2017年5月26日 更新

これでお呼ばれも安心♪ 今更聞けない洋食の基本マナーをしっかりおさらい

結婚式やパーティーなど、ふとしたお呼ばれで戸惑ってしまうのがテーブルマナー。もしかしたら今まで正しいと思っていたテーブルマナーは間違っていたかも!?今更「どうするんだっけ?」とはとても聞きづらい洋食の基本マナーをきっちりおさらいしておけば安心♪

着席時の注意と「無言の合図」とは?

Andrey Bayda/Shutterstock (35739)

ウェイターさんがいるレストランの場合、先に椅子を引いてくれた方が上座となります。男性とお店に行く場合は、女性が上座に座るのがルールとなっているので気をつけましょう。椅子に座るときは左側から着席し、バッグは椅子の左側床に置くようにします。クラッチバッグ程度のサイズ感であれば、背もたれと腰の間に置いてもOK。着席したらナプキンを取って、たたんである方をお腹の方に向けて二つ折りのまま広げます。

自分が下座の場合は、上座に居る人がナプキンを広げてから取るとスマートです。これは「ナプキンを広げる=このお店で食事をします」という合図。この所作によって、ウエイターさんがメニューを持ってくる目安となります。席を離れるときはナプキンを椅子の上に乗せておきましょう。

乾杯~食事の基本マナーとカトラリーの使い方

jalcaraz/Shutterstock (35740)

乾杯をするときは、目の高さにグラスを持ち上げて「乾杯」とアイコンタクトをします。ナイフやフォークなどのカトラリーは1つの料理に1セットになっているので、外側から順番に使っていきます。次の料理にも同じカトラリーを使う場合や、1組のカトラリーで食事を済ませる場合はナイフレストが出ていることがあるので気をつけましょう。スープを飲むとき、英国式の場合は手前から奥に向かってすくい、少なくなってきたらお皿の手前を少し持ち上げてスプーンですくいます。フランス式の場合は逆で、奥から手前にすくい、お皿の奥を持ちあげます。パンをちぎるとき、肉を切るときは「親指サイズ」を目安に切り分けていただきましょう。

食事の途中、一旦休憩する場合はナイフとフォークを「ハの字」にして置いておきます。食事が済んだときは、ナイフを奥側で刃が自分の方に向くように置き、フォークはナイフの手前で背が下を向くように揃えて置きましょう。

思わずやってしまいがち!?NGマナールール

Minerva Studio/Shutterstock (35741)

ナプキンの使い方は要注意。テーブルの上にナプキンを置くのは「帰ります」というサイン。席を離れるときは椅子の上に置きましょう。食事が終わって、ナプキンを綺麗に折りたたんでしまうのもNG。「このお店にはもう来ません」というサインになってしまいます。また、ナプキンが用意されているのに自分のハンカチを使うのもマナー違反。「このナプキンは使えません」というサインになってしまうので気をつけましょう。

乾杯のとき、グラス同士をぶつけるのもNGです。カトラリー類を落としてしまったときは自分で拾うのもマナー違反になので、ウェイターさんを呼んで拾ってもらいましょう。また、食事中、パンをスープに浸けて食べるのもフランス料理ではNGになる場合があるので気をつけて。
細かい所作はまだまだありますが、これらの基本的なマナーとNG行為を抑えておけばまず間違いありません。基本的には、食事中に「相手を不快にさせないこと」が大事。貴族やお姫様になったような気持ちになりきって美しくお料理を頂きましょう。



thumbnail picture by Minerva Studio/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

しっとり濃厚♡シンプルだけど飽きがこないベイクドチーズタルト

【動画】タルト生地はザクザク、チーズフィリングはなめらかで濃厚な味わいのチーズタルト。フィリングにサワークリームをプラスすることで夏でもさっぱりと召し上がれますよ♪

基本のイチゴジャムを作ってみよう!自家製「無添加」のジャム作り

春は美味しい果物がズラリと並んでどれも美味しそう!そんな季節の果物を使って春の手仕事「自家製ジャム」を作ってみませんか?自分で作るからこそできる安心の無添加ジャム作り。まずは定番のイチゴジャムで基本を覚えましょう。

味噌汁が美味しくなる!基本的なだしの取り方をおさらいして和食マスターに

だしといっても、鰹節や昆布、いりこなどたくさんの種類があります。一番だし、二番だしというのもあって、どっちが味噌汁向きなのか迷ってしまいます。顆粒だしに頼らない、だしの取り方の基本をおさらいしましょう。

恥をかく前に覚えておきたい!冠婚葬祭で役立つテーブルマナー

冠婚葬祭は突然やってくるもの。いざというときに恥をかかないために、テーブルマナーについてご紹介します

これだけは覚えておきたい!フォーマルな場でのテーブルマナーの話

フランス料理というとマナーについて苦手意識を持つ方が少なくありません。たくさんのフォークやナイフが並んでいてなんだか落ち着かない…という意見もよく耳にします。でも、これだけ覚えておけば心配になる必要はありません。
dish tips | 2,964 view

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター