、でもしっかりたらこや生クリーム、バターを味わえます!いつもと違うそうめんを味わってみて下さいね。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター