2016年3月15日 更新

女性に嬉しい栄養素たっぷり!ほうれん草が緑黄色野菜の王様たる所以とは?

さむ〜い冬が旬の野菜・ほうれん草を、あなたはもう食べましたか? お鍋、お浸し、サラダ、パスタ、シチューなど、どんな料理にも使える食材として重宝されている人も多いでしょう。しかし、ほうれん草が持つ最大の特徴は、含まれる栄養価の高さ。美容、疲労回復、生活習慣病予防など、私達の身体に好影響をもたらしてくれるのです。緑黄色野菜の王様・ほうれん草。今回は、その魅力について迫ってみましょう。

緑黄色野菜の王様、その所以とは?

Natasha Breen /Shutterstock.com (18141)

via Natasha Breen /Shutterstock.com
王様と称えられる理由は、ズバリ栄養価の高さ。
特に、女性にとって嬉しい栄養素がたっぷり含まれています。

例えば、貧血に悩みがちな人は毎日食べたいところ。
血液生成に不可欠な"鉄"と"葉酸"、"ビタミンB"、さらに鉄の吸収を促す"ビタミンC"が多く含まれています。また、老化防止の働きを持つ"βカロチン"、皮膚の健康維持作用のある"ビタミンA"の含有量が豊富なので、美肌づくりにも効果絶大。さらにさらに、ほうれん草の濃い緑色の証である"クロロフィル"は、ビタミンCと協働することで悪玉コレステロールの酸化を防止、生活習慣病予防にも期待できます。
optimarc/Shutterstock.com (18143)

via optimarc/Shutterstock.com
また、根元の赤い部分は見逃し厳禁。
切り落としてしまいがちですが、栄養価がとっても高いのです。骨の形成に必要な"マンガン"が大量に含まれているので、土を丁寧に洗い流し、無駄なく使いましょう。葉の部分よりも甘みが強いため、一度食べたら病み付きになりますよ。

ちなみに、「食べ過ぎたら"結石"ができる」と言われますが、あまり心配する必要はありません。その原因となる"シュウ酸"は下茹でして水に晒せば、ほぼ流れ落ちます。そもそも、人体に悪影響を及ぼすほど、大量のシュウ酸を摂取することは皆無。また、最近では、含有量の少ない品種がほとんどなので、気にせず食べても大丈夫です。もちろん、何事も限度があるので、食べ過ぎは注意してくださいね。

冬季限定! ちぢみほうれん草は絶対に食べるべき

Tommy Atthi/Shutterstock.com (18146)

via Tommy Atthi/Shutterstock.com
特に寒くなる、12〜2月頃。
スーパーの野菜コーナーに並ぶのが、ちぢみほうれん草です。スラッと伸びた一般的なほうれん草とは違い、タンポポの葉のような平べったく伸びた茎と葉が特徴。そして、何より、分厚い食感とメロン並みの甘味が魅力です。「寒締め」を行うことから、『寒締めほうれん草』と呼ばれる場合もあります。

寒締めとは、収穫前に冷温にさらす処理のこと。
ハウスの両袖・出入り口を開放して冷気に当てたり、本場・宮城県東松山市では、雪を被せて栽培します。結果、「凍らないように、凍らないように......」とほうれん草が糖度を蓄え、身を縮めることで分厚い葉になるわけですね。

栄養価も通常のほうれん草より高く、"ビタミンC・E"と"βカロチン"の濃度が上昇。シチューに入れたり、お鍋でさっと湯どうししたり、パンケーキに入れても美味しく頂けます。とはいえ、まずは何も味付けせずに食べてみてください。その甘さに、きっとビックリするはずです。ただ、葉の間や根元に土が残っているので、調理時には注意しながら洗い流しましょう。

著名人も大好きな、ほうれん草。

Alena Haurylik/Shutterstock.com (18149)

via Alena Haurylik/Shutterstock.com
冬の食卓に欠かせない野菜、ほうれん草。
その美味しさは、池波正太郎や向田邦子、角田光代など、名だたる著名人が愛してやまないほど。さっと湯通し、アクをとれば、どんな料理にも活かせる万能性も好まれた理由のひとつでしょう。夏も市場に出回りますが、旨味・栄養価、共に冬の方が抜群。緑黄色野菜の王様・ほうれん草でたっぷり栄養を摂取して、寒い季節を乗り切ってくださいね。

thumbnail pictures by SiberianLena /Shutterstock.com
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

春の食卓を華やかに彩る。簡単・激ウマな菜の花サラダレシピ3つ

βカロチン・ビタミンたっぷり・美容効果に優れた「菜の花」、春になるとなぜかたまらなく食べたくなります。 定番のおひたしも良いのですが、春のそよ風を感じるサラダなんていかがでしょうか。 簡単かつ激ウマの秘蔵レシピ3つを紹介します。

根っこも、葉っぱも、栄養満点!春が旬の"カブ"を美味しく食べる3つのコツ。

冬だけかと思いきや、3〜5月にも旬を迎える"カブ"。 肌荒れ防止のビタミンCや生理前の頭痛予防になるビタミンB6など、女性に嬉しい栄養素がたくさん含まれています。甘く、水々しく、食べやすくて、栄養成分がほぼ同じの大根よりも好きな人が多いかもしれませんね。根っこの白い部分はもちろん、シャキシャキとした食感が美味しい葉っぱの部分も栄養満点。今回は、カブを美味しく食べるコツをご紹介しましょう。

見た目ヒョロヒョロ!凄まじい栄養価を持つ『豆苗』の魅力。

美容・健康に良いとされる、豆苗。日頃から、あなたの食卓にも並んでいるでしようか。水耕栽培のおかげでスーパーなどで通年見かける野菜ですが、露地栽培の旬を迎えるのは3〜5月。より美味しい豆苗を頂ける季節まで、もうすぐ目の前です。今回は、そんな豆苗の魅力に改めて迫ってみましょう。

甘くて柔らかな春野菜を食べよう!春キャベツを丸ごと使ったオススメレシピ3選

春キャベツを丸ごと1個使った豪快なレシピを紹介します。 なるべくシンプルな味付けで素材の美味しさを味わえるものを集めました。 季節限定・春が旬のお野菜を、思う存分召しあがれ♪

真っ白な奥に秘めた有り余る栄養価!冬の野菜・カリフラワーの魅力とは?

見た目はブロッコリー。だけど、実はキャベツの仲間って知っていましたか? 白くてモコモコした部分を花蕾(からい)といい、その栄養価の高さは折り紙付き。美肌や疲労回復だけでなく、ガン予防にも効果を発揮するとされています。身体が弱りがちな、寒い冬にこそ食べたい野菜! 今回は、今が旬のカリフラワーの魅力に迫ってみましょう。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部